今回は、スターダム・3月の後楽園大会のサムライ中継を観た感想を…

51e83ddb.jpg


00f82161.jpg


※PC版スポナビより


まずは総括みたいな感じの事を。

先日のグラレスラーオーディションではAV女優さんの合格を撤回して『ロッシーは何やってんだか…』な不手際を露呈しましたが、

肝心のビッグショーを観たら、なるほど。今の女子プロレス団体の中で、スターダムは勢いがあるし業界のトップやと認めざるを得ないというか。


10386a9b.jpg


やはり新人選手は団体の財産なんやねぇ、みたいな。

そりゃ、前座はまだまだアレでしたけど…ね。

もし何らかの機会があれば、あの空間に つくしちゃんを放り込んで、当たりの強いドロップキックでしっちゃかめっちゃかにしてもらって、最終的にどこまでオイしいところをかっさらうのか観たくなった(笑)

…って、つくしちゃんはともかくとして。

選手毎のキャラ付けや、張り手が多いところを除いた感情表現の仕方については、僕は特に気にならなかったんですけど、

ただでさえ出てくる選手は同じでキャリアは浅いのに、ユニット対抗戦と世代闘争が並行して組まれるマッチメークはわかりにくい。普通は無いでしょ?

a4c36239.jpg


下の底上げを急いでいるにしても、あれは無い。

また、皆体の線がまだ細くてどれぐらいの技まで受けきれるのか?当人同士はともかく観る側にはいまいちピンと来ないのに、

終盤になると交互に派手な技を出していく、新人離れした試合展開も勘弁してほしかった。

もっとも、あの調子でガンガンやりあっていても大ケガをした選手は居ないみたいですから、基礎練習はがっちりやってるんでしょうけどね。

8e95f01d.jpg


もう一個書けば。

シングルマッチ連戦が終わってマイクでやりあった後、一期生がカッチーン!ときて闘を仕掛けてリング上が大混乱。つづく…

というプロレスでは定番の光景が無かったのは唖然となった。

順番に選手がマイクで喋る度に、場内の雰囲気も微妙な感じになってたのをリング上の誰かが察してくれよって思ったし。

お互い口ではわーわー言い合ったら満足をして引っ込むだなんて、新人としてはドライ過ぎて、観てて胸がもやもやした。

この日の興行の進行が米ちゃんの引退興行の時ぐらい押していたならば百歩譲って、という気にもなりますが…ナナエ氏や なつき氏はどんな教育してんのよ?とまで思ったなぁ。

e5dc0869.jpg


そんな前座を経て行われたメインとセミは、世代闘争に出ている選手とのラベルの違いを嫌になるほど見せつけられたというか。

確かに凄かった。

セミなんて、なつき氏&世幻廚王座を強奪するもんやと思うてましたが、

病み上がりの世幻廚梁紊錣蠅 なつき氏が前に出まくった影響か、

打撃の部分を筆頭にして、試合としては明らかに押されてはいたものの、なかなか説得力のあるフィニッシュでBY砲が逆転勝ちしたのは『おぉ〜』ってなった。

9a81a952.jpg


まぁ、煽りVを観る限りは なつき氏&世幻廚らやり玉に挙げられていた美闘が、フィニッシュを取らせてもらえなかったのはちょっとかわいそうにも思いましたが…

そしてメイン。

女子プロレス界の横綱対決と呼ぶに相応しい、重みのある試合でしたねぇ。

762e4595.jpg


しかしながら、ぶっちゃけた話。

ナナエ氏による雪崩式のアレで、里村はほぼ動けなくなったのにそれでも頭から落とす技を使い続けたり、

試合が終わって早々に退場せざるを得なかった里村に対してマイクで『そそくさと逃げた』と言ってしまったりと、

ナナエ氏の横綱らしからぬ相手への気遣いの無さにはかなりカチンときまして、これまで以上に人間的にはリスペクトできなくなりましたが(爆)、

f5f4c419.jpg


あれだけやりあってもメイン後には笑顔を交えながらあれだけマイクで喋り、完璧に興行を締めるんなんて、

トップレスラーとして、試合の組み立てはともかく、自らの強さの表現の仕方の面とコンディションの良さは、純粋に凄いと思った。

あれだけ強いんやから、華名からシュートを仕掛けられても、

よっぽど油断をしない限りは(近藤から仕掛けられた時の)栗原みたいな赤っ恥を晒したりはしないと思うんやけど…

それはまた別の話か。

とりあえず今度ナナエ氏に挑戦する平塚のアイドル・松本浩代には頑張ってほしいけど、真っ向勝負となると…ね。

f71cdfec.jpg

今にして思えば。

スターダムの発足当初から、ナナエ氏はいつロッシー&ふうか氏とトラブって、いつフリーになるのやら?という見方を常にしていましたが、

里村を下して、晩年のタムラ様に匹敵しするぐらいの独り横綱となってしまうと、

いざフリーになっても、スターダム以外の団体では元々使いにくい選手の筈なので(?)ビッグマッチ要員以外には扱いにくくてしゃあないから、

よっぽどモメない限りはフリーになるって事は無いんやろーなぁ、と思った。

d6d95624.jpg


前記のタムラ様が、絶対王者として自らの幕切れを演出しながら介錯人を託した栗原があまりにもアレで、

後にタムラ様にも不義理をカマした様な流れを見ているだけに、

独り横綱としての苦悩を見せつつ、自ら育てた下の子達にどういう風に花を持たせていくのかは、ちょっと楽しみです…

てか、世幻廚前しかおらんやろ!って話で。ホンマ頑張れよ、と。

最後に。

K−DOJOのロ〜リングぅ〜!さんが、ふうか氏のサポート的なリングアナをやっていたのは、嬉しかったです(笑)

ふうか氏も踊るんはええけど、選手の紹介時にちょこちょこ言う前に、ローリングさんの発声の仕方や間の取り方を見習ってほしいですね…

e32f350a.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…