前口上は省略します。早速行ってみましょう…

557066c5.jpg


◆映画のネタ

ジョニーAさん→スーツアクターとスタントマンがごちゃ混ぜになっていた件は、気になっていたのでトーマスさんに聞いてみたのですが、

『その役者さんの所属事務所によっては兼ねる場合もある』

との事でした。

無くは無いって事みたいですが、製作サイドはそこらへんを取材してへんやろ?とは改めて思ってしまいました。

とりあえず『太秦ライムライト』は2週間限定ながらもこちらで上映されるので、何とかして観ておこうと思います…

にゃむばななさん→邦画の主演女優のオーディションは毎回、何百人から選ばれた!という触れ込みになっていますが、

上白石萌音ちゃんに関しては鹿児島弁のキツさも含めたらリアルに何百人に一人の人材だった様に思いました。次回作でもまたオーディションをやってもらいたいですね(笑)

2f727709.jpg


◆競馬のネタ

フーティンさん→さとてっちゃんに関しては、左腕が動く様になるにはまだまだ時間がかかるでしょうから、地方の競馬場やウインズに行ってもファンサービスに限界がある筈なので競馬ファンはそこら辺は察してあげてほしいですね。

岩田に関しては、フーティンさんのおっしゃる通り今はあまり気にしてないと思います。

だから、斜行と降着のルールを変えない限りはいつかまた確実に同じ事をやらかすでしょうね。

マイネルマックスは僕もリアルタイムで観ていて、結婚式直前の初のGI制覇!と話題になっていたのは覚えてましたが、確か直線で審議になった様な記憶があるので、敢えてスルーしてました、はい。

◆プロレスのネタ

ふるきちさん→シウバは、当初は桜庭枠かと思ってましたが、11月の大阪で中邑vs柴田の決着が付くならば、ひょっとしたら1・4で中邑vsシウバのIC選手権まで一気に組んじゃうのか?と期待をしています(笑)

まぁ、 IGFが新日本よりも金を持っているならば無難にIGFになるんでしょうけど…

フーティンさん→まずは中邑vsファレ…だから、試合内容は何回やってもそんなに良くなってないんですって。

この1、2年で、シングルの大一番で相手を輝かせる能力において、棚橋と中邑の差は一気に開いたんじゃないかと思います。

言葉のボキャブラリーは圧倒的に少ない筈のテレ朝のアナウンサーですら『名勝負数え唄!』とか言ってないし(苦笑)

尼崎での今年一回目こそ不慮のバッティングで中邑が流血したから、終盤メリハリがついてインパクトはありましたが、あとはどれも似たり寄ったりにしか見えないんですよね…

大日本は、先日また新たな練習生が入門してきたそうなので、そこから石川晋也の穴を埋める人材が出てくる事を期待するしかないでしょうね。

底辺が分厚くなれば、長期欠場中で何も音沙汰が無い幽霊部員状態の複数のベテラン選手達にも何らかの区切りをつけれると思いますし…ね。

7df592d3.jpg


◆格闘技のネタ

ふるきちさん→五味は試合順こそセミファイナルでしたが、ああいう形で粉砕されてしまうとどーしてもリリースの対象にされるんでしょうけど…本当、どうなるんでしょうねぇ。

大晦日興行があればともかくとして、現時点ではそうでもないのにプロ野球選手みたいに本人から自由契約を申し入れる訳にもいかないでしょうし…

◆るろうに剣心のネタ

にゃむばななさん→えーと、和月先生は試写で大友監督の隣で派手なアクションを喜んで観ていたみたいですよ(笑)

1vs4に関しては、普通ならば一人ずつ順番の四人がけで描きますよねぇ。

そりゃ4人まとめての方が凄い絵がとれるんでしょうけど、アクションに関しては絵優先なのが露骨過ぎましたよね…残念です。

あと、にゃむばななさんの記事で剣心がバツイチだったの話は初めて知りました。なかなかやりおりますなぁ(笑)

dada3352.jpg