今回は、番組ノベルティのクリアファイルに何故かパッチの名前が載っていない、ABCラジオ『浦川泰幸の劇場に行こう!』の第8回を聴いた感想を書いていきます。

9099e921.jpg

45c10c0d.jpg

※PC版ホームページ



まずは、今週は米アカデミー賞の話題も

『●●だと思うでしょ?実は……●●なんですよ(笑)』

のフレーズも出なかった、縛りやトーマスさんの映画コーナーから振り返ります。

★映画ドラえもん のび太の ひみつ道具博物館(ミュージアム)

何でも、浦川アナをはじめとするテレ朝の系列局のアナウンサーの皆さんが、ゲスト声優として出演しているとか。

ddaa5cf7.jpg


地方局にある程度の額を出費させるだけさせて、興業収益に応じた見返りも出ない事もあるとかないとか…って酷い話も前に聞いた事があるだけに、

今回のテレ朝はアナウンサーさんの高級ホテルの宿泊代も出しくれただなんて良心的な話やなぁ〜、さすがドラえもんなだけに…なんて思った次第(笑)

そんな浦川アナの声優初挑戦リポートを重視した関係で(当たり前や)、

先日の『僕の宗教へようこそ』冒頭の掴みのトークで盛り上がっていた、綺麗な顔のジャイアンネタを喋るタイミングが無かったのはもったいなかったけど、

09e7be97.jpg


トーマスさんの“大きなおともだち”モードの解説は安心して聞いていられたのは印象に残りました。

いずれ紹介されるであろうクレヨンしんちゃんの新作の解説も期待できそう。

新作のドラえもんに関しては特に無し。

強いて書けば…

現代と未来を行き来する怪盗DXって聞いて、海援隊DXと、キン肉マン鏡い了間超人を思い出したのはここだけの話で(笑)

★相棒シリーズ X DAY

相棒の連ドラを観ていない僕から言わしゃあね(竹内義和先生口調)、

過去の踊る大捜査線のスピンオフシリーズの如く、スピンオフでも本編並みの莫大な興業収益までは目指さず、

水谷豊さんもあまり口を出さず作品のクオリティの高さを重視してるっぽい、相棒シリーズのスピンオフには好印象を持ったざますわよ。

パッと見は地味ざますけど、テレ朝と東映の姿勢は評価したいざますねぇ(笑)

5270988f.jpg


話は変わって。

ある意味お楽しみの、プラチナデータとひまわりと子犬の〜は次回取り上げるんですかね?

今回のトーマスさんの、いかにも映画紹介らしい映画紹介が、この2作品が題材になるとどう変わってくるかは楽しみです(爆)

ここからは、後半で放送された城田優の電話インタビューについて。

a1ca509d.jpg


役者さんによっては、モチベーションが低くなりそうな気がする、

舞台もミュージカルもあまり詳しくない男性アナウンサーとのトークながらも、

4Starsの紹介と後輩・パッチへのエールに関しては全くソツが無かった城田優の喋りは大したもんだ。

伊達にオールナイトニッポンの一部を任されてなかったんやろーなぁと思った。

しかし、ビジュアル以外の部分もソツが無いみたいなのに、何で歌手活動の時の名前がUWFでもないのに“U”だったり安田美沙子(一部自粛)

確実にツッコミを入れられる隙があるのは『何だかなぁ』とは思ったけど、そーいう事でバランスをとってるのか?みたいな感じ。

そんな城田優が、ミュージカル界では偉大な御三人さんと並んでいてもあまり違和感が無い舞台『4Stars』も皆様よろしくお願いします、ということで(笑)

552d6e6f.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…