今回は、水曜どうでしょう2013年最新作の“序章としか言い様がない”第一〜三夜までを観た感想を書いていきましょう。

…いかがでしたか?

まぁまぁ!

d44130b3.jpg

5aa25ac7.jpg


※公式ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫



HTBが、一体どんな交渉をして大泉先生のスケジュールを12日間も押さえる事ができたのかが不思議な久々の海外ロケは『初めてのアフリカ』編ですか。

一応、サファリと ンゴロンゴロ保全地域に行って5大・大型動物に会おう!的なテーマはあるみたいですが…

e86bfa78.jpg


と前置きをして書けば、それが緩く発表されたのが第3夜で、

それまではナイロビに着いていきなり集団で散髪をして、

それとは別に作務衣以下新グッズの紹介をしながら、大泉先生と藤村Dがお互い愚痴を言いつつダラダラしてるだけという、

他の民放のバラエティー制作会社が羨ましがりそうななかなか香ばしい展開。

予告編でのスケールのデカさが早々にかき消されたのも凄い(笑)

良くも悪くも似た映像が多く、御二人の各種コスプレも苦肉の策にしか見えなかった原付日本列島制覇編より、ビジュアル的に数段楽しめそう。

ea26cf4d.jpg


だってほら。

僕自身が大泉先生と同年代なもので それなりにええ歳になってしまうと、

昔放送されていた『野生の王国』であるとか、最近ならば福山雅治さんによる『ホットスポット・最後の楽園』なんかの、

野生動物がこれでもか!の勢いで出てくる番組を敢えて録画してまで観ようという気にはなかなかならないもので、

次回以降アフリカ編が本章に突入して、高画質のテレビでアフリカの広大な自然と、野生動物BIG5が水どう軍団を襲…

もとい、一直線頭になった水どう軍団と接近遭遇する野生動物BIG5の姿を観たら、

これまでの水どうでは味わった事が無い様な興奮があるかもしれないですね(笑)

7d1dd869.jpg


ここからは、そんなアフリカ編の第3夜までの段階で僕が印象に残った事を幾つか書きますと。

まずは、東アフリカの現地在住の方があまり面白くないところでしょうか。

男性の髪型のパターンが限りなく少ない事と関係があるのでしょうか、みたいな(爆)

アフリカの方が、皆が皆サンコンさんやボビーみたいなハイテンションな訳ではないんやなぁ…

と変に納得させられました(注・2人とも出身は西アフリカ)

第三夜で水どう軍団に近づいてきた、たまたま原付日本列島制覇編を観ていたタンザニアのリッキーとか偽藤村Dなんかはポイントが高かったけど、レギュラーメンバーな訳じゃないでしょうし…

もちろん、現代のアフリカにジャイアント・キマラ(プロレスラー)的な方が居ないのはわかってましたし、

アフリカに限らずその点に関してはそーいうもんなんでしょうけど、

ピートといいニャンさんといいロビンソンといい、水どうは事前にオーディションをしてたんとちゃうか?と疑ってしまうぐらいに現地の人の“引き”が強くて、

観る前に勝手にハードルを高くしていたから、スカされた感がある。

この点に関しては不安材料に挙げておきますかね…

d8737b0f.jpg


次に印象に残ったのは、鈴井さんが太っていたところ。顔が真ん丸になってたもんなぁ(笑)

どうでしょう祭りの映像だとそんなに気にならなかったので、普通にダイエットをしたんだとは思いますが、

体制側だか反体制側だかは知ったこっちゃないけど、あまり酒は飲み過ぎないでほしいものですね。

さてさて。

今回のアフリカ編が12週ワンクールで収まるのか否かは藤村Dのみが知るところですが、

大泉先生が本の宣伝をする時のテンションが徐々にクールダウンする事を密かに願いつつ、最後まで楽しませていただきますかね…

3fdad6a8.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…