今回は、先週の競馬・菊花賞のレース回顧を書いていきましょう。

dde4cac6.jpg


4d400f5d.jpg




エピファネイアの力が、想像以上に他馬よりも抜けていたという話を不動の軸にせざるを得ない、全体としては振り返りにくいレースやったなぁ。

エピファネイアに関しては、ユーイチが言うところの『牧場・厩舎が協力してこの馬が3000mを持つような走りに変えた』上で万全の体調に仕上げてきて、

そんなエピファネイアをユーイチが手の内に入れていた事に尽きるんでしょうね。

着差がアレでしたから、あまりにも話が上手く出来過ぎている様にも思ったユーイチの牡馬クラシック初制覇ですが、

よくよく考えてみれば武豊のスペシャルウイークによる日本ダービー初制覇もぶっちぎりの着差だったので、

最新のものでは京都5Rの落馬も含めて散々苦労してきた分、それが報われる時は案外呆気なく思ってしまうものなのかも、みたいな感じです。

ea96ee27.jpg


話はエピファネイアに戻って。

少し汗は書いてましたが、返し馬からしてあれだけ落ち着いていたからこそ、1回目の坂の下りも何とかユーイチが我慢させれたんでしょうし、

スタンド前でも上手い事ネコタイショウの後ろにつけれたんでしょうし、

スタンドを通過してからはいつでも先頭に立てる様な位置どりも可能にしたスタートダッシュは、何より見事だった。

僕の中では昨秋のルーラーシップといいデニムアンドルビーといい、角居厩舎のOP馬は『何で皆ゲートが下手なんや!?』というイメージがあったので余計に…ね。

6bf1c710.jpg


変な話、神戸新聞杯の時点では『秋2走目は菊花賞と天皇賞(秋)の両睨み』と報じられていて、

レース後菊花賞参戦の発表まで何日か間が空きましたが、結果よりもまずスタートダッシュを見てどちらにするかを判断するつもりだったのか?と疑ってしまうぐらい。

この文章を書いている時点でエピファネイアのジャパンカップ参戦の正式発表はされていませんが、もちろん楽しみにはなりますよね。

もしこれでジャパンカップで出遅れたり道中不利を受けたりしたら、メジロマックイーンばりに関東の競馬場での相性が悪いとしか思えない(苦笑)

また今回の馬場であっても好時計で勝てたとなると、白井師のコメント通りに海外の馬場でも何とかなるんじゃないすかね。

菊花賞のレース内容以前にあの血統だから、早かれ遅かれ海外遠征には行くんでしょうけど、

極端な話、来春は天皇賞(春)に向かっても相手関係からして何とかなりそうなだけに、角居師はどのレースを狙うかは慎重に決めてほしいです。

6040c383.jpg


他の馬…サトノノブレスにしてもバンデにしてもネコタイショウにしても、

春と秋とで面子が変わってしまった上に菊花賞があの馬場だっただけに、

次走を見てみないと現3歳世代の牡馬の全体のレベルの高さがどーこうを語るのは怖い気がする。

そりゃ、クラシックの勝ち馬3頭は間違いなく強いとしても…

自分でレースが作れて、勝った時のパフォーマンスが印象に残りやすい馬だからこそ、

バンデと松田大作には今後も頑張ってほしいけど、G景佞蠅世箸いにも過剰人気を背負いそうだし、どーなる事やら?

fd0769f4.jpg


マジェスティハーツは、多分馬場状態は関係なく武豊はあの戦法で行ってたと思うので特にどーこうは無い…かな。

またしてもあーいう枠に入るんやから運は無いんでしょうけど。

武豊はトウケイヘイローで思いきり逃げて『中央GIでは自身初の逃げ切り勝ち』を、何かと因縁がある天皇賞(秋)で達成して下さい、ということで。

しかし今週は台風の影響をモロに受けそうですね。

個人的に、天皇賞(秋)は久々に実馬券を買うつもりでしたから、

予想っぽい事を書いてこの文章を締めたかったのですが、現時点では白紙・保留という事で。

昨夜のMIKAMIさんのブログのコメント欄にも書いてきましたが、

日本ダービーの時には『関東馬なのに早々に府中に輸送する』奇襲策が不発に終わった藤沢和厩舎の2頭が、

離れた3着っぽいヒモ穴として馬券に絡んできそうやから買い目は増えそうやなぁ、とは思ってましたが…とにかく、全馬無事にレースを終えてほしいものですね。

ae67268a.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…