今回は、テレ朝チャンネル2中継で、新日本プロレスのスーパージュニア最終戦の決勝トーナメントを観た感想を書いていきます。

5416dea1.jpg


8133018c.jpg


※PC版新日本プロレスホームページ

※多重ロマンチックさんより



まずは、デヴィちゃんについて僕の本音を書けばですね。

ただでさえ現王者の全勝優勝による“勝ち逃げ”に加えて、

結果的にはジュニアのリーグ戦がバレットクラブと棚橋との本格的な抗争との序章になった日にゃあ、新日本所属のジュニアはたまらんやろなぁ〜とは思いますね。

もちろんシェリーのブレイクという副産物はありましたが、田口の負傷欠場ありきなので一過性のものになりそうな気はする。

やっぱり、デヴィちゃんをジュニアから卒業させるならば、セコンドとデヴィちゃんの同士打ちキッカケの大逆転!の形で誰かに星を譲ってからにすべきでした。

8804e3be.jpg


しかし、デヴィちゃんがまだベルトを返上せずにジュニア戦線にも留まるならば…

って、そのニーズが今の新日本のファンの中にあるかどうかは別にして…

今大会のバッドエンド自体は有りなんじゃないすかね。

興行終了直後にはTwitterのタイムラインに不満の声が複数上がっていたから、どれぐらい無茶苦茶やっていたのかと思ったら、別にフィニッシュシーンにセコンドが介入した訳でもないから、

『ヒールと腹を括ってるならば、そりゃこれぐらいはやるやろーね』

というレベルだった。

猪木が追放されるまでの新日本では、もっとロクでもないバッドエンドも複数あった訳ですし、

バッドエンドとしての後味の悪さなり選手の感情のリアルさで言うならば、

全日本プロレスの現在進行形の誰も得をしないゴタゴタと比べたら甘い甘い(爆)

よって、ファンはそこまで過剰に反応しなくてもいいのに…という事で。

6bfb9299.jpg


あと思ったのは、反則の内容がケイオスや鈴木軍とは極力被らない様にしつつ、バレットクラブがケイオスや鈴木軍と同列になる様に…

と新日本側が気を遣っていた印象。

参加選手が横一線に近い状態なる様にと気配りをしているリーグ戦の星勘定や、選手の番付・ポジションの据え方だけではなく、

そこら辺のパワーバランスの取り方も、今の新日本の躍進に繋がってるんでしょうね、多分。

だってほら、もし新日本側がバレットクラブを反体制ユニットとして一番格上扱いしたかったならば、

決勝戦に関してはセコンド同士が派手にやりあって収集がつかなくなった時点で、

海野さんが無効試合で一旦ゴングを鳴らして場内を騒然とさせて、各媒体が

『暴動寸前!』

という見出しを付けやすい状態にしてギリギリまで引っ張って、菅林社長なりライガーが強権発動した上でセコンドを退場させて再試合を命じさせますよね。

それで結果的にはバッドエンドにして、バレットクラブの存在感を一気に高める…と。

9b1f45d2.jpg


僕ならばそこまでの絵は描きますし、そーいうのを一回ぐらいは観たかったですよ(無理無理)

もっとも。

パワーバランス云々とは別に、来日時は寮暮らしもOKの優良外国人グループ・バレットクラブがプッシュされる間は、

バレットクラブの面々よりは大分ギャラが高いであろう助っ人外国人に頼る事が多い鈴木軍がフェードアウトする可能性もあるんでしょうけど…ね。

ところで。

メイン終了後の表彰式まで見終えてからバレットクラブについて、僕が思った事を書けばですね。

ケイオスなり鈴木軍以外のヒール寄りのユニットとして僕の頭に浮かんだ、闘龍門ジャパンにおける初代M2Kだったり、全日本におけるブーブーモーモーズ…

また、外国人ユニットとして頭に浮かんだ全日本のRO&D。

これらと比べてバレットクラブは、日本語での煽りやアピールができないじゃないですか?

94709bd6.jpg


一応デヴィちゃんがマイクで棚橋を挑発してはいましたが前記のユニットと比べたら…ね。

冒頭にリンクを貼った多重ロマンチックさんの記事を読めばですね。

長年レギュラーを確保する優良外国人が故のジェラシーが溜まりに溜まって、今回こーいう形で爆発した事は伝わってくるのですが、

通訳がいないと、バレットクラブの本質みたいなもの(?)が観客に伝わりきらないというハンデ…

特に、地方興行を観戦する いちげんさんのお客さんに対しては結構なハンデな様に思う。

そこら辺を今後どうしていくのか?はたまたそこら辺はスルーして、ただただ徹底的に無茶苦茶やっていくのか?は個人的には興味深いんですよね。

万が一、鈴木軍が本格的にフェードアウトするならば、観客の煽り役としてTAKAさんを引き抜けばいいのに(苦笑)

84dba2be.jpg

…あっ、そうだ。

TAKAさんについてまだ書いてなかった!

ここからはTAKAさんについて書きます。

じゃーりん(笑)に敗れてリーグ戦敗退が決まった直後の凹みまくりのツイートが心に響いたのに加えて、

まさかの田口の欠場発表→代打としてTAKAさんが繰り上がりが、新日本のホームページ&Twitterで発表された時、

TAKAさん本人はMIYAWAKIの結婚式に出席する為大阪に居たという…

何だこのギャップは(笑)

このドラマチックさだけでも満足できたのに、ほとんどぶっつけ本番に近い状態でおこなわれたであろうシェリー戦の中身の濃さったらもうシビれたよなぁ。

80eed2b7.jpg


序盤に足を負傷したかの様な三味線をやって観客とシェリーを困惑させて、

その直後は逆にシェリーが場外で足を痛めたのをキッカケにして、足への一点集中攻撃でがっちりペースを握り、

とどめの みちドラ兇帽圓海Δ箸靴燭蕁空中でシェリーにDDTに切り返されて頭からリングに突っ込んで、それが実質的なフィニッシュになって惜敗。

ほんでもって退場時には、不満と満足感が絶妙のバランスで入り混じった何とも言えない…

様に見える表情で退場していくTAKAさん。

いやぁ、カッコ良かったなぁ〜

新日本は、またいつの日かTAKAさんにチャンスを与えてほしいものです、はい。

今回はこんな感じで。ワハハハハ!

a8433327.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…