今回は、DDT 11・4大阪大会のサムライ中継を観た感想を書いていきましょう…

70c8ae46.jpg

e7aff3e4.jpg


※PC版DDTホームページ



タッグの3WAY戦→6人タッグのタイトル戦を受けておこなわれたメインは、HARASHIMAvsアントンのトリプルタイトル戦。

映画にのめりこんでプロレスにたどり着いたアントンの歴史を振り返る煽りVTRは良かったけど、試合は事前に想像していたよりもHARASHIMAの横綱相撲になっていたかなぁ、と。

単に興行のバランスなのかも知れないけど、セミ前とセミが面白かったのは面白かったけどごちゃごちゃしていたから、

余計にメインを締めたHARASHIMAの揺るがなさというか安定感が際立って見えた。

9ced79db.jpg


思い返してみれば、試合を観ていて前回の防衛戦の男色先生によるヒザ攻めの様に『おぉっ!』となった様な場面は、アントンが仕掛けたフィニッシュ前のスタンドでのどつき合いぐらいだったかもしれない。

使う技を少ない上に間の取り方も巧いアントンのスタイルは好きやけど、

例えばルーテーズプレスなんかは、使うタイミング次第で場内を確実にざわつかせる技やのになぁ、とも思うし、

ベタですが普段は使わない“ここ一番”の技…かなり渋めでファンが見慣れていないアメプロの技で、

負けてもインパクトを残そうとする試合の組み立て方もあった筈やからもったいなかった。

大体、HARASHIMAはHARASHIMAで先にアントンのヒザを攻めてペースを握ったり、

必死のアントンが見せた卍固めを完璧にディフェンスして切り返したのは観ていて『そらないわ…』となった(苦笑)

9c0890cf.jpg


そもそもヒザはまだ本調子じゃなかったんやから、もうちょい隙を見せても良かったのに、とは正直思いましたが、

HARASHIMAの絶対王者路線?がしばらく続くならば無理は言えないか。

また、組み合わせを見る限りはシリアスモード全開の大晦日のトーナメントもあるとなると尚更…というか。

とりあえず、この後の後楽園大会のエクストリーム級戦による再戦は無理に観なくてもいいのかな、と思いましたね…

あと印象に残ったのは、ベタですが赤井沙希の試合。

c9796348.jpg


両国でのデビュー戦は6人タッグだったからあまり気にならなかったのですが、プロレスラーとしては重要な要素の打たれ強さに関しては、キャリア相応のレベルだったみたいで…

いや、それは当たり前か。

大きなダメージはなかったみたいだから一安心したものの、終盤はしんどそうで見せ場であるビッグブーツやボディアタックの見映えにも影響が出た様だったし、

ゆずポンのデビュー直後と違って、そのしんどそうな顔を客に見せる余裕も無かったっぽいのを目の当たりにしたら、まだまだまだまだこれからなんやろなぁ、と思った。

試合中赤井が痛がる時の声なんかは売りになりそうな気がするだけに、早く頑丈になってほしいですね。

64b32902.jpg


今更ですが、紫雷のおねーちゃん&彰人を相手にしたDDTのチョイスはさすがでしたね(笑)

話は戻って。

打たれ強さはキャリアを積んで改善していくしか無いんでしょうけど、

諸事情があって試合をするペースは簡単には増やせないみたいやし、

そーいう彼女が、DDTにおける対世間へのアピール用の人材としてポジションを確保されるならば、長い目で見たらどないなもんかなぁ、とは思った。

頑張ってほしいのは頑張ってほしいんですけど…ね。

それでは今回の記事は結構な規模の事故になった、男色先生とタイガースマスク戦のラストシーンの画像でお別れしましょう。

それではまた…

b61a64cc.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…