昨夜は、ドラゴンゲート高松大会を観戦してきました。

今回はその感想みたいな文章を…

0f4dc88b.jpg


36dea0ad.jpg


※PC版ホームページ

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…

久々のドラゴンゲートの観戦。

相変わらず客席は埋まってましたが、盛り上がりの面では正直もうひとつだったかな、と。

試合中声援は飛んでるんですけど、単発ばかりで選手のコールは起きずじまい。

これは香川県のプロレス興行では定番の光景ではありますが、あまりよろしくはないでしょう。

前説で、菊地さんと八木さんがブラッド軍へのブーイングのやり方を教えてはいたんですけど、

自分のポジションをよくわきまえていた神田&KZYの出たセミ以外で、ブーイングで場内が一体になる場面は(確か)無かった。

ad829d69.jpg


もっちぃ以下、いわゆるベテラン勢は元気だったし、セコンドのガンマが場内の空気を微調整していたから、試合自体がつまらなかったって訳ではないのですが…

もっちぃは締めの挨拶で、年末にまた高松に来たい旨をアピールしていましたが、大丈夫かなぁ。

しかし、帰宅して考えてみればこの大会では

・ヨコスス
・サイリョウ
・HAGE
・アラケン
・シーサー
・アンソニー(スタッフとして来場はしてましたが)

といった面子が欠場したのも大きかったのかな、とか思った。

937a4215.jpg


場内人気の面では鉄板に近い、闘龍門ジャパン・初上陸時のメンバーを含めこれだけ居なけりゃ、盛り上がるにも限界があるのかも知れない。

ついでに書けば、ドラゴンゲートが時間をかけてユニットを2つに絞ったのも、

相変わらず半端でない年間の興行数を減らさず、海外に選手を派遣したり、またケガを予防する為に、

選手が交代で休みをとれる様な体制を作る目的もあったのか?とも考えてしまいました。

実際どーなんかなあ?

eeea9b31.jpg


もっとも、仮にそうだとしても、ベテラン選手が休んでいた代わりに一番強烈な光を放った新顔の選手は、

日本人の若手ではなく、第一試合で主役になっていたリッチスワンだったというのも、微妙な話ではありますが…

ここからは、目についた試合の感想を短めに。

★CIMA&サイコンvsガンマ&スワン

そんなスワン。

キャリア何年かはわかりませんが、キャラが完璧にできあがっていて、安心して観ていられる良い選手でしたねぇ。

入場時のボイスパーカッション・パフォーマンスとラップ。

そして試合の動きは躍動感有りまくりで、スパイスとしてスワンオリジナルのムーブを混じえる。

いやはや黒人さんはバネが違うとはよくいったもんだ。

特に、ハンドスプリング・エルボーの体勢から背中を向けて相手に飛んでいき、

着地すると同時に相手にスタナーを決めるムーブなんて、凄く新鮮だったもんなぁ。

7e4d059a.jpg


この後の試合に出たフォックスに関しては、飛び技だけは凄いけど受けに難がありすぎるので、

ドラゴンゲートで観るのは最初で最後臭いけど、スワンは機会があればまた観たいですね。

第一試合で他に印象に残ったのは…

ラップ対決の後の、ピエロメイクを施したCIMAによるマイク。

『今日の試合、お前ら(ガンマ&スワン)が負けたら、夏のタッグトーナメントにはお前らの代わりに名古屋のクボタブラザースに出てもらうからな!高松の客が知らんでも関係ない!』

まさかドラゴンゲートでクボタブラザースの名前を聞く事になろうとは…

CIMAはどんだけクボブラ好きやねん(笑)

4247656a.jpg


★メイン

もっちぃに対しては誉め言葉しかないから、今回は割愛。

しかし、これは僕だけかも知れませんが、

トザワ&悪いハルクとトリオを結成した土井が、独特の土井ボイスを観客に聞かせる事なく、またバカタレ〜を使う事もなく、

一歩引いて試合に参加していたのは、今更ながら土井の成長を感じてちょっと驚かされました。

悪いハルクは、えげつない蹴りとかは目を引いたけど、ヒールならもうちょい観客を煽る余裕はあってもいいんじゃないすかね?

トザワは…

フィニッシュの、だるま式のデッドエンド風ジャーマンは、ただでさえエグい角度で投げる技なのにあんなに頻繁に狙っちゃダメでしょう。

使うな、とは言いませんが、もっと大事にしてほしいです。

そろそろこの文章のオチを書きますかね。

d8442c47.jpg

今回の記事の題名にある横断幕は、会場の壁にテープで貼りつけられていた吉野正人の横断幕の事です。

最初は第一試合中に壁から剥がれて床に落下。試合中は放置。

サイコンのパワーボムでブラッド組が勝利を収めた後、CIMAが横断幕が落ちた場所に向かい、横断幕を拾いその場で横断幕を観客にアピールしていた(笑)

何やかんやあってジャンクション軍に返却された横断幕は、

セコンドにいた吉野の指示により第二試合の試合中、セコンド業務そっちのけで練習生2人+追っかけの女性の方?の3人がかりで、慌てて貼り直す事になりひと安心…

の筈が、壁に画鋲を刺せないのと横断幕自体が重かったらしく、今度はすぐ剥がれるんでやんの。

f45e5b59.jpg


結局この日は、セミの試合終了後に一回(犯人はKZY)と、

メインの試合中(犯人はトザワ)に思いきり剥がれていた。

ほんでもって、その度に練習生がおそらく必死で横断幕を貼り直していた(爆)

メインの試合中に剥がされて、首締め用の凶器として使われた直後なんて、貼り直す要領が大分良くなっていた。

そこまで行ってしまった、横断幕をめぐる練習生の一連の動きがあたかもコントみたいで面白くて…

てか、吉野も自分の出番はセミで終わったんやから、メインの間は横断幕は無理に貼り直さなくてもよかったんちゃうのん?

67310b16.jpg


こんな、なかなか予期できない・計算できないアクシデントで食らわされる可能性があるなんて、

ドラゴンゲートの練習生は大変やなぁ、と思った次第です(苦笑)

あと補足までに書けば、セミに出たKZYは入場するや否や、

目の前の吉野そっちのけで吉野の横断幕に向かって手を振ったり、挑発したりとやりたい放題だった(笑)

試合中はさすがに本物の吉野に集中してましたが、試合に敗れた後、

おとなしく退場すると見せかけて、吉野の横断幕を思いきり剥がして、わざわざリング上で破ろうとしてました(汗)

セコンドのガンマがKZYの暴挙を阻止したのでその場は事無きを得ましたが、ガンマに対してブーイングを飛ばしそうになった事と、

ジャンクション軍は、反対側の壁に貼られていたサイコンの横断幕に何故誰も手をつけなかったのかは不思議で仕方なかった事は、ここだけの話にしときます…以上。

85d7512d.jpg

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. どす
    • 2011年08月01日 01:42
    • 5 今日巡業に来なかった選手はリストラ〜ズですかね…
    • 2. しのさん
    • 2011年08月01日 03:03
    • 「HAGE」さんは、地方に行けばいくほど、居て欲しいです。

      出来れば、2人いたらベスト(笑)
    • 3. カピトン
    • 2011年08月01日 07:27
    • 高松には年末の福岡の前にまた来るんじゃないかと思います。

      今回欠場した選手は他の地方大会でも出ないことが結構ありますが、もう1試合6人タッグ増やしても良いんじゃないかと。

      残念ながらアンソニーは引退しちゃいましたが。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック