今回は、一昨日に新日本プロレス香川県・善通寺大会を観てきた感想を。

まず最初に書いておきたい事は…

679b9564.jpg


61bf36f7.jpg


※PC版・この日の試合結果
いわゆる『魂こめて』の横断幕は無かったのですが、おそらくそれと思われる連中が控えめに騒ぐ場面が複数あったのは、やっぱり苛つきました。

選手も声援の直後、ええタイミングでその方向に視線を送るから連中が調子に乗るんやろーが、と軽く憤慨しました…

55b00251.jpg


それを除けば、第1試合以外は全て福岡大会の主要カードの前哨戦になっており、

選手のモチベーションも高かったみたいで場内は終始よく盛り上がっていた。

昨秋の高松大会に続いてこの日も来場していた菅林社長も、きっと満足した事でしょう。

メインで負けた棚橋の興行の締めのマイク&エアギターこそなかったものの、

国内最大手の団体に相応しく、満足度は高いショーだったと思います。

そんなショーで一番残念だったのは、会場が善通寺体育館のサブアリーナだった事。

6707666e.jpg


興行を買った主催者と新日本の会社のどちらが『石橋を叩いて〜』のタイプなのかわかりませんが、

闘龍門ジャパン時代に、同じここのサブアリーナで試合をしたCIMAがマイクで

『今日はサブアリーナで試合をしましたけど、むっちゃくちゃ盛り上がったのにこれだけの人数しか観てないのは勿体ないですよ!

折角隣に広いアリーナがあるんだったら、次は広い方で世界6人タッグのタイトルマッチをやりたいと思います!』

というリップサービス込みながらも観客大喜びのマイクをしていたのを観ただけに、新日本でさえサブアリーナになったのは…ねぇ。

二番目に残念だったのは、この日出たドロップキックの回数よりも、ラリアットが出た回数の方が遥かに多かった様に思うぐらいに、頻繁に出ていた事。

明らかに手打ちのラリアットも何回かあったし。

これも長州が仕切っていたの悪しき伝統なのでしょうか。

b273ee71.jpg

以下、試合毎の感想を。

,箸蠅△┐此∈の新日本であっても、第一試合はロックアップ→ヘッドロックの攻防で始まった事はほっとした(笑)

▲蹈瓮蹐肇螢船磧璽困砲茲襯侫ニッシュの連携(名前知らん)は『おぉっ!』とは思いましたが、それ以外の二人の動きは雑だった。

あれじゃ新日本のコアなファンはドラゴンゲートの試合をあーだこーだ言えんのちゃうか?とは思った。

折角入場時には目立っていたドラダも影が薄かったし…

あと、デヴィちゃんが地方でもダイビングフットスタンプを出したのは嬉しかった(笑)

ノーリミットがどーこうは特にないですねぇ。

試合としては、中盤ずっと櫛田が捕まっていましたが、バーナードとマシンガンさんと邪&外が絡んだらハズレは無いんやなぁ、としみじみ。

a08a5860.jpg


ぃ圍itterの新日本のガオが『今日の目玉』と言っていたらしい、永田と中西の久々のタッグ。

田中との前哨戦というシチュエーションじゃなければ、永田がもうちょっと中西との久々のタッグ!を意識した試合にしてたんでしょうけど、それどころじゃなかったっぽいのは残念。

試合としてはわかりやすい肉弾戦で面白かったんですけどね。

あと観ていてかなり引っ掛かったのは、

試合の序盤で、田中が永田の左ヒザに低空ドロップキックをいれた後に永田が奇声?をあげながら悶絶していたから

『こりゃ永田vs田中は、絶好調!の永田がヒザを負傷して、福岡までは分厚くテーピングをしてどーのこーのというストーリーになるのかな?』

と思いきや、しばらくしたら左足でガンガンミドルキックを放っていたところ(苦笑)

永田が必要以上に回復が早いのはよくわかったけど、

やっぱり大半のファンは

『三冠挑戦を控える永田は田中に負けない』

と思っている筈。

トップ選手ならば、田中戦に向けて自分から話題なり試合のテーマを発信する工夫はしろよって話で。

中西と違って、それぐらい朝飯前で思い付くプロレス頭はある筈なのに。

はっきりいって、永田のこーいうところは嫌いやなあ…

bf2e0df1.jpg


ィ圍腺烹繊弔気鵑ブログに書いてましたが、タマ・トンガが素晴らしかった。

この日のMVPだったと思う。

問答無用!に近いぐらいにキャラは立ってるし、受けはちゃんとしてるみたいだし身体能力は高いしと、

連戦で、真壁とマホンがシンドそうだったのを完璧に補っていたと思う。

d1547fba.jpg


選手層が厚い新日本から別のリングのレギュラーになったら一気にブレイクするんちゃうかなぁ、と。

自薦でスマッシュのワールドトライアウトに応募したらええのに(苦笑)

あと、TAKA…さんのお腹回りが少し緩く見えたので、自らTwitter等で書いていた通り、

小島軍(仮)のメンバー甘い物を食べたり、試合後食事会をしているのはネタじゃなくてリアルな話なんだ、と実感した(笑)

0bbc98e8.jpg


今さらメインで牛飯対決を見せられても…とは思ったけど、

地方だと鉄板で盛り上がる二人だけでしか奏でられないハーモニー(笑)を織り混ぜる事で、

連戦における棚橋と中邑の負担を少しでも軽減しようとしていたのは

『あぁ、マッチメーカーは考えてるんやなぁ』

と思った。

何となく矢野まで楽をしていた様な気がするけど、それは気のせいにしときます(爆)

それと、終盤に中邑がボマイェを決めようとダッシュした際、棚橋がカウンターでスイングブレイドでカットする…

という流れがあったのを差し引いても、

3fdccd0b.jpg


中邑がフィニッシュになったボマイェを決める前のアピールが大袈裟だったのは『アレッ?』と思った。

どーせならアピールだけで場内が沸くぐらいブルブル震えたらええのに(笑)

亘相手に鮮やかな回り蹴りのコンビネーションでダウンを奪った時は『あぁ、カッコええなぁ』と思ったのになぁ。もったいない。

はい、いい加減長くなったのでこの辺りで終わります。

ちなみに今回最後の画像は、帰りの体育館のロビーに大量に貼られていた、来月高松で興行を打つディアナのポスターです…

※ユー何とかより

cd9132c9.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…