一昨日は、映画『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。今回はその感想を書いていきましょう。

しょっぱなから僕の率直なアレを書けば…

おみやげみっつ たこみっつ おみやげみっつ たこみっつ…

7bb535f9.jpg

※公式ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫


ジブリの鈴木敏夫プロデューサーみたいな言い方になりますが、

『本当に素晴らしい映画だった。だけど…』

という感じになりますかね。

また、ABCアシッド映画館で頻繁に紹介されていた、宮崎駿監督の裏名言

『既にトトロがあるんだから、もう一度トトロを作ったってしょうがないでしょう』

も頭に浮かんだ…

963b6fdb.jpg


美術監督の大野さんは、他の日本の主要アニメ関係者はハナから眼中に無かったであろう事が想像できる、風景等の映像のクオリティーの半端でない高さ。

らしさ爆発の貞本さんのキャラデザイン。

花がいうところの、正に おとぎ話みたいな ふわ〜っとした設定&ストーリーながらも、

もしも現実の社会に花みたいな家族が居たら、どのように居場所がなくなり、どのような葛藤があった末に田舎に引っ越しをするかはきちんと描いているし、

花を軸にした各登場人物との距離間が、老若男女の誰でもわかりやすく伝わる様に、脚本は丁寧に作られていていた。

cf62a8ee.jpg


個人的にはちょっと不満があったけど、幼少期の雪と雨が自らの意思で、頻繁に おおかみとヒトに入れ替わり、子供の観客を飽きさせず楽しませる配慮も見られた。

そして、さんま師匠の事をお笑い大怪獣と例える様なノリで、アクトレス大怪獣!と呼びたくなる声優モードの宮崎あおいの演技力。

それこそ、良かったところを挙げていけばキリが無いんじゃないか?と思うぐらいの完成度だった。

細田監督が今作でプロモーションしているところは未見なのですが、ここに至るまでに苦労していた分、

腰が低いコメントに終始しているんでしょうけど、きっと『してやったり』感満載のドヤ顔だったんとちゃうかなぁ。また、それでも許される(笑)

ef02d94e.jpg


さてさて。

ここからは僕の中の、この映画における『だけど…』の部分について書きましょう。

ずばり言って、13年間という長いスパンの『おとぎ話』にしながらのあのオチにはあんまりノレない、という事なんですよね。

雨と雪が思想面で袂を分けるなかなかヘビーな過程を、

雪の成長&草平との交流と完全な同時進行ながらも、あそこまで丁寧に描いていたのは本当凄いと思う。

a60aeb10.jpg


しかし、幾ら花から『人間でもおおかみでもいい』と言われていたとはいえ、

あないにしれっと雨が花の元を離れて、一吠えをした後ストーリーからフェードアウトした時点で、

僕はまず唖然とさせられたんですよね。

実際の狼は、あんなに簡単に親元から離れんやろ?的ツッコミを入れたいです。

ストーリー上最大の山場かも知れない流れを

『自分の世界を見つけたんだ』

の言葉でまとめられてもなぁ…って思った。

あの言葉でまとめようとする脚本を書くセンスは認めますし、逆にあのまとめ方しかなかったのかもしれませんが。

3d87f4ae.jpg


更に、雪までもが花からあんなに自然に自立されたら、

ただでさえ物語の序盤で これ以上無いぐらいにあっさりと おおかみおとこと離れ離れになってしまった花が、

ムチャクチャ強い母として、子供と一緒に成長してきたのに、

13年後はあんなにあっさりと子供達と別れて、村の人たちと仲良くするほのぼのとしたシーンが描かれるフォローもなく、

その代わりにあの田舎の家で、一人ぼっちの食事で串カツにソースをたっぷりつけている…

見方によっては相当孤独で、相当切ない花の姿をオーラスで見せられてしまうなんて、花の事がかわいそうで胸が締め付けられたんですよね…

ca005c77.jpg


おとぎ話ならば、エンドロールの後で、ありがちな○○年後のテロップの後に、少し老けた花と、

成人して家族を作った雪と、

高橋よしひろ先生の『銀牙 〜流れ星 銀〜』における銀か、さいとうたかを先生の『サバイバル』における(最初は)子犬のシロ風に、山に住む大勢の動物達を引き連れて雨が、

あの家の庭で再会する(としか思えない、でもOK)場面を描いて

めでたし・めでたし…

にしてほしかった訳ですよ、いやマジで。

e97f7b70.jpg


そりゃ、細田監督の中では今作の続編のイメージがあるならあのエンディングも有りなのかも知れませんが、

現時点で無いのならば、せめてあのエンディングではなくて、

せめて『時かけ』みたいに、花が未来に向けて前向きになるエンディングにしてほしかったんですよね…

これは贅沢なアレなのかなぁ?

よろしければ、皆様のご意見も聞かせて下さい、という事で。

最後に。

田舎に長年住んでいる者から言わせてもらえれば、

菅原文太さんが声優を担当していた、頑固者の韮崎じいちゃんを筆頭にした縦関係と、細川&山岡の何かと意見が対立するところは、なかなかリアルでしたよ、と書いておきましょう(笑)

早く大人になりたい…

fbd6fc48.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…