月曜日に行われた、スターダム・両国国技館大会のサムライ中継を観た感想を…

6e0ecd96.jpg

d0a2fe3a.jpg


※PC版スポナビより

※須山伯爵のブログより

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…




来週末の小橋建太のにも負けないであろう盛大さで、泣き笑いの繰り返しだった ゆずポンの引退セレモニーの心地好さと、

両国の規模の大舞台に上がる程の力量が無い事を露呈した“だけ”に終わった、スターダム所属のキャリアが短い選手達の試合とのギャップが有り過ぎて、

近年まれに見ぬ絶望感があって、もう…ねぇ。

ロッシー氏の事は普段から印象は最悪レベルですが、この現実とガラガラだったらしい客席を見ても危機感を持って無いコメントを読めば、輪をかけて印象が悪くなり気分悪いですよね…

013b4a76.jpg


僕の中でのベストバウトは、ナナエ氏の出た6人タッグ。面白かったなぁ〜。

眼窩底骨折があっての強行出場には思えないぐらいのハッスルっぷりと、キャラの強い相手チームの3人にも負けない存在感のデカさは、

ナナエ氏の印象があまりよろしくない僕から観ても認めざるを得ない。

また、エスカレーター式ドロップキックを筆頭にした、藤本つっかの脇役としてのオイしいところの持っていき方は感心したなぁ。

4e531062.jpg


事前には当然の様に(?)一番注目していた近藤については、

3人ひとまとめ…しかも先頭の入場だった事で、彼女の見せ場のひとつである入場時の“溜め”が魅せれなかったのは残念。

その後の試合も、格闘技寄りの選手だというだけで対長野要因に据えられていたのが伝わってきたのは、もったいなかった。

ナナエ氏の視界には入っていたみたいやけど、手負いのナナエ氏の顔面を狙いにいく訳にもいかんもんなぁ。

長野は途中からほったらかしにして、今のアイスでは志田よりは試合でスゥイングしそうで、尚且つTAJIRIの視界には入っていない藤本つっかとの意表をついたストーリーが始まりそうなきっかけにすりゃあ良かったのに…(笑)

53a279b5.jpg


他の試合。

タッグ選手権は、ただでさえ力量差が有り過ぎるのに、

それを補うネタ(今回ならば仲間割れと同士討ちとかがベターかな?)が無いまま下手なクイックで番狂わせを表現してしまった上に、歌のコーナーというオマケが付いてきて、無茶苦茶不快だった。

スターダムのファンってこんなレベルな試合とパフォーマンスでも喜べるものなのか?

と要らん事も考えたし、

スターダム側から提示されたブックをこれまた安易に引き受けたっぽい木村も含めて、

こんな事をやってるから女子プロレス業界は ゆずポンの存在感が突き抜けてしまうんやろ?

と思ってしまった。

cd974037.jpg


肩書き上のメインのイオvsフィーメルにしても、びびるぐらいの体格差があって、

その体格差を補う切り札としては申し分がなかったイオのムーンサルトフットスタンプがフィニッシュにはならず…

しかも、それを出す素振りも見せなかったのは、悪い意味で衝撃的だった。打ち合わせでフィーメルが受けるのを嫌がったんかなぁ。残念。

ほんでもってフィニッシュは、イオがエンドレスでフィーメルの頭を蹴りまくり、

フィニッシュになる予定だったと思われるアピール後のローリングソバットの当たりが弱かったもんだから、

7202e485.jpg


嫌な間が空いた末に、イオがまたフィーメルを蹴り続けて、もう一回ローリングソバットを放ってそれでカウント3!

タッグ選手権よりは説得力はあったけど、そら無いわって話で。こんなフィニッシュなら、勝つのがイオである必要がないし…

話はちょっと逸れて。

近年のプロレス界には棚橋みたいな例もあるにはありますから、論外とどーのこーのがあっても ゆずポンが居なくなった後のスターダムがイオをプッシュしていく事は、僕は否定はしません。

スポンサーがどう思うかはわからんけど。

でも、あの当時の新日本は棚橋をプッシュするのと同時に、会社全体が棚橋と心中するぐらい腹を括っていていたからこそ新日本が盛り返せた訳であって、

逆にスターダムは、この日のイオの試合を観て、スターダムの会社全体がイオと心中するなんて事は無いんやろーなぁ、とか考えてしまった…

a1535818.jpg


ゆずポンの引退試合について。

まずは、ゆずポンについては他の方のブログとかをお読み下さい。

あくまで女子プロレス業界全体ではなかったのは残念やけど…

スターダムへの究極レベルの貢献度の高さと東スポ等のマスコミへの巻き込み方を見たら、あれだけ盛大に送りだされるに見合うプロレスラー人生だった事は間違いないでしょう。

彼女がこだわる“グラレスラー”という、プロレス村の内と外の両方からの偏見と闘い続けた生き方が、彼女一人だけのものになりそうなのも、それはそれでプロレスファンはリスペクトしなきゃいけないと思うし…

とりあえずプロレスへの復帰はしないでね、という事で。おつかれさまでした(一礼)

05cfe14c.jpg


世幻廚呂任垢諭

ベタですが、まだ10代ながらも安易に大技に頼らない試合がしっかりとできていたり、そのキャラの完成度の半端でない高さから考えてみれば、

早かれ遅かれスターダムから離れて、ダンプ・ブル・アジャ級の世間にも届くトップヒールになっていく筈。

その、できるだけ壮大なものになってほしい世幻廚離汽セスストーリーから見れば、ゆずポンの最後を看取ったのはそこまで大きな出来事ではない…

と思いたいですね。頑張ってほしいなぁ…

最後に。

マイミクさんの日記にコメントしたスターダムへのイチャモンをそのまんま書きますが、

永遠の噛み噛みリングアナ・自分大好きの ふうか氏は仕方ないとして、

それ以外のこの日リングアナの皆さん(今井さんも含む)が、

選手紹介時にニックネームだけではなくいちいち短めの前向上を言っていくのは、うっとおしかったですね。

千歩譲って前座ならそれも有りかもしれませんが、選手入場前に煽りVTRが流れた試合でもいちいち言うのって、かえってお客さんに対して失礼なんちゃうかなぁ…

今回は、こんな感じで。以上。

291747af.jpg