今回は、競馬とプロレスの話を…

a29a7c56.jpg


5b427f3b.jpg



※PC版サンスポホームページより

◆先週の岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯(交流Jpn )で、エスポくんことエスポワールシチーが完勝してましたねぇ。

単勝オッズが示す通り、面子的には勝って当たり前に近かったし、

ナムラタイタンが躓いて落馬して周りの馬が被害を受けたのもダメ押しになってましたが、それにしても強かった!

868235a6.jpg


グリーンチャンネル・iちゃんねるでドクトル松尾さんが

『前半3Fは35秒6で、GIとしては平均ペースだったが、

エスポワールシチーが馬なりで上がっていったラスト400mから200mまでのラップは10秒9だった。

これは盛岡では有り得ない。パーフェクトな競馬だった』

7c220d1f.jpg


と解説していて、そのラップを踏まえた上で映像を見直してみるに、

エスポくんのスピードと他の馬の騎手の必死さを比べたら、かつてのクロフネのダートでのパフォーマンスを思い出したというか。凄かった。うん。

e69dab86.jpg


それにしてもエスポくん。

かつてのアメリカ遠征といい、昨年のジャパンカップダートといい、今年のエルムSといい、

ただ単に力負けをしたのではなく、馬が精神的にも大きなダメージを受けそうな壮絶な負け方をしていながらも、

それでも立て直して七歳秋シーズンの初戦でこれだけの勝ち方をするなんて…

スマートファルコンやトランセンド等、天敵と言っていいぐらいに無茶苦茶相性が悪い馬が不在だった点を差し引いても、安達厩舎のスタッフは大したもんやなぁ、としみじみさせられた。

これは各方面からもっと評価されてもいいでしょう。

9fcda3f2.jpg


なお、現時点でエスポくんはジャパンカップダートに直行予定との事。

さとてっちゃんとのコンビなら、カネヒキリに継ぐ大物ダート馬の派手な復活劇も夢ではない…か?

ローマンレジェンドはかなり強いし、社長が乗るトランセンドにも頑張ってほしいけど、期待しときます。

5d61a038.jpg


※Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』

◆既に何回か話題にはしてましたが…

サムライの各番組で、我らが大将・ディック東郷の引退試合&ドキュメンタリーVTRを観ました。

ボリビアに辿り着いてからは何回もロクでもない目にあってきたにも関わらず、騎馬での退場時には実に穏やかな、幸せそうな顔をしてましたね。改めて泣けました。

2dc99064.jpg


そんな大将。

改めて大将の生き方のカッコ良さを実感させられた引退試合終了後の、

自らにけじめを付ける旅を経て今は帰国している筈なのですが、詳細は全くわらかないという…

悪気が無いとはいえ困った人だ(苦笑)

国内での引退セレモニーの挨拶を鵜呑みにするならば、おそらく明後日のDDT後楽園大会に来場して、引退試合を終えた挨拶をしに来て、

c9949cc5.jpg


サプライズで誰かを相手にペティグリーを披露してくれる…筈。

その報告の後は、再度日本から長期間離れてもおかしくはないし、

日本に居るとしても滅多に表舞台には出てこない様な存在になると勝手に思っているので、

大将の、現時点では最後の雄姿を見てまた泣いてみたいもんですね…

9958a60b.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…