今回は、競馬・秋華賞のレース回顧を…

ecf35a45.jpg


817ed419.jpg

アヴェンチュラは、速くて強かった。以上(笑)

個人的には

『ここは絶対荒れる!』

と踏んで相談役の馬に◎をつけていたのが恥ずかしい。実馬券を買っていたら大やけどをしてました(笑)

ba06c33b.jpg


しかしなぁ。

今回はテン乗りながらも、

この日は直線の内側がかなり有利な事を見抜いていて、

京都内回り二千の勝ち方を熟知していた岩田の好騎乗に導かれたアヴェンチュラが、

現時点では他馬と頭ふたつは力が抜けている事を想像させる末脚を見せられたら、口あんぐり状態になってしまいました。

岩田も、心の中では笑いが止まらんかったんじゃないすかね。

ここに至るまでのローテーションは違いますが、春のクラシックには不在で秋華賞では快勝したパターンでは、

ファインモーション以来のパフォーマンスだったんじゃないでしょうか。

89dce362.jpg


アヴェンチュラの骨折休養明け以降のローテーションは、洋芝の北海道での連戦とあってピンと来ない部分はありましたが、

はじめての京都ながらもあのペース&時計で快勝をされたら、さすが角居師!と認めざるを得ない。

春に活躍した馬達との主役交代を強烈なまでに実感させられましたねぇ。

偉大なサンデーサイレンスが亡くなり時は流れて、もちろんサンデーの後継種牡馬は沢山いますけど、

故障した訳でもないのに春と秋のクラシック戦線の活躍馬がガラッと入れ替わるケースが今後も頻発するならば、寂しいものがあるのですが

『それも競馬』

と皆は割りきれるのかなぁ…

f1522b4f.jpg

話は戻って。

競馬予想TVでの水上学さんの

『アヴェンチュラの血統は、一走一走全力で走り過ぎるから燃え尽きやすい。

お姉さんみたいに、ピークを過ぎたら立て直せない可能性はあるが、この馬は春使わなかった事がプラスになる』

との解説を鵜呑みにするならば、この強烈な走りはあと何回見られるのやら?という思いは正直あるんですよね。

ジャンポケ産句ながらも小回りコースで勝ったセンスがあるんだから、

さすがにエリザベス女王杯は信頼できるやろーなぁ、と思いましたが、

レーヴディソールが復帰したならば力関係はどーなる事やら?

5731657f.jpg


ホエールキャプチャについて。

岩田や飯田と比べたら、池添の直線での騎乗のショッパかった事ったらもう。

悪い意味で衝撃的だった。

そりゃ、上手に乗ったとしても頭までは無かったんでしょうけど、

牝馬三冠のレースの中で一番実力差を見せられた3着っていうのはまずいでしょう。

dd141038.jpg


自分のお手馬だった馬で、単勝2番人気になっているアヴェンチュラが早めに仕掛けているのに、

四角ではちゃんと前が開いていながらも追走に手一杯。

直線では直線で右手でステッキを入れたらホエールキャプチャがあっさり外にヨレて、

体勢を立て直す前に左手でステッキを入れて、ようやく追い込んだけど前との差はなかなか縮まらない!だなんて、三冠ジョッキー候補としてありえんでしょう。

極論みたいになりますが。

馬が違うと言われたらそれまでですが、秋華賞よりも高い騎乗技術が要求される筈の菊花賞は、池添でホンマに大丈夫か?って思った。

d0529a04.jpg


かつてデュランダルの鞍上を池添に託していた坂口大師は、レース後に

『戦前にはホエールキャプチャに死角は無いと思ってましたが、死角が無い馬がどこかに、我々が理解できないところに死角があった』

とコメントをしていて

『あぁ、苦労人の坂口大師は池添に対しても優しいんやなぁ』

としみじみしましたが、今回に関しては池江師のコメントを聞いてみたいぐらいですよ(苦笑)

他の馬について…

特にどーこうは無いかも。

キョウワジャンヌは、牝馬のG靴鬟魯轡瓦靴討海弔海直浙發魏圓い任い気はしますが。

28be6eb6.jpg


ここからは菊花賞について。

これを書いている時点での京都の週間天気予報によると、土曜に天気が崩れるみたいだからアレですが、

秋華賞でショッパかった池添が、オルフェーヴルで単勝1倍台前半の数字の圧倒的人気を背負ってプレッシャーをかけられる中で、どんな競馬をするのかは普通に楽しみです!?

オルフェーヴルは、ネオユニヴァースやメイショウサムソンよりは長距離適正は高いし、

相手関係もその2頭の年よりはかなり楽な筈だから、勝つ事は勝つんでしょうけど…?

65ca6bb4.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…