今回は今月の みちのくプロレス後楽園大会のサムライ中継を観た感想と、それに関連するネタを少し…

0fbd35ee.jpg


822084d8.jpg


※PC版みちのくプロレスホームページ


と言っても、この日はメインの東北ジュニア戦に尽きますかね。熱くて良い試合でした。はい。

九龍のフルメンバーが集結するまでの過程と分裂&阿修羅結成のストーリーを並行させる事で、

拳王とハヤトのシングルを2年半という長期間寝かせる事ができたのは、

流れの早い日本のプロレス界としては異例のケースの様に思うし、この時点で凄い。

1918e716.jpg


団体としてのキャリアの割に、経営面のリスクを減らす為に興行数が少ないままなのは『しゃあないかな』と理解はしつつも、選手の駒は揃っているのにもったいないなと言わざるを得ない。

でも、興行が少ない事でこーいう方向でのメリットもあるにはあったのか、と感心させられた部分はある。

一応、今の みちのくには沼ちゃんがジローラモに改名するというストーリーも進行しているみたいですが、こっちのストーリーは果たしてどれぐらい続くのやら(笑)

a3e564c0.jpg


さて、ここからは試合について。

当然バッチバチの攻防がポイントになってはいましたが、事前にはもっとバチバチの比率が高い、凄惨な試合になるかと思っていた。

不意打ちで出たハヤトの頭突きなんて、終盤にまた出して拳王が流血しそうな雰囲気もあったし…

bc8d453c.jpg


とりあえずは、拳王がタイミングを見て死んだふりを見せて、リズムにメリハリを付ける等して工夫をしていて、あくまで激しくも、みちのくらしく明るくカラッといた印象。

二人の試合の組み立て方は評価しなきゃいけないですよね。

調べてみたら拳王は27歳でハヤトは25歳…か。

二人ともキャリアはともかくまだ若いのに大したもんだ。

6484bb68.jpg

4度目のシングルが実現するのがいつになるかはわかりませんが、体力的にはまだまだ延びしろがあるのは間違いないので、

もっと攻防が洗練されて打撃の比率が減るのか、はたまた比率が増えるのかは、両者の積重ねによるんでしょうけど、一番中身が濃いシングルになってほしいですね。

あと、この試合後のハヤトのマイクを見て僕が考えたのは、

ハヤトが口にしていた中嶋との防衛戦は多分実現しないとして(?)拳王の今後についてになるかなぁ。

51357270.jpg


いつかどこかのタイミングで、ハヤトにとっての中嶋戦みたいな決定的なターニングポイントが無いと、

観る側が二人のライバル関係を維持しつつ、4度目のシングルまでのモチベーションを上げていくのは難しい筈。

かつてはノアに何回か参戦はしてはいましたが、KENTAが復帰したらどうなるかわからんけど現時点では途切れた模様。

拳王が今プロレス一本で食っているのかもわからんのもありますが、果たしてノア以外の団体から拳王を使いたいというリクエストがあるのか無いのか?

人格者・新崎人生の後ろ楯があっても無いならば結構切ないよなぁ…

飯伏が表紙の週刊プロレス最新号を見ながらそんな事を考えていたら、デルフィン師匠の記事が目に入った。

eae22951.jpg


今後は大阪に事務所機能を移すとの事。

選挙の結果関係なくデルフィン師匠が沖縄プロレスに籍を残すならば近所の大阪プロレスから選手を借りる事は難しいでしょうから、

だったら拳王に対してオファーを出してみる手もあるんじゃないすかね〜。

どのみち、沖縄以外で巡業をしていくならば何らかのストーリーは要るでしょうし、

ハブ男をはじめとして、沖縄勢と拳王+αの絡みなんて確実に良い試合になると思うのですが、どないなもんでしょうか?

ついでに(?)WWEのファームからリリースされて既に帰国しているらしい元K−DOJOの滝澤にも是非オファーを、という事で…

2955598f.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…