一昨日放送された、センダイガールズプロレスリング『女子プロレス団体対抗 Flashトーナメント』後楽園大会のサムライ中継を観ました…

400cb731.jpg


965f1593.jpg


※PC版スポナビより




満載だった試合中のツッコミどころはTwitterに散々書いたのですが(笑)、若い選手達が輝きを放った素晴らしいビッグショーだったんじゃないでしょうか。

女子プロレスの、今年のベスト興行に挙げる方も多いと思う。

また、皆書いてましたが世幻廚MVP!という意見には納得。

キリのいいタイミングでスターダムに見切りをつけて各団体に参戦する様になったら、ダンプさん級の世間に届く女子プロレス界の象徴になれそうな、堂々たる試合っぷりと存在感には感心させられました。

d0da4b77.jpg

でもなぁ…

今回の様に、里村の名の元に女子プロレスのほぼ全団体が総力を結集しなければ、平日の後楽園ホールを超満員にするのは難しいだろうし、

総力戦ではない各女子プロレス団体の単独の興行では、この日の“何回目かの黄金時代に匹敵する様な”盛り上がりも無いのだろうとも思える。

その点は実感できた。

ついでに書けば。

スターダムの鎖国路線の影響で、この日のメインの爆発的な盛り上がりを、仙女もスターダムもたぶん“点と線”で言うところの線には繋げられず、

『あれは一瞬の幻だったのか?』

となってしまいそうな気がしてならない…

あくまで鎖国の緩和の仕方次第ですが、何となくそんな気がする。

そんな、女子プロレス業界全体のズンドコかつ苦戦続きの現状を目の当たりにした感じ。

0581d12d.jpg


僕の中は、この日集まったのは各団体の熱心なサポーターというよりも、いろんな団体をチェックしている客層が中心だったのでは?

と思ってはいるのですが、

そんな客層が、選手の一挙手一投足に敏感に反応して歓声をあげてしまう団体&選手と、

お世辞でもそうだったとは言えない団体&選手とのギャップの大きさは

『見てはいけないものを見てしまった』

というか。

一回戦の4つの試合なんて、もっとまんべんなく盛り上がってると思っていたので…ねぇ。

アイスリボンと仙女の対抗戦で盛り上がり過ぎた反動が、3試合目と4試合目にずっと出ていた印象がある。

a80d099b.jpg


その点に関しては、ブル様の

『いい技ですね。でも、お客さん わいていませんね』

をはじめとするシュートなコメントの数々に匹敵するぐらいに、そのギャップを興味深く観てしまいました。

何年後かに今回の様な変則的なルールのトーナメントか、ディスカバーニューヒロイン(詳細は各自調査)の様なトーナメントが開催される時には、

この日あまり観客の支持を得られていなかった団体・あと大ベテランの選手は自然淘汰されていてほしい。それは凄く思ったなぁ…

ところで、Twitterを見ていたら、勝負論よりも若手に経験を積ませる事を優先した団体に対して、苦言を書かれている方がおられましたね。

実際に優勝賞金300万円が出るならまだしも、おそらくそんな事は無いんやからしゃあないですよね。

97b8c91f.jpg


かつての対抗戦時代バブルの頃なんて、どの団体も若手の経験・底上げよりも勝負論に重きを置いていたもんだから、

バブル期の終わった後の低迷期が、若い選手の台頭まで時間がかかり過ぎて長くなった、という見方もできると思う。

トーナメントで負けた団体は、どこもそれほど傷つかなかった点については、

仙女vsアイスはともかく、それ以外でもひとつぐらいはこのトーナメントがきっかけで本格的に始まる、抗争のストーリーがあってもとは思いましたが…

なかなか難しいのでしょうか。確かに残念ですね。

b6ce0700.jpg


各方面との交渉に力を尽くしたであろう、新崎人生への感謝を忘れてはいけないけど、この日の里村の活躍は素晴らしかったなぁ。

花月も素晴らしかったけど、あんなとんでもない師匠がいたら今後はしんどくなるんでしょうし、

仙女の先輩達が花月をそこまで意識していない&ファンが仙女勢同士の対戦にそこまで興味を持っていないなら、常に外に目を向けなきゃいけないから、余計にしんどくなるでしょうし…

頑張ってほしいんですけどね。

1fed3716.jpg


この日の里村。

トーナメントの3試合とも出ていながら、スタミナの不安は見えなかったし、

この日の『レガースを着けて蹴りを使う』選手の中でも、蹴りの威力と場内に響いた音の迫力は群を抜いていた。

今の腰の状態はよくわからないけど、それでもコンディションが良い事は伺えました。

社長レスラーになって、裏方の仕事が増えてもリングの上では頑固者のままなのは、

『ちょっとなぁ』

とは思いましたが、

これだけズンドコな世界だからこそ、一人ぐらいは頑固親父みたいな存在が必要なのかなぁ、と勝手に好意的に解釈してみたり。

あとは、何か書く事あったかなぁ…

ec96b40f.jpg


あっ、美闘については書いておかなきゃ。

悪い意味で驚くぐらいに危機感を見せない、性格の甘さと試合中の動きの塩っぷり。

対抗戦でも化ける事がなかったところは、まさにこの日の逆MVPに相応しい!?

ハトえもんさんが言うところの

『美闘は、試合以外は良い子なんです(笑)』

というのもわかるんですけど(苦笑)、ふうか氏もロッシーも美闘の今後の取り扱いを微調整していかないと、スターダムは普通にダメになると思う。

これだけは断言しときます(爆)

それではまた、若い選手達がこのトーナメントの様に輝く日が来る事を願いながら、この文章を終わらせます…

3c118944.jpg


※ユー何とかより

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…