今回は、ローランド・エメリッヒ監督の映画『ホワイトハウス・ダウン』を観てきた感想を書いていきましょう。

警護は遊びじゃないと伝えた方がいい…

22a0471f.jpg


※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫



当然の様に6月に公開された『エンド・オブ・ホワイトハウス』と比較をしながら観た訳ですが、

クライムムービーとしては、序盤のホワイトハウス襲撃シーンとそれ以降のストーリーのギャップは大き過ぎたものの、

大統領からオリンポスコードを聞き出すまでの緊張感が良かったエンドオブが快勝。

ダウンはバカ映画…

e3a292d9.jpg


とまでは言い過ぎか。訂正。

事前には聞いてましたが建物の内部からの占拠作戦が始まるまでが思ったよりも長く感じたけど、

それ以降はアクション映画ではありがちな様々なイベントが てんこ盛りだったダウンが、

エンターテイメントとしては圧倒、といったところでしょうか。

エンドオブも大概ツッコミどころがありましたが、ダウンは輪をかけてツッコミどころが満載。しかもエンドオブでは少なかったギャグも満載。

されど、規模としては大きい筈のイベントが、矢継ぎ早に・これでもか!こいつめこいつめ!な勢いで繰り出されていく内に感覚が麻痺していって、

犯人グループがアメリカ人オンリーな事もあり、何となくそこまで大きな規模の話でない様に見えていき、

序盤の伏線の張り方と終盤の回収の仕方が、実はそこそこしっかりしている事には後から気が付くという(笑)

個人的には、エンドオブでは随分あっさり扱われていた父と子の絆が重要なポイントになっていて、

911の事をよく知りながらも、ホワイトハウスが襲撃されるテロを“お祭り”の域に昇華させてしまった、エメリッヒ監督の強引さに軍配をあげたいところですね。

885b1caf.jpg


エアフォースワンがミサイルで撃ち落とされるシーンなんて、あたかもお祭りにおける花火に見えてしまったし(大袈裟)

ただ…

幾らハリウッドでも、今後はこんな短いスパンで似た様な大作が連続して上映される事態は回避する様に努力して下さいね、ということで…

ここからは、ダウンの話オンリーで。

僕がダウンで一番印象に残ったのはですね。

本来ならば目玉になるべきホワイトハウスが襲撃されるところに関しては、

エンドオブでの短期決戦一気に魅せられて、その衝撃度合いがいまいちに見えた事もあり…

娘・エミリーの暴走っぷりになるでしょうか。

ちなみに二番目は、主人公・ケイルと大統領の小粋な台詞のやりとりですが、これについては、活字じゃあまり伝わらないから割愛しときます。

とにかくあんな調子やったら、いっそのこと娘を主人公にするか、ポスターやチラシのデザインをですね、

エンドオブのアメリカ版みたいに、チャイニング・テイタムとジェイミー・フォックスと3人体制にしといても良かったのに、みたいな(苦笑)

d0bedc14.jpg


そこそこ長い間ブログを細々とやっている者としては、面接のシーンの

『ブログは死語なんだろ?』

のやりとりは正直カチンときましたが(苦笑)

政治マニアの部分と、スマホ片手にパパラッチか?とツッコみたくなるぐらいテロリストを追っかけて、

画像ならばまだ有りですがユーチューブに命がけで動画をUPしまいイカれてるぐらいに積極的な部分が同居していて、

本来ならば うっとーしいんじゃ!ってなるぐらいなのに、

題名にもした旗降りシーンで感動させられた挙げ句、文句なしの英雄になってしまったし…

この強引さにはエメリッヒ監督にしてやられた。この点は認めましょう(笑)

d65995c7.jpg


その逆に。

娘が無茶苦茶だった事で、事前には『ジャンゴ』並みの大活躍を期待していたジェイミー・フォックスが案外…

だったのは残念だった。

大統領に見える・見えない以前に。

大統領という肩書きが、

エア・ジョーダンやゾンビ映画やミサイルランチャーやヘソピアス等の各種小ネタを際立たせる前振りどまりになってましたよね。

あれに関してはどうか?と思った。

『あらゆる敬意をこめて君に言う(後略)』

の時みたいにテロリストに毒づくシーンが他にもあれば、大分印象は違ったんでしょうけど…

もったいないなぁ。

エメリッヒ監督的にはID4の一作目と今後上映される続編では、大統領を今作における娘以上に暴走する設定にしているから、バランスをとったのかも知れませんが、果たして…

0a96e6a0.jpg


最後に、今作で披露された数々のギャグの中で一番笑えた…というか好きなのは、

テログループの現場のリーダー・ウォーカーの奥さんが、ウォーカーを説得する為に呼ばれたのに、あっさりウォーカーに賛同してしまうところでしょうか。

ちなみに二番目は、大統領の肩書きと核のスイッチが次々に移動していくところですが、これについては割愛します(爆)

あのブラックというかシュールな展開は、邦画のクライムムービーではまず有り得ないから、吉本新喜劇ばりにこけそうになりました(笑)

それでは今回はこんな感じで終わりますかね。

リンカーンが2発目も受けてくれた…

bc3d3729.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…