先日は映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観てきました。

今回はその感想を。

がんばれがんばれ署長、がんばれがんばれ署長…

3440b359.jpg

※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫


何と言うべきか…

あれだけ終わる終わる言われたら、逆に

『完結した!と言われたら完結した!とも言えるけど、続けようと思ったら劇場版あぶない刑事よりは自然に続けられる』

終わり方になっているやろーと思っていたので、思いきり想定内だった。

それと、全体的にはハードルを下げて観ていたので

『まぁ、こんなもんでしょ』と思いつつも物足りなさはあった。

f1475a7c.jpg


織田さんの演技はそうでもなかったけど、結局本広さん・君塚さん・そして亀山さんの映画制作者としてのセンス・感性は年齢以上に衰えたっぽい。

これが僕の第一印象になりますかね…

個人的に、踊るシリーズの“キモ”は警察内部のリアリティーと、青島らの熱さのバランス。そしてテンポだと思ってまして、

これらの点でTHE FINALは、劇場版3やLAST TVよりは大分良かった。

誘拐事件が解決してからのストーリーが長過ぎて、どん詰まり感もあったけど『新たなる希望』をうたっている以上はあの記者会見は必要なのでしょう、たぶん。

a1e27f05.jpg


でも…ねぇ。

.丱淵柄匕砲某写襯丱垢突入

∪津腓箸垢澆譴気鵑瞭盈衆幣紂ξ人未満の関係に決着がつかず

この2点は踊る〜のFINALとしては絶対有り得ない。

細かいツッコミを入れだしたらキリが無いから割愛しますが、この2点は全否定しときます。

織田さんも演技論がどーこうとかでモメるぐらい思い入れがある筈なのに、この2点にダメ出ししなかったなんてアカンでしょう。

連ドラ版からの踊るシリーズのファンに対して、普通に不義理をカマした様なもんやと思うなぁ。

でも、この2点がもっと違う形で描かれていたら、そこそこ良かったんじゃないでしょうか…

それでも『そこそこ』かよって話なんですけどね(苦笑)

,砲弔い董

結構な貯金がありそうな すみれさんが、わざわざ深夜バスで帰郷しようとした事自体は、

0971cd3f.jpg


本広さん発信の『水曜どうでしょう』に対するリスペクトを込めた小ネタなんやろなぁ〜、と観ていてさほど気にしなかったのですが、

LAST TVの冒頭の西武警察風のカースタントが、このバス突入の前振りだったなんて誰が予想できるんや!って話ですし、誰がそれに後から気づいて喜ぶんや!って話にもなる。

そんな『あぶない刑事』以上にリアリティーの欠片もない映像をクライマックスに持ってきて、

しかもその映像がCGでクオリティが低いとなると金を払って観ているのが恥ずかしくなったぐらいでフォローのしようがない(爆)

108bb041.jpg


思い返せば…

FINALだからといって、安易にとんでもなくスケールのデカい犯罪にはせず、警察内部の不祥事の隠蔽がテーマになっていたのは感心させられたし、同時進行で隠蔽される缶ビールとの対比はくだらなくて好き(笑)

織田さんとギバちゃんが辞表を書かされるまでのストーリーは、

冷静に考えたらそりゃなかなかにデタラメだったけど緊張感があったし、小栗くんの台詞に重みと冷たさがあったりして、僕は認めたいんですよね。

ユースケと水野美紀さんの子供の誘拐事件&昔の誘拐事件を再現しようとしてどーこうのストーリーも、

9f2a5ded.jpg


こち亀の両さん&郵政民営化の息子&黒幕だった小栗くんの、悪役としては致命的なぐらいにアクが弱かったり、

織田さんのチャリンコは違和感ありまくりだったけど普通にノレたし、

ギバちゃんとの無線でのやりとりは連ドラ版を思い出した。

また、ギバちゃんがシリアスな顔で『バナナだ』と言うシーンは不覚にも笑ってしまったし(笑)

あぁそれなのに、それなのに…

△砲弔い討眤膤気劼匹い任靴隋書いてても腹立ちますもん。

思ったより大分長かった唐揚げ屋云々のシーンが完全な伏線で、

エンドロールの最後にしれっと二人がハッピーエンドを迎えた、と想像させる写真が映るもんやと思っていたのに…ねぇ。

8f736163.jpg


比べるのも良くないのかも知れませんが、エヴァの旧劇場版シリーズみたいな、

どう転んでも賛否では否の方が圧倒的に多くなりそうなエンディングしか作れないパターンも『ホンマええ加減にせえよ』となりますが、

その逆(?)に誰もがどうハッピーエンドになるのか?を楽しみにしているのに思いきりスカされたら、

エヴァの庵野監督よりもタチ悪いんとちゃうか?と思った。残念ですね。

a0767753.jpg


あとは…

湾岸署側の役者さん達は皆よかったんじゃないすかね?この点においては満足した。

スリーアミーゴスvs署長一派とのやりとりがもう1、2シーンはあってほしかったけど、それは贅沢なのかもしれないし。

伊藤くんの和久ノートネタやワンさん劇場にも慣れたも大きいかな?

何より水野美紀さんが戻ってこれたのが嬉しかったのある(笑)

エンドロールの小林すすむさんへのメッセージも泣けたし…

改めて前記の2点は非常に悔やまれる、と書き記して今回の文章を締めて、被疑者となって逃亡したいと思います…

な〜んてな。

aa5de942.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…