こーなったら現在休止中の『世界の帯広』シリーズに代わる、当ブログの新たな定番記事にしてしまおう…

というノリで、今回はABCラジオ『浦川泰幸の劇場に行こう!』第2回目を聴いた感想を書いていきます。

45c10c0d.jpg

※PC版ホームページ

しょっぱなから結論を書けば。

最後まで聴いて、2回目にして早くも『ちょっとこれはまずいやろ…』と思ってしまった。

オンエア中に艦長が『これはこの後反省会ですね(苦笑)』と言っててもギャグには聞こえなかったし、実際反省会はやってたらしいし…

私的メインコーナーである、浦川アナが おは朝の芸能記者さんから『どんな方ですか!?』と問い合わせを受けた“自称映画評論家”縛りやトーマスさんの映画紹介コーナーは、

『つやのよる/ある愛に関わった、女たちの物語』と『ストロベリーナイト』の2本だった。

残念ながら、どーやらどちらもトーマスさんの好みではなかったっぽいのと、

『つやのよる』が行定監督作品という事で、トーマスさん(と僕もですが)の映画観に大きな影響を与えたセカチュウについてのトークをしようとしたのに、

浦川アナが『恋愛映画は嫌いです』と早い段階でカ…カテェ!なクギを刺したもんだから、

トーマスさんは無難な解説をしない方が盛り上がると判断したらしく(想像)軽くリミッターを外したら、僕の宗教〜のイベントばりにひっどい事を喋り続けたという…

ある意味、伝説の回に立ち会ってしまったかもしれない。

e6144068.jpg

ぶっちゃけた話、リアルタイムで聞いていた時は

(つやのよるについて)
『R指定なのにTシャツを着た阿部寛さんの乳首が透けてるシーンぐらいしかR指定されそうなところが無かった。

女優さんが脱ぐシーンの無い人間関係のドラマは、洋画でやってたらええんですよ』

(ストロベリーナイトについて)
『予告編では一瞬竹内結子の濡れ場みたいなシーンが映ってて期待したんですけど、濡れ場なのに濡れてないんですわ』

等、無茶苦茶言うてたのが非常に面白くて

『さすがトーマスさん、やりまんなー!』

と喜んでました。

ほんでもって、調子に乗って録音したのを聴き直してできるだけ文字起こしをしようとしたけど、

d96aeb3b.jpg


『ストロベリーナイト』の紹介なのに、似た系列の『アンフェア』の名前の方が多く出ていたのはさすがにちょっと引いた。今後も文字起こしは控える方向で(汗)

しかし『ストロベリーナイト』に関しては

最近の刑事ドラマのトレンド

―刑事
▲肇薀Ε淹ちの主人公
7抻‘睇瑤留職

と、ツッコミを入れるべきポイントは前もってツッコんだ上で無茶苦茶言うてたから『なるほどなぁ』とは思ったのも事実。

かたや『つやのよる』は、アベちゃんが『幻の湖』ばりに包丁にこだわる最初の5分間以降の内容はほとんど触れられなかったから、

もしかして浜村ネタバレありがとう淳さんみたいに爆睡しとったんちゃいますか!?

とは思ったけど…

まぁ、それはどっちでもええか(苦笑)

e44af757.jpg


とりあえず。

我らがトーマスさんが、今回の放送をきっかけに東宝&東映の作品の試写会から呼ばれなくなるのも洒落にならないので、

『お前何様やねん』と言われそうなアドバイスをするならば、

やっぱり、どれだけしょーもない映画だったとしても、良かったところは無理矢理にでも挙げとかななきゃまずいですよね。

挙げるだけ挙げときゃ、浦川アナとPatchがそれを膨らませてくれるでしょうし…ね。

良かったところが思いつかないならつかないで、その場合は竹内先生チックに

『僕は○○の大ファンですから!』

を言いまくって、その度に浦川アナからツッコまれるのを定番のパターンにして、

あげくの果てにそれを竹内先生ではなくトーマスさんの決め台詞にしてしまいましょう、いやマジで(笑)

ちなみに、他のコーナーについて…

さらば青春の光については詳しくないのでノーコメント。

ただ、放送2回目にしてメインの演劇ではなくお笑いライブの告知が入る辺りからして、ABCホールの現状はどーなんかなぁ、とは思いましたねぇ。

あまりにもアレだった利きコーラ企画についてはノーコメントで。あんなん放送作家さんがアカンでしょ…

今回はこんな感じで。それでは皆様、また来週!?

d5e182f2.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…