今回は、水曜どうでしょう『激闘!西表島』編を観た感想を。

イエイ!今日も1日、のびのびと…

893769af.jpg


fb1c0376.jpg

※企画の詳細




牛追い祭りの筈が何故か虫追い祭りになり、虫追い祭りの筈がロビンソン祭りになり、最終的には寝釣り祭りになるという…

沖縄らしく海水浴を満喫する辺りは観ていて楽しかったけど、それ以降、夜になってからは言うに及ばず。

543a966c.jpg


もっとも、ある程度は行き当たりばったりの方が、祭りまみれの水どうらしいっちゃあらしい訳ですが、

一年ぶりの旅なのにここまで行き当たりばったりでゆるい企画になっていたとは、夢にも思わなかった(笑)

c36df985.jpg


その最大の原動力?はやはりロビンソンだったのでしょうか。

過去の海外ロケ編で活躍した濃いキャラの現地ガイドのピートであるとかニャンさんであるとか。

ロビンソンは日本人なのに、彼らよりもリーダーシップを発揮したがる曲者だったもんなぁ。

確かに要所要所で作戦失敗!があったから哀愁は漂ってましたが、とにかく曲者だった。

10387ebe.jpg


あんなおっちゃんに終始振り回されて寝るに眠れなかったのに、大泉先生はよくキレなかったもんだ。

まぁ、西表島に行くまで散々キレてたのもあるんですけど(笑)長年騙し・騙され・罵り合いを続けるうちに大人になってたんですね、みたいな。

4862506f.jpg


しかし。

藤村Dからすれば、ロビンソンの言うがまま・流されるままやってる方が藤村Dのロケハンが不十分だったり、準備不足だったのがバレないのもありますが、今回はいい加減ラクし過ぎてましたよね〜

もしかしたらスタイリスト・小松さんとハナタレックスのプロデューサーさんの次に、藤村Dが今回の旅を満喫したんじゃないすかね(苦笑)

c064bb42.jpg

それはさておき。

今回の企画の最終決戦でありクライマックスだった、寝釣り・上原港決戦は凄かった。

ヒットしたら

ライトオン!

してくれるとはいえ、大川興業の暗闇演劇(詳細は各自調査)とはまたひと味違った暗闇バラエティーなんて、二夜に渡って放送したらいかんやろって話で。

2476cf26.jpg


水どうの何たるか?を把握していない初見の視聴者が寝釣りをまともに観たら、リアルに抗議の電話をしかねない気がしたし。

そりゃ、大泉先生の実況やヤスケンの驚きの表情を観たら、腹を抱えて笑って、電話をするのもアホらしくなりそうやったけども…や(苦笑)

実際に抗議の電話があったかどうかはわかりませんが、まさか現在こちらで放送中のヨーロッパ完結編でも、寝釣りみたいな暗闇バラエティーのシーンがあるのかなぁ?

以上、青タイツ・黄タイツ・茶タイツ、トリオ・ザ・タイツでした…

1ff071e1.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…