今回は、先日観てきた映画『上京ものがたり』を観た感想を書いていきましょう。

じゃあ代わりにケツ揉んでやる!

e73675d1.jpg

※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫


以前森岡監督が担当した『女の子ものがたり』や原作をチェックしていなかった事もあって、

事前に想像していた以上に女性向けの、かつ前向きなきれいな映画に感じた。

少なくとも野郎が一人で観に行く映画ではなかったな、うん。

大体、映画のキャッチコピーである

・人気漫画家 西原理恵子の原点を完全実写化

・夢を追うすべての人におくる、人生応援ムービー

の2つの文章が並ぶ時点で、結構なミスマッチもええとこやし。

大体オーラスの台詞の

『大嫌いだった東京にありがとう』

なんて、りえぞお先生が脚本をチェックしていたら、簡単には『大嫌いだった』と過去形にはしないと思うし、

例外もあるんでしょうけど、夢を追う人の人生なんて応援しないであろうスタンスの りえぞお先生の原点なんて、夢を追う人は見ちゃいけない(笑)

それだけならまだしも、西原りえぞお先生の作品でストーリーにメリハリを付けるスパイス(?)になる筈の暴行シーンが、

良介が酒瓶でぶん殴られて病院送りになるところぐらいだったり、

ff9ad0e1.jpg


高知時代も含めて菜覩美にまつわる金絡みのエピソードが幾つも描かれながらも、

菜覩美自身の金に対する執着心が前面に出ていなかったりという点には違和感がありましたね。

もし、金角・銀角チックな男性の登場人物があと何人かいたら、もうちょっと違う味わいがある青春映画になっていたかも知れないだけに、もったいなかったかもしれない。

“死ぬこと”をどれもふわ〜っと描いていたのは良かったと思うけど。

しかし、そこら辺の違和感に関しては、パンフレットに掲載されていた森岡監督のインタビューに書かれていた

[媛陲離ャラクターは原作では1ページしか登場しない男の子のバックボーンを膨らませた

⊃畧磴麓磴して亡くなった森岡監督の先輩がモデル

という下りを読んだら、まぁ納得はできた…かな。

りえぞお先生の世界には、読書家って訳でもないのに、どっかの文学からいっちょ噛みした様な言葉を菜覩美に投げ掛けるヒモ・プータローなんてなかなか居ないやろーし、

りえぞお先生の世界には、吹雪みたいな逞しさと病弱さが同居する女性なんてなかなか居ないやろーし。

9c53582f.jpg


そうそう。

りえぞお先生本人が、エレベーターおばちゃんとしてこれまでの自らの作品が映画化された時以上に“らしさ”と存在感をアピールした後に、

出版社で打ちきりを通告されてうちひしがれる菜覩美に激を飛ばすキャラに対して、

いやらしく『ハラニシ エリコ』っていう りえぞお先生をモデルにした(様にしか思えない)名前を付ける訳がないやろって話で(爆)

映画では重要なポジションにいる登場人物が原作には出てこないという時点で、僕が森岡監督の話の膨らませ方にノレる訳が無い。

そら絶対違和感あるわ、みたいな(苦笑)

でも、今作はりえぞお先生の世界観の解釈の仕方の別パターン…と割りきれば

『まぁ、これはこれで有りなんじゃないすかね』

という一言でまとめれる作品だったんじゃないでしょうか。

仮に全国規模でリサーチをした場合、肝心の女性客がどれぐらい居たのかは気にはちょっとなりますが…

63f9acfe.jpg


今作で僕が一番良かったかな?と思ったのは、北乃きいちゃんになるかな、と。

事務所の力があまり強くないからか?

男性との交際が大々的に報じられてネットでボロカスに書かれながらも、女優さんをやっているというメンタル面の強さと、

ハングリー精神に溢れていたであろう若き日の りえぞお先生のキャラや台詞は程よくハマッていた様に思った。

高校生の頃を演じても違和感が無かったのもあるし、脚本面で森岡監督が彼女に気を遣っていたっぽい影響も大きいのかなぁ…

万が一、何らかの機会があってその後の りえぞお先生も彼女が演じるならばアクの強さがまだ足りないと思いますが、これならば十分でしょう。

それ以外の役者さんもまぁ頑張ってたんじゃないすかね。

共演の池松くんは、ヒモ&プータローの役なのに、岸部一徳さんの岸部シローさんを彷彿とさせるろくでなしっぷりと比べたらまだまだ甘かったし、

どっかの文学からいっちょ噛みした様な言葉を使う以外は思ったよりもパッとしなかったけど、猫絡みのシーンは良かったですし…ね。

う〜ん。

僕が最近観た映画としては『エリジウム』並みにボロカスに書いてしまった気はしますが、

りえぞお先生関連の映画ならば、鴨ちゃんの酔いがさめたら〜よりはまだマシでしたよ、と書いてこの文章を締めさせていただきます。

毎日毎日私の悪口を聞いてくれてありがとう…

2b9955fe.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…