今回は、新日本プロレス ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア最終戦の、優勝決定トーナメント3試合をテレ朝チャンネル2の中継で観た感想を書きます。

98a02d72.jpg


de8fb66e.jpg


※東スポweb リコシェが新日スーパージュニア初V

ただでさえ優勝候補!として名前を挙げる方が多かった事に加えて、

ダメ押しの如く最終戦の前の京都大会ではライガーから新日本のジュニアを託された櫛田が悲願な初優勝を果たすやろーという大方の予想を、

木っ端微塵に粉砕しながらも観る側を満足させるハッピーエンドを作ったリコシェは見事でしたねぇ。

52f4c71b.jpg


アメリカのオブザーバーの記事の内容を鵜呑みにするならば(結構危険)何でも新日本側はリコシェに新日本のレギュラーになってほしいらしく、

しかもファンの注目度は櫛田戦よりも高い飯伏戦も速攻で決まったとなると、

この優勝自体はリコシェにとってはあくまで通過点にしか過ぎないっぽいので、上半期のベストバウト!とまで絶賛されたら少し違和感がありますが、技術面では文句なくハイレベルな試合ではありましたね。

8a36659b.jpg


いかんせん僕は、土井成樹が長期政権を築いて以降のドラゴンゲートはほとんど観ていない罰当たりな奴なもので、

PACはレッスルJAMの初登場時から知ってるけど、リコシェはアメトーークでも紹介されるぐらいに とんでもない飛び技(名前忘れた)をフィニッシュに使うというぐらいしか知らなかったんですよね。申し訳。

ほんでもって今回のリーグ戦でのリコシェは、厳密には結構前からという話ですが、そのとんでもない飛び技を封印したまま…

飛び技ではない&飛び技よりも自らの体へのダメージが明らかに少ないベナドリラーをフィニッシュにして優勝したのは凄いの一言。

変な話、飯伏が何回も大きなケガ&欠場をしながらもフェニックス〜を必殺技にしたまま何年も変えられないのに比べて…

さすがに、DDTも新日本も飯伏はハイリスクなフェニックス〜はいい加減に封印してもらい違う技をフィニッシュにしてほしいと思っているでしょ?違いますかね?

そんな飯伏よりもリコシェは若いのに、必殺技を変えた上で今回優勝して、飛び技も凄いけど決して飛び技だけではないというイメージも作れたんやから、セルフプロデュース能力もかなり高そう。

ede94681.jpg


もっと経験を積んで大技と小技のバランスなり、試合のリズムのメリハリをつけれる様になり、ベナドリラーを一撃必殺・問答無用の域まで持っていければ、

新日本に限らず世界のプロレスのジュニアのトップ選手に相応しい存在なんやろなぁ、とか思った。

もっとも、Twitterで僕のフォロワーさんが指摘していてハッと気付かされましたが、

ドラゴンゲートの選手が仲間であり前ドリームゲート王者だったリコシェの快挙をSNS上では全くに近いぐらいスルーしている(らしい)のは、

『もうドラゴンゲートには戻ってこないから箝口令が出ているのか?』

と邪推をしてしまう様な何とも言えない気持ち悪さがあったし、

そう考えればリコシェも優勝してもハッピーとは言えない部分もあり、かわいそうやなぁとは思いましたが…

まぁ、現時点ではリコシェがドラゴンゲートから離れる事が確定している訳じゃないからそこは掘り下げなくてもええのかな。

失礼しました。

f085571e.jpg


櫛田についてはいきなりぶっちゃけますが。

勿論他にも理由はあるんでしょうけど、選手のギャラがまともに出なくなった辺りのハッスルから離脱して以降の櫛田に対して、あまり良い印象は無いんですよね。

そんな僕でも、折角リコシェと同じく派手な飛び技ではない新必殺技を引っ提げて参戦しながらも、櫛田が今回優勝できなかったのはかわいそうやなぁ、とは思った。

しかし、石狩戦とリコシェ戦をじっくりと見直したら

『これだけお膳立てができていながらも、櫛田が優勝できなかったのは仕方ないのかな?』

とは思った。

それは何故か?

櫛田はトップ選手としては今も昔も致命的にアクが弱いねんなぁ(きっぱり)

0c0874b7.jpg


大きなケガをしないのは良い事だし、必死さは表情からよく伝わってくるんやけど何かこう…ねぇ。

櫛田ってカナダのインディーで武者修行も経験していて、スマッシュではTAJIRIにプッシュしてもらい、今は『世界を目指す』上で新日本の所属にもなっているのに、

それでも爽やかな雰囲気しか出ていないようじゃ、永遠にベビーフェースしかできんやろ?それじゃ不味いやろ?って思う。

しっちゃかめっちゃかだった石狩戦はある意味リコシェ戦よりも面白かったけど、あくまでやりたい放題の石狩ありきの面白さだったじゃないですか?

そんな櫛田が、ライガーから魑魅魍魎なジュニアを託されるなんてまだ早いんとちゃうか?

今の新日本のジュニアの選手って、ライガーの中で理想的な人材が不足しているのか?って話ですし、

極端な話櫛田はこのままだと『運動神経が良い井上亘』に終わりますよ!?とまで言いたくなる。

あのアクの弱さは、きっと煽りVTRのまんま ちびっこ時代から大のプロレスファンで、良い家庭環境で育てられてきた賜物なんでしょうけど、

個人的には感情移入はしにくいし、試合内容は良くてもプロレスラーの生き方としては、どちらかと言えば つまらないですよ。きっと人間的にはナイスガイなんでしょうけど…ね。

68928542.jpg

ただし。

櫛田が今回優勝できなかった事をバネにして、ふてぶてしさなり逞しなり毒っ気なり、忘れちゃいけないアクの強さも身につけて、

リコシェなり飯伏に勝つ等の形でしっかりとした結果を残したら、その時は僕はあっさり掌を返して、櫛田には独特のオーラ・色気がある!とかの言い方でブログで絶賛しますよ…

って、何で上から目線っぽく書いてるのかは僕自身よくわかりませんが(苦笑)櫛田に対する現時点の僕の本音として書き記しておきます。

いかん、新日本ではやたら風当たりが強い飯伏vsリコシェについても書くつもりでしたが、文字数の関係で今回はこの辺りで終わります…

da7f42d0.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…