今回は、スターダム・後楽園大会のサムライ中継を観た感想のつづきを…

a455003c.jpg


※PC版ホームページ

★ナナエ氏vsマルチネス

ナナエ氏、本当に肉体改造してましたねぇ。まずそこにびっくり。

華名との、いかにも不穏試合になりそうなマッチメークのオファーを断固拒否したり、

あくまでシュートマッチをおこなう前提があるシュートボクシングのリングで、

エキシビションマッチの名のもとに、ふうか氏を相手にIGF風味のしょっぱいグローブ着用プロレスをやらかしたりと、

性格的には難が有ってかつてのオーちゃんばりに徹底してシュート嫌いという、

f35c72e2.jpg


キャラは能天気な割りに非常に“面倒臭い”奴なのか?と、個人的にはナナエ氏の事を分析してましたが、

ミッドブレスの全面協力を得た上でこーやってビチーッ!と自分を追い込んでくる辺りからして、

面倒臭い事は面倒臭いけど(笑)自分にも他人にも厳しいプロ意識の高さは感じた。

誰とは言いませんが、古今東西の全女出身の選手なんて、デビュー15周年の時点で肉体改造の面では手の施し様が無い方が複数いたイメージもありますし…

b15b27b1.jpg


ほんでもって、試合としては、そんなナナエ氏だからこそもうちょいマルチネスの良さを引き出してほしかった気はする。

顔は微妙ながらも、全体的な雰囲気は(女子やけど)ならず者っぽくて良かったし、ベルトの箔を付ける為にはトーナメント一回戦で消えてしまう様な選手じゃないし、

ロッシー氏も折角高い飛行機代を支払ってブッキングした以上、スマッシュでのセリーナみたいなポジションにしたかったでしょうに。

トーナメントなんてやらずに、一発勝負でメインでこの組み合わせでベルトを争っていれば…とは思いましたね。

a1b3c525.jpg


★ゆずポンvs世幻

お互いノリノリの煽りVといい、何故か胸攻撃がクローズアップされた試合展開といい、勧善懲悪の世界観といい噛み合い方といい、

そして世幻廚離燹璽鵐汽襯肇廛譽港世辰織織ぅ潺鵐阿離潺垢試合のターニングポイントになるわかりやすさといい…

面白かったなぁ。

この日の興行ではベストバウトでしたね。

a30ad1d3.jpg


シンプルな技しか使わないけど、説得力有りまくりの世幻廚離▲の強さに食われなかった、ゆずポンの受けっぷりの良さは素晴らしいと思う。

あれだけ頭を蹴られても、すぐ後の試合でセコンドについていた世幻廚隆莨罎気盍郷瓦気擦蕕譴燭掘

ゆずポンに関しては、たぶん体重のある世幻廚相手じゃなければ、不馴れな筈の投げ技等、いろいろな技を使おうとしたりして、ツッコミたくなる隙も出てくるんでしょうけど、

格上の選手を相手にした時には、受け一辺倒で蹴りで反撃!という試合展開ならばまず崩れない筈。

それはともかく、今度ゆずポンと闘うダンプさんも、試合後にはかなり美味いお酒が飲めるんじゃないでしょうか。

7d45d3f7.jpg


そうそう。

この試合で他に気になったのは、対世間の知名度といい、プロレスラーとしての完成度といい、

現在のゆずポンに、プロレスラー時代の自らの全盛期を既に越えられてしまった感がある ふうか氏の胸中でしょうか(苦笑)

一応ゆずポンを育てたという手前、いろいろ上から目線でアドバイスをしたくもなるんでしょうけど、もはや ふうか氏ではゆずポンをコントロールできんでしょう。いろんな意味で楽しみです(笑)

6afde3e2.jpg


★なつき氏vsレオン

なんというか、早いテンポでハイレベルな攻防をやってるのは伝わってきたんですけど、

お互いが無茶な技を繰り出すキャッチボールに終始して起承転結のメリハリがなく、

二人の喜怒哀楽も見えないバッタバタの試合にしか見えなかった。

闘った二人に思い入れがあれば違う見え方をしてたんでしょうけど、僕にはどちらにも全く…ね。

なつき氏が大江百重さんのコスプレをしていた事もあって

『あぁ、大江さんならもっと凄くて観る側の心に響く試合をしたんやろーなぁ。早く引退したのはもったいないなぁ〜』

と試合終盤は思いまくりでした。

もしセミとセミ前の試合順が逆だったらなぁ…

ae6d8718.jpg


★ナナエ氏vs美闘

折角の団体としてははじめての後楽園大会なのに、メインがチャレンジマッチの枠で収まってしまったのは残念ですが、

ナナエ氏が 美闘の重い蹴りやまだ荒い技をいっぱい受けてあげたお陰で、玉砕した美闘も納得はできたんじゃないでしょうか。

しかしナナエ氏。

自分のメモリアル興行のメインで、若手の為のチャレンジマッチになるマッチメークを受ける辺りからして、この団体に懸ける真剣度は伝わってきた。

早かれ遅かれこの真剣度が裏目に出て、弟子にいつ星を譲るか?等でロッシー氏や ふうか氏と考えが対立して、

スターダムそのものが分裂するかナナエ氏が離脱をして

『いやぁ、やっぱりナナエ氏は変わらないなぁ(笑)また蕨の黒鬼さんと仲良くやっていけよ(笑)』

とまとめれるオチになるんでしょうけど、それまでの間は、全力疾走をしていってほしいものです。

3418bef3.jpg


最後に。

紫雷イオのサプライズ来場ですか。

未だに、紫雷姉妹のうち、どっちの顔がタヌキ顔でどっちがキツネ顔で、どっちがケイでどっちがシュウで(誤解)、

どっちが姉でどっちが妹で、どっちがメキシコで男性絡みでトラブって、どっちが獅子王やキトタクと絡んでいるのか、

はっきりわからない様な僕ではありますが、今回のスターダムのレギュラー参戦が、

こんな僕でも、スターダムが姉妹の区別がつくきっかけになるならば歓迎されてしかるべきでしょうし、

イオがとりあえず退路を経ってまでしてスターダムに来たのも、

多分そーいう些細な事がきっかけなんやろなぁ、とは思いましたね。頑張ってほしいもんです。

8f433f47.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…