今回は、DDTドラファン・リターンズで放送された、入江vs坂口のKO−D無差別級タイトル戦を観た感想を書いてみます。

486c10da.jpg


48de0b11.jpg


※PC版DDTホームページ



二人の、こんなの技じゃない!と言いたくなる攻防はですね。

これまでのKO−D戦とは違い いびつなものがあって、極端な話どちらも挑戦者の様にも見えましたが、ギクシャクした試合には見えなかった。

4c73092a.jpg


そして、内舘先生やないけどそんな いびつさでさえ徐々に美しく…

いや、あんだけゴツゴツしていたら美しくはなかったか(苦笑)

ちょっと訂正して…

そんな いびつさが徐々にカッコよく見えてきて、非常に面白かった。満足満足。

坂口について。

個人的には坂口のシングルマッチを観たのは初めてだったんですけど、

事前には、坂口にとっての大一番が故にこれまで秘めいた部分を開放して、

それこそ村上和成みたいな狂気性を全面に出すファイトスタイルをイメージしていたもんで、

cf9936a2.jpg


入江のパワーを警戒して冷静だった関係で、間合いを取りながら&自らのたたずまいで間を持たせつつ殺気を漂わせる試合をしていた事は驚かされた。

いやー、ライガーやないですが、こーいうナイフのチラつかせ方もなかなか良いですよね。

6cdfb45f.jpg


序盤、入江を場外に落としてリングに上がろうとしたところを蹴飛ばして、またリング下に落とすのを繰り返すところなんて、

格の違いをアピールしようとしている様に見えてゾクゾクっときたし、

オープンフィンガーグローブ無しでも、要所要所で拳で入江を殴りにいってたところ…

特に、コーナーからスワンダイブをしてブン殴ったシーンなんて、坂口なりの華の部分を感じてしまい声を出してしまった。

e3426294.jpg


もしかしたら坂口って、DDTに本格参戦する前に、村上なり光留なりIGFの試合なりを観て、

総合からプロレスにスライドしてきた選手と、やる事が被らないオリジナルのスタイルを研究していたのか?

それとも、そーいうアドバイスをしてくれる人が周りにいたのか?試合が終わってから気になってしまった。

実際どうかはわかりませんが、シングルでは初めての大一番で他の選手との違いをアピールできたのは大したもんですよね、うん。

7386c7dd.jpg


この無差別級戦の後の坂口は光留とタッグを結成するみたいですが、

光留と坂口との“動と静”のギャップは観ていて面白くなるんじゃないでしょうか。

楽しみです…って、HARASHIMAはともかくウラノが絡むんやから、そんなこっちの想像通りには行く訳ないわなぁ。どーなる事やら。

9a7cbcba.jpg


かたや入江。

ケニー戦同様に序盤は絵に描いた様に押されっぱなしでしたが、

三角締めを狙ってきた?坂口を、あっという間に持ち上げてパワーボムっぽく叩き付けてペースを奪い、

終盤には胴締めスリーパーを狙う坂口に死んだふりを見せた後に、

ファイアーサンダーで切り返すという無茶な一面を見せて、

ケニー戦では不十分になってしまった『相手とのパワーの違いを見せつける』事と『豪快さ』を見せる事が、この坂口戦では存分にアピールできた点は高評価しなきゃいけませんね。

bd20765f.jpg


まだ若いんやから、本来の王者らしさを見せる事は後回しにして、その代わりにここ最近の無差別級王者と違う一面を見せれたら十分OKでしょう。

しかし、ケニーと同じぐらいパワーがあって、ケニーよりも豪快…

というか無茶苦茶な飯伏を挑戦者に迎える次の防衛戦は、入江にとっては正に正念場になるんやろーなぁ。

78b10791.jpg


飯伏も好きやけど、底を見せていない入江にはまだまだ防衛し続けてほしい。

でも、今の入江に飯伏から勝つのを求めるのって、正直まだきつそうやなぁ…

入江が勝ちパターンまで持っていくまでに、飯伏の無茶苦茶さに飲み込まれそうというか…

それでも頑張れよ、入江!

ニラっちやないけど、こっちも入江が不利に見える部分を“想像力で補う”から、という事で(笑)

7e1d9a85.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…