今回は、先月おこなわれた『ドラゴマニア7』アレナ・メヒコ大会のサムライ中継を観た感想を書いていきましょう…

3c2075c4.jpg


90ad1361.jpg

※ウルティモ・ドラゴン公式ブログ


まずは、ウルティモ・ドラゴンこと浅井さん、デビュー25周年おめでとうございます。

その記念興行ということで、波瀾万丈な浅井さんの歴史を物語る様な、

浅井さんの・浅井さんによる・浅井さんの為のビッグショーやったなぁ〜。

浅井さん絡みの興行のサムライ中継ではお馴染みのマキシモは参戦していなかったものの、

f5d0ec83.jpg


これまたお馴染みのナバーロ&ソラールが第一試合でクラシカルな試合を魅せて良い雰囲気で始まっていたのに、

肝心の浅井さん絡みの試合がカオスな雰囲気になってしまうところが、思ったよりも楽しかったです(笑)

それではここからは、印象に残った試合についてさらさらっと。

●華名vs朱里

こーいう言い方をしたらいけないのかもしれませんが、

二人によるハードヒットとじっくりとしたレスリングを中心にした攻防自体は外国でもブレず“定番”の域に達していた印象。

キャリアを考えたら妥当ななぐらいの堅さを感じさせた近藤をリードする様に、

華名のルーダを意識した動きが試合のスパイスになっていた点以外、そこまで強調するところはなかった様な気はしますが、

アレナ・メヒコの大舞台で下田美馬が絡まない・現在進行形の日本の女子プロレスの試合を披露できた意義は大きかったんじゃないでしょうか。

27ac7a35.jpg


これは浅井さんとTAJIRIのコネ次第なんでしょうけど、メキシコ以外の国の興行にこの二人の絡みを提供をする価値はあると思った。

もっとも、メキシコでさえそうだったんやから何処の国でも最初は皆

ポカーン( ゜o゜)

状態なんでしょうけど、試合が進むに連れて、別の国の観客はどんなリアクションをしていくのかなぁ、という興味を抱いた。今後に期待ですね。

91c33a23.jpg


ちょっと話はそれて。

TAJIRIも、ベテランらしくすっかり太ってしまった今の浜田文子と近藤をシングルでぶつけるぐらいなら、

レイナワールドからルチャドーラを借りて絡ませる方が、近藤にとっては良い経験になるんじゃないかなぁ、とは思いましたが、どーなんでしょうね…

932c44d3.jpg


●ドラゴン・スクランブル

グダグダはこの乱戦から始まった(苦笑)

ウルティモ・ゲレーロが中心にはなっていましたが、

高岩は悪い意味で高岩らしくフェードアウトしーの、浅井さんをヘルプしに来たと思わせたプラティーノはあっさり退場になりーの、

ビジュアルが初代ミスティコのまんまでどーしても目がいくマグヌスはあんまり活躍できないまま失格になりーの、

オーラスは不透明決着になりーの…

何だかなぁ感満載でしたが、まさかメインでは何だかなぁ感に加えてグダグダ感が増すとは…(汗)

16828f9c.jpg


●曙組vsブカネロ組

いやぁ〜、面白かったですね。浅井さんのプロレス頭の良さが伝わってきた(笑)

ドラゴンスクランブルとは打って変わってわかりやすさを追求する様な試合展開だった。

曙が、浜ちゃんと組んでいる時とは違って必要以上に動かず、自らの怪物っぷりをアピールする事に専念していた事が良かった様に思う。

この前大原…さんが、Twitterだかmixiボイスに、日本版ルチャ・フィエスタの年内開催に向けて動いている事を書いていた様な記憶がかすかにありますが、もし実現するならば、是非曙も呼んでほしいものです。

efce7255.jpg


●3WAY戦

まず浅井さんが興行を締めるという大前提があって、今の浅井さんのコンディションを考えたら、

早めに浅井さんと大原…さんとのシングルに持っていかざるを得なかったのはわるのですが、

別格と言っていいぐらいの“強さ”を感じさせるゲレーロがあーいう形で消えて以降は観ていてしんどかった。

もうちょっと何とかならんかったかなぁ、と思いましたが…しゃーないか。

e06506f9.jpg


グダグダながらもハッピーエンドになって、ご機嫌ちゃ〜ん!にはなれたんやから、これはこれで有りなのかなぁ

さて、浅井さんはこれぐらいでいいとして。

大原…さんは、随分のびのびと悪い事をやってましたね。

旗揚げ戦を前によっぽどストレスが溜まっていたのか?みたいな(笑)

残念ながら、このメキシコでの活躍を受けておこなわれた矢野戦&マイバッハ戦はアレだったみたいですし、

スタバ&ジェシカが頻繁に来日するのはあまり期待できないっぽいし、

今後のWNCにおけるヒールっぽいポジションはノガちゃんが担当していくみたいですが、

団体の運営が安定して大原…さんの裏方での負担が減ったら、若手相手に厳しさをチラチラと見せるルードとして、独自のポジションを確立していってほしいですね。

e5b0b911.jpg


えっ?vsかずちか戦ですか?

かずちかがベルトを棚橋に返した事で、交渉次第ではいつでもやれそうな状況になった事で、かえって敢えて今やらなくても…とは僕は思ってます。

かずちかのプッシュが最優先されるであろう今やっても、次に繋がってくるものは生まれないでしょう、たぶん。

これも『プロレスの神のみぞ知る』ってところかもしれませんね。

それでは、アスタ・ラ・ビスタ…

85935208.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…