今回もテレビドラマネタをひとつ。フジテレビ『海の上の診療所』第1話を観た感想を…

ab9b8039.jpg

※公式ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫



まずは観たきっかけから。

僕の場合は、瀬戸内海の島々でロケをしていて、あまちゃんの南部ダイバー先輩と副駅長さんが出ているという予備知識のみで録画をして観ました。

それで率直な感想を書けば、

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

の諺じゃないけど、

ベースはDr.コトー・キャストは あまちゃん・各エピソードのオチは男はつらいよ・次回予告は何故か探偵物語…

みたいな感じか?

話の途中、船で緊急手術をするまではこれってまさか鶴瓶師匠の『ディア・ドクター』みたいな無免許医師の疑いも要素も追加されるのか?とまで思ったぐらい。

10802253.jpg


コメディの色を強くしたDr.コトーがベースながらも、いろいろな人気ドラマ等の要素を恥ずかしげも躊躇も無くブチ込んでいた印象。

この薄気味悪さは悪い意味でさすがフジテレビ。

大体、瀬戸内海の島々ではなくまさかのマリンライナーからストーリーが始まったのはコケそうになったなぁ(苦笑)

瀬戸内海の風景を免罪符扱いにしてなければ、何回も『どないやねんこれ?』とツッコミを入れてしまうドラマではありましたね。

でも、Dr.コトーみたいなあからさまに泣かせようとするエピソードは期待せず、ハナからハードルを下げて観れば“まぁまぁ面白かった”んじゃないすかね?

確実に過疎&高齢化が進む瀬戸内海の各島に、あそこまで美しくて方言もきつくないマドンナがそんな何人も居る訳がない…

みたいなツッコむ隙が今後更に増えてくるんでしょうけど、個人的に男はつらいよ的オチは嫌いではないし(笑)

200f30b8.jpg


ついでに書けば、放送期間中に瀬戸内海国際芸術祭が終了する事を考慮すれば、観光の部分で あまちゃんチックな町おこしの効果も期待してええのかなぁ?

まぁ、島巡りをする方が増えたら増えたで確実にデメリットもあるから、手放しで喜ぶ訳にもいかんけど…

リーガルハイみたいに“たぎる”事は間違いなく無いけど、

ひょっとしたら庵治町(そもそも島じゃないけど)でもロケをするかも知れないという一縷の望を勝手に抱きながら、一応最後まで観てみましょうかね?ということで。

ここからは役者さん達について。

06de5e3a.jpg


松田翔太くんは微妙やったかな?

軽いキャラは気にならなかったけど、医者の新人ならばまだしも既にキャリアがあるお医者さんと言われてしまうと、見た目の若さとのバランスがちょっと…

前記のディア・ドクターやないけど、コータ先生の年齢が29歳という設定も考えたら瑛太で良かったと思うなぁ。

今後コータ先生の重い過去が明るみになって、更にこの違和感が強くならない事を祈るばかりです。

武井咲は…元ヤンキーという役のリアリティーについてはノーコメントにするとして(笑)とりあえずツッコミ用のスリッパを常備してるのはやり過ぎですね。

でも、今クールは別枠のドラマで剛力さんも出てるんやし、せいぜい負けない様に頑張って下さいや〜ということで。

『海の上の診療所』を次にいつ取り上げるはわかりませんが、また今度。

b692d576.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…