今回は、秋山準社長による全日本プロレス新体制の第1戦・大阪大会の一部の試合をサムライ中継を観た感想を書いていきましょう。

2006f04e.jpg


22d2596f.jpg


※全日本プロレス公式ホームページ


僕は、現W−1勢大量離脱直後の高松大会を会場で観てましてですね。

その時は諏訪魔の出す悲壮感という名のオーラが半端じゃなくて、何を語るにもその悲壮感有りきの文章になってしまう…みたいな感じだった。

昨夜の第1戦を振り返るに。

上の方の試合に出てる選手の立場は変わりながらも、顔ぶれ自体に劇的な変化は無かった関係で悲壮感はやはりあったけど、それでも昨年の今頃と比べたら雰囲気は大分良かった。

それが第一印象になりますかね…

1231c536.jpg


セミの諏訪魔vs宮原。

三冠王者の諏訪魔が、かつてのハンセン的な立場になって、若き日の四天王的な立場の宮原の壁になって、的な試合になっていた訳ですが…

宮原が真っ向勝負で諏訪魔に立ち向かった事は評価しなきゃいけないんでしょうけど、

僕の中での基準は全日本を離脱する前の真田vs諏訪魔のシングルだったので、

それと比べたら宮原は今シリーズで当時の真田よりもプッシュされている立場ながらも、

諏訪魔に勝てるかも?と思わせる場面が思った以上に少なかったのはスカされた感じで残念だった。

ホンマ、ふてぶてしい ええ面構えをしてたんやけどなぁ…

そらまぁ、今の真田なりKAIなりがもし今の諏訪魔とシングルでやったならば、

昨夜の宮原よりも輪をかけて潜在能力の差を見せ付けられる可能性は高いんでしょうけど、それはそれとしてですね(汗)

宮原に関しては、真っ向勝負で太刀打ちできない相手にどう立ち向かって、観客に『勝てるかも?』と思わせていくのか?の部分を考えるプロレス頭が、まだまだこれからなんやろなぁ、と。

かつての“佐々木健介の弟子”ならではと言えばそれに尽きるんでしょうけど、

潮崎が復帰した後にも組む事でそれが改善されるのか?となると全くわからないので、諏訪魔がバトルメンで宮原が潮崎と組む事を疑問視していたのは納得。

da14c794.jpg


よくよく考えてみれば。

かつての四天王が怪物として覚醒した後の鶴田さんなり、ハンセンらデカい外国人選手の“高い壁”にガンガンぶつかっていくとした闘いの流れの中には、

従来の挑発の仕方とは別に、天龍革命を起こした直後の天龍が、鶴田さんや輪島さんに対してマスコミ経由で発信していた様な“生々しい言葉による挑発”は無かった筈やから、

今後潮崎が復帰して本格的に諏訪魔が潮崎と宮原の壁になった時には…

あくまで復帰直後の潮崎と宮原は同格と扱うべきでしょう(きっぱり)

よって、そんな2つの流れをブレンドした ぶつかり合いが観たいですね。

7b5bd3de.jpg


諏訪魔からすりゃ、その二人が物足りなくて、曙のコンディションが厳しい様ならば早い段階で見切りをつけて、

秋山が社長になって他団体との交流が徐々に再開していけば、本格派の選手に徐々に喧嘩を売っていけばいい訳で。

例えばvs真霜とかはもっと掘り下げてほしいし、火野がW−1勢から全く呼ばれなくなったならば(悪く言えば)横取りする手もあると思いますし。

何というか、実質的には鎖国状態だった昨年よりも気は楽やと思いますよ。

諏訪魔には、若い連中の壁になりつつ他団体に対して絶対的な存在感をアピールできる存在になってほしいですね。

b2d96310.jpg


ほんでもって、ここからはメインの世界タッグ戦について。

個人的には怒りの感情有りきのゴツゴツとしたやりとりが前面に出つつも、絶対的な必殺技(この試合の場合はアックスボンバー)がなかなか決まらず やきもきさせられる試合展開は好きですし。

最近は新日本の裕二郎の試合見て、不透明決着の描き方のショッパさに げんなりとする事があったので、

全体的には荒れ気味ながらもセコンド介入とかレフェリー失神が無かったのは、

新日本の

『選手の肉体的負担を考えて、ちょこちょこ不透明決着を織り混ぜていきますよ』

路線(笑)に対するアンチテーゼを売りにしていこうとする覚悟が伝わってきて、セミよりも感じるものは多かった。

ただなぁ…

試合時間が長過ぎましたね。

アレなら20分前後ぐらいで終わらせても良かった筈。

そりゃ6人タッグならば全然有りなんでしょうけど、6人タッグよりも休めない通常のタッグ戦なのにあんな長い時間やって、

終盤は四人とも手が尽きたのか?

エルボーor張り手合戦が目立つだけで、四人+京平さんの年齢を考えたらやたら悲壮感が伝わってきた。

特に長井なんて、川田を意識したストレッチプラムは素晴らしかった上に結構な受けっぷりだったから、退場時には悲壮感を通り越してちょっと感動したし。

e2c38c0a.jpg


でもなぁ。

現在は まともなブリッジができないっぽい秋山が、けんそーをフロントスープレックスっぽく投げようとしながらも、

けんそーを背中から落とせず垂直落下っぽく肩から落としてしまったシーンは、

いわゆる四天王プロレスのエグさを思いだし『それは違うやろ?』と一気にテンションが下がってしまった。

よって、改善の余地は有り。こんなのはこの日だけにしてほしいです。

プチ結論。

DKは、試合に介入させなくてもいいから賑やかしとして常時セコンドを一人は付けてくれ。

でも、今の全日本は外国人選手もほとんど呼べないでしょうし、けんそーと長井以外のDKメンバーは他の団体のレギュラーを兼任してるから、巡業にフル参戦は難しいのかな?う〜ん…

d66310f0.jpg


最後に、新体制の全日本プロレスに望む事。

とりあえず、たかおちゃんは変に気負わずあのままで良い(笑)

他は、自分達はメジャー団体の選手・フロントなんだ!だなんてこれっぽっちも思わずに、

明るく・楽しく・激しく…のキャッチコピーや歴史には頼らず、

頭を軟らかくして なりふり構わず必死になって団体存続の為に、試合と試合以外の業務の両方に励んでいってほしい。

もちろん無茶苦茶大変なんでしょうけど、ひたむきさの部分と なりふり構わずの部分の両方がファンに伝われば、間違いなくファンは付いてきてくれるんやか…ね。

あと、元子さんには隠居どころか幽閉されている状態なのか?とファンが錯覚するぐらいに会場には来ないでもらって、代わりにカシンを積極的に呼んでほしい(笑)

ドリーさんとかのレジェンド外国人はともかくとして、元子さんが会場に来るよりもカシンが来た方が確実にチケットは売れるんやから…ね。

全日本プロレスについては現時点ではこんな感じですかね。また今度!

b788501d.jpg

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…