今回は、遅くなりましたが競馬・菊花賞のレース回顧を書いていきましょう。

7c9c8128.jpg


5085a911.jpg




じゃあ超スローペースになった時にはどうなるか?という課題こそ残りましたが、

ゴールドシップが、過去の葦毛伝説を継承してきた馬達に並べられる大物である事が証明された良いレースだったんじゃないでしょうか。

ディープブリランテとフェノーメノの関係者も、見事なまでにラップに淀みの無い、ダメージの残りそうな長距離戦になったので、

その上でゴールドシップと闘わなかった事を『ある意味ラッキー』だったと割りきっていそうな気がする。

内田博もなぁ…

幾ら『勝って当たり前』状態のシチュエーションだったとは言え、

本人は否定してましたが、秋華賞とは真逆に狙ったかの様に道中ケツから行くなんて、競馬ファンの心理を弄ぶのがホンマ上手いわ(苦笑)

4de2c3aa.jpg


また、道中ケツに居た以上にあのロングスパートの説得力たるや…ねぇ。

あれだけの脚を使いながらも尚、後ろから来る馬と併せ馬になる事も想定内だったとは大したもんだ。

ヒシミラクルのロングスパートも大概でしたが、アレは大雨+ノーリーズンの落馬から始まる異常事態+人気薄だったからハマった部分もある訳で。

レース前夜の『競馬予想TV』では皐月賞の四角のカーブでのワープでどうこうとか、

ダービーでは内田博の仕掛けのタイミングがどうこうとかも含め議論されてましたが、

結局内田博はよっぽどゴールドシップの出来に自信があったのと同時に、

皐月賞とダービーの自らも乗り方を徹底的に研究してきてここに臨んだって事なんでしょうね。

07050da1.jpg


ついでに書けば、

あれだけの人気を背負い最内枠に入っていた馬が、あんなに早く外を捲って前の馬を潰しにくるとは普通思わないやろーから、

今回先行していた馬達の騎手は、皐月賞とは違う内容のワープを見せられた感覚だと見た。

ゴールドシップの次走・有馬記念は楽しみですね。今度はロングスパートとワープのどちらが見れるのか、みたいな(笑)

いかんせん今年は、ジャパンカップターフに国内馬だけでも相当レベルが高い面子が集まりそうで、

有馬記念ではその反動がモロ出そうですが、ゴールドシップvsジャパンカップターフ惜敗組+オルフェーヴル?でも十分盛り上がる筈だと思いたいし、

今春に実績は無くても、今回の様な厳しいレースで掲示板に乗った馬達は来年以降の大化けに期待したいですね。

68465c4c.jpg



ほら、やっぱりねぇ。

最近ではエイシンフラッシュの世代が最強世代最強世代やぁ言われてましたが、

出走予定馬一覧を見た時の独特のワクワク感は、ダービーの2日前辺りがピークだったじゃないですか?

今の3歳世代は、ディープブリランテ以下ダービー上位組が軒並み消えてしまったのは残念でしたが、

G兇泙任僚転淦鐇での現3歳vs古馬との内容を見るに、

クラシック組にしても他路線にしても牝馬にしても、故障が無ければどれぐらいまで成長するのか?という楽しみが来年に持ち越せるというのは、興行的には大きいと思うんですよね。

a09c178a.jpg

具体的に書けば、スカイディグニティが来年の天皇賞(春)に参戦してきたら、血統面ではドラマチックですよね。

父ブライアンズタイム+母父ノーザンテースト、初勝利を挙げたがダービーの頃だった菊花賞2着馬と、

父ステイゴールド+母父マックイーンの二冠馬が淀で激突!なんてシナリオは杉本清さん辺りは狂喜乱舞もんでしょう(大袈裟)

まぁ、ゴールドシップは有馬記念次第ではドバイ国際競争に行くかも知れないからアレですが、

そーいう他事までもをいろいろ想像させられるゴールドシップのパフォーマンスでした(笑)

2c4398b9.jpg


なお、天皇賞(秋)のレース回顧はまた後日書きます。

即PATに登録して初めて、天皇賞(秋)の1点100円・4頭ボックス三連単の馬券を買いましたが、

デムーロのお陰で配当高めの馬券が取れた事を書いておきます。

口座残高を見るまでは全く実感はなかったけどいざ見たら嬉しい(笑)

しかしPATやと、当たり馬券の画像をこーいう場にUPできないのは難点やね…

87c5e282.jpg


25eba5f5.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…