今回は、水曜どうでしょうの2011年新作の第2夜以降を観た感想を書いていきましょう。

b0582ff2.jpg

4a0a3928.jpg


※第1夜を観た感想はこちら

※企画の詳細

≪以下ネタバレ注意≫

僕自身、水どう歴が浅い為に原付の旅シリーズを初めて観たのですが、

移動中のVTRの大半が二人+赤ヘルの背中が映っている映像だったり、

期待していたウイリー事件の再現も無く、思った以上に淡々とした旅やったなぁ。それが率直な感想になりますかね。

6ac98a40.jpg


この調子じゃヒラディレクターも居眠りをするわ、みたいな。

そりゃ、序盤の信号待ちの際に偶然水どうファンに遭遇した時は爆笑させられましたが、

劇的な偶然はそう何回もないっちゅうのも、水どうならではのリアリティーを感じたりして…

定番の道中の罵り合いや、久々のものまねコーナーは相当にくだらなくて面白かったけど、

6ab7b9dc.jpg


終盤はミスターがマルシンによるダメージが蓄積していたのが画面越しに伝わってきて、笑いにくい部分もあったりする。

まぁ、桂浜でのエンディングがあっさりしていたのは許容範囲でしたが(笑)、

結局企画そのものに大分無理があったんですかね?

和歌山からフェリーで徳島へワープして、讃岐うどんを食べてくれなかったので、香川県民としては

『え〜っ!?』

ってなりました(オイオイ)
7702ef84.jpg


話は戻って。

一歩間違えたらカブのエンジンが故障しそうな山道でも、

ミスターの疲労お構い無しでマルシンにこだわり続けた藤村Dと大泉洋に対して

『マルシンマルシンってしつこいんじゃ!別に、変なコスプレでカブ運転したらええやんか!』

と思っていたのですが、もし今回の旅にマルシンが無かったら、

輪をかけて淡々とした旅になっていた可能性が高い訳で。これぞ痛し痒し。

819f80fa.jpg


しかしながら、カブに乗っているシーン以外のVTRは普通に面白かった。

これがあってこその『水曜どうでしょう』でしょう!?

初日の宿での張り手合戦に腹鼓。

ドロップキックの共演に、プチ対決列島コーナーで目ん玉が飛び出しかけたミスター。

藤村Dによる酷道によるルート変更に、

皆それなりに偉くなったにも関わらず、相変わらずギリギリ四人が横になれる部屋しかとれなかったり。

う〜ん、書き出すだけでも笑える(笑)

f4c694b7.jpg


ところで。

次の新作の制作がいつになるかはわかりませんが、

レギュラー放送していた頃よりも元気だった藤村Dの姿と反比例する、

ミスターの疲労困憊っぷりを見たら、ミスターはもう、国内外を問わずハードなロケは企画案すら出さなくなるんちゃうかなぁ?

とは思いましたが、果たしてど〜なるんでしょうねぇ、という事で。

ちなみにこちらでは、先週からクラシックとして原付ベトナム編の放送が始まったのですが、

まさかベトナム編も、比較的淡々としたラストランだったのか?なんて思ってしまいましたが、果たして…

53b4d801.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…