今回は、年明けに放送されたテレビ東京『土曜スペシャル ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅』の感想を書いていきましょう…

3afa4455.jpg


※☆ローカル路線バス乗り継ぎの旅 ルート情報☆

≪以下一応ネタバレ注意≫

僕が『これはいっぺん観とかなイカンなぁ〜』と思った直接のきっかけはこちらの記事なんですけどね。

実にテレ東らしい、まったりとした企画っぽい番組の題名ながらもルールはなかなかシビアな上に、ただただバス停まで歩くのみの体力勝負の場面もあって、度々驚かされた。

更に、ゴール地点に近付けば近づく程路線バスの本数が減っていき、地方ならではの現実がそのシビアさを後押ししていくのなんて、なかなか強烈だった。

12c78d5c.jpg


太川リーダーや蛭子さんから乗り継ぎの問い合わせをされたバスの運転手さんはもちろんのこと、

バスの営業所の皆さんも巻き込んでしまうという、もし他にバスの乗客さんがいたらシャレにならなさそうなやりとりも、観ていて『うわっ!』ともなった。

ほんでもって。本来ならば番組最大の売りになるべきの、旅の途中に立ち寄った各地の人との ふれあいだったり、

地元グルメだったり観光だったりのいずれもが“路線バスの乗り継ぎの時間が空いていれば”という条件付き。

ビジネスホテルでの素泊まりも当たり前だったりする、必要以上にシュートな辺りはツボにハマったなぁ。

僕が録画して何日かに渡ってチェックしたのは、3日に再放送された第11弾&第13弾と4日に放送された16弾だったんですけど、

とにかく、旅番組なのに何回も

『ギャラが出るとは言えこんな旅はしたくねーよ』

と視聴者に思わせる感は素晴らしかったし、

bff2a794.jpg


大概ムチャな旅なのに16弾では敢えて『ザ・チャレンジ!』を合言葉にするぐらい、ムチャな旅がデフォルトになっているのは…ねぇ。たまらんわ(苦笑)

古くは猿岩石ら電波少年の一連の旅企画や、水どうのサイコロの旅に稲垣早希ちゃんのブログ旅、

今もやっているオクラホマの北海道全市町村ヒッチハイクの旅等、この手の変則的な旅番組を幾つか観てきましたが、

この『路線バスの旅』は本放送は年3回ペースながらもそれらよりも明らかに良い時間帯で放送されていて、

毎回2時間以上の枠をとっているのにゴールに到着できず、どよーんとしたまま出演者達がカメラフレームから消えるバッドエンドも結構あるだなんて、まーテレ東にしかできんよなぁ。

fed817d8.jpg


最新回も含めて時間切れになり失敗したケースって、太川リーダーの路線の選択ミスか、

スタッフによる下調べが不足していて挑戦ルートの設定の仕方そのものが誤っていたのかまではわかりませんが、

旅が失敗したらしたで、やたら『大丈夫ぅ?』と言うところが印象に残ったキートン山田さんのナレーションで

『太川さんはああいう選択をしていましたが、実はこういう選択をしていればギリギリ間に合っていたかも知れないんですよね。次の旅は頑張ってね!』

みたいな、種明かしチックなフォローも一切無いだなんてあんまりやで。

いかんせん路線バスって交通渋滞でダイヤが乱れるのはよくあるから、正解の乗り継ぎルートなんてあって無い様なもんだとは思いますが、

時間潰しで立ち寄った喫茶店や、夜路線バスが無くなり已む無く食事をする為入ったカラオケボックスの店名はテロップで紹介していたのに、

『それでは今回の旅で通過した主な観光地を振り返ってみましょう』

みたいなまとめが無くて、旅が終わった余韻をバッサリ切り捨てる編集の仕方はあんまりでしょ。

6e8310b9.jpg


そんなチグハグさとシビアさの さじ加減がこの番組の面白さのキモなのは何となくわかりましたが、

視聴率も良くてDVD化されるらしい人気コンテンツなんやから、太川リーダーもちょっとは怒っていいんじゃないすかね(苦笑)

あと思ったのはベタなアレになりますが、

視聴者の心を必ず ざわつかせる蛭子さんのクズさ&KYさの安定っぷりと、

その蛭子さんに振り回される太川ヨースケリーダーとの絶妙なやりとりになりますかね。

土浦→石岡のバスの中で、蛭子さんから

2674fd3a.jpg

↑の画像の指摘をされた後の太川リーダーのムカつき方はヒヤヒヤしたもんなぁ…

伊集院光さんがラジオで太川リーダーの笑顔に隠された心の闇の部分を邪推してネタにするのも納得だし、

もしサイキックが存命していれば竹内先生が蛭子さんのクズさについて熱く語っていたと思う(笑)

前記の伊集院光さんが、そのブレない人選を絶賛していたマドンナの皆さんにしても、

ロケ内容は無茶苦茶過酷ながらも、絶対的なナチュラルヒールの蛭子さんと共演をした日にゃあ、

蛭子さんに対してブチ切れたりしない限り…

その域に達するには かなりの人生経験が必要だと思うけど、好感度は上がる筈やから、

タレントとしてはハイリスク・ハイリターンなのは間違いない訳で。

第17弾が放送される時は、もちろん めちゃイケよりも優先的に観ますし、

めちゃイケやから、多分この番組がまんまパクられた企画が放送されることでしょう(笑)

その際は、本家も めちゃイケでのパクり版も、マドンナが誰になるのかを楽しみにしたいですね。

今回はこんな感じで…

e2cf2541.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…