昨日は、三池崇史監督&マジック伊藤が作り上げた強烈な映画『悪の教典』を観てきました。今回はその感想を。

Magnificent…

cdc22d2f.jpg

※公式ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫


いやはやなんとも物凄い映画でしたね。

デタラメでも無茶苦茶でもなく、ただただ凄い映画だった。

『ヒミズ』も大概でしたが、今年観た映画の中では一番の衝撃度だったと思う。

天文学的数字の借金を抱えているならともかく、そうじゃないならこんな とんでもないキャラを演じる必要は無いのに、

極端な喜怒哀楽の表現をせず、また人間としての弱味も見せずに、

熱血教師とサイコキラーという二面性を表現し尽くすというレベルが高い演技を魅せてくれたマジック伊藤。

58664124.jpg


相変わらず様々な仕事を引き受けているのに、園子温監督の作品を無茶苦茶意識していた点等で、

膨大な準備企画があった事を想像させる作品を撮りあげた三池監督。

この二人の怪物に、ツープラトンでブラックジャック(ハスミンが生徒らを不意打ちでぶん殴る時に使っていた袋状の武器)でガツーン!と食らわされた様な感覚に陥ったというか。無茶苦茶凄かった。

現時点で僕の中の2012年のベスト映画の候補には『ヒミズ』『しあわせのパン』『鍵泥棒のメソッド』『最強のふたり』辺りが挙げられますが『悪の教典』は間違いなく裏のベスト1ですね。しかもぶっちぎりで。

基本ハッピーエンドの映画が好きだから、あくまで裏ですが(笑)

何か原作をいじってるところは多数ある様ですし、原作の存在は抜きにして観た人によって確実に好き嫌いは分かれそうですが、

原作を書いた貴志先生が

『茫然としました。やはり三池監督だな』

と言っていた(パンフレットのインタビューより)辺りからして、とことんまでやりきった三池監督&マジック伊藤の勝ちなんやろなぁ。うん。

41fdbaa6.jpg


そんな『悪の教典』。

主要な生徒の演技力&殺されっぷりや、マジック伊藤に向かいあった吹越さんのサイコパスっぷり、猟銃をあーいう形で擬人化した、独自の表現。

そして山田孝之がパンツの匂いをかぐシーン(笑)

全体的に良かったというか全体的に物凄かったのに、

それでも際立ったところを一個一個挙げていくのは皆書いているでしょうから僕は割愛しときます(爆)

代わりにこのブログでは敢えて不満だったところを書いていきましょう!?

5554ee2d.jpg


あのですねぇ、ストーリーの序盤の

『これはクライマックスの大量銃殺シーンで回収される伏線ですよ』

的な思わせ方のベタさは有りだと思うんですよ。

中盤の吹越さんをアレした上に染谷くんを蹂躙・拷問してアレしたマジック伊藤の静かな狂気性で、伏線の数々は忘れてたし。

じゃあ何処か?

まず最初に挙げるのは、マジック伊藤が本人が露出好きなのか?そっち系が好きな人向けなのか?

しょっちゅうスッポンポンになっていた…

6e04526d.jpg


ではなく(苦笑)ハスミンの過去の回想シーンがちょっと長かったんじゃないかなぁ。作品のリズムとしてアレはどーなん?。

特に、外国人のアンちゃんと邂逅してドラム缶にスケキヨ状態にしてバーニング!するところなんて、

後の怒濤の連続銃殺シーンが霞みかねないエグさがあったし。

あからさまに比較するのは良くないのはわかっていながらも書きますが…

『冷たい熱帯魚』での でんでんさんが演じた村田って、どーいう流れがあって夫婦であそこまでの怪物になったのかは触れてないじゃないですか?

何やようわからんからこそ、余計に怖かったと思うんですよね。

だからこそ、ハスミンの過去については吹越さんが黒板に一通り書いた後に場面が変わって、

『マック・ザ・ナイフ』をBGMにした、タラちゃんの『キルビル』か『愛と誠』の冒頭みたいな紙芝居風アニメーションで流す程度の扱いにして、生徒についてもっと掘り下げてほしかった。

『万が一ハスミンの過去に興味を持った方がおられましたから、原作をお読み下さい』

とマジック伊藤と三池監督がプロモーションの時にアピールするぐらいに留めといてほしかったですよ。

21c506e3.jpg


更に書けば、ハスミンの中には過去実在した連続猟奇殺人犯みたいに、

ハスミンにしか見えない、自分だけが信仰する神様が居た訳でもなく、

想像できる範囲内っちゃあ範囲内だったんやから…ねぇ。

次の不満。

あくまで三池監督の作品“なのに”という前置きをする必要がありますが、連続銃殺のシーンのバリエーションが少なかった、深みが足りなかった様に思う。

BGMこそ捻ってましたが、生徒達の殺され方に芸術性はほとんど無く、ハスミンに対する恐怖を表現する演技を最優先させていたのは

『あぁ、こーいう大量殺人のシーンの作り方もあるのか』

と感心はさせられましたけどね。

2fed4a3b.jpg


大体ですね。

予告編で、既に今作がどれだけ突き抜けているか?的な手のうち?を沢山見せていたんやから、

本編ならばもっともっと突き抜けているシーンを期待するでしょ、普通?

『クローズ』シリーズを観ていない僕の中で、三池監督のベスト作品は『十三人の刺客』なんですけど、

十三人〜ってホラ、稲垣ゴローちゃんが、今回のハスミンレベルのとんでもない暴君を演じていて、

しかも首チョンパされるというとんでもない殺され方をして『どっひゃー!?』ってなった訳じゃないですか?

そりゃ、首にナイフをぐさっ!こそありましたが、せめて一人ぐらいは首チョンパをして、

観る側の想像を上回るレベルの虐殺シーンを混ぜて隠し味にしても良かったのに、みたいな。

マネキン?の生首やら宇宙衛星&パイロットの模型やらアーチェリーとの対決なんて、そっち系の期待で胸が高まったので余計に不満が残った。

d97dcf12.jpg


どーせなら山田孝之のパンツのシーンをもう少し後ろにしとけばメリハリがついたのに(笑)

最後の不満。

それはエンディングとエンディングテーマ。

トゥービーコンテニュード…は、せめて?マークを付けて、観る側に嫌な余韻を残してほしかった。

二階堂ふみちゃんの白眼はかなりゾクゾクっときたけど、アレで霞んでしまった。

あとエンディングテーマ。あの世界観でEXILEは有り得ないよなぁ。

百歩譲ってEXILEは残すにしても、ソロで誰かがマック・ザ・ナイフをカヴアーする程度にしてほしかったなぁ…

それではこの文章の締めの一言を書きましょうかね。

クラスのみんな卒業おめでとう!

1d8f1351.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエント