ヨシタツ祭りで遅くなりましたが、今回は先日観た映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』の感想を書いていきましょう。

世界は時限爆弾の上に座ってる…

ce2c6574.jpg

※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫



とにかく素晴らしいアクションバカ映画でしたね。期待していた以上に突き抜けていて面白かったです(笑)

何が面白かったか?っていうと…

事前には、てっきりストーリーもアクションも、1から2になった時があんな感じだったから3もスタローンの主演作らしく“偉大なるワンパターン”なノリなんやろーと思っていた。

実際、3のアクションシーン全般は西武警察テイストが増していてより無茶苦茶だったんですけど、

1と2で見慣れていただけあってすっかり高値安定状態に見えて、そこまで強調する程ではなかった。

しかしながら、あくまでアクション重視ながらも、3となるとアクション以外はいい加減パターンをちょっとは変えていかなきゃまずいだろう、とヒューズ監督辺りが提案をしていたのか?

基本ワンパターンでありながらも(これは重要)ワンパターンな世界を崩さない範囲で、工夫なり一捻りをしていた形跡がいろいろ見えながらも結局は雑だったり、

途中からはすっかり存在を忘れていたジェット・リーの登場の仕方が、ハリウッド映画とは思えないぐらい雑だったりと、雑さも引っ括めて楽しくて楽しくて。良かったなぁ(笑)

b2086edb.jpg


リアルに刑務所に入っていたというスナイプスが演じるドクを護送中に救出した上で、刑務所に護送用の列車を激突させる(汗)という、

なかなかシャレになっていないところからして、グイグイスクリーンに引き込まれたもんなぁ。

そらまぁ。

現行メンバーのまさかのリストラを経ての新メンバーの登場と、現行メンバーと新メンバーの邂逅が一番重要なポイントになっていた筈なのに、

新メンバーが救出されてから爆弾まみれのビルでのドンパチが始まって以降は、

ステイサムやラングレンと比べたら、そらしゃーないよなぁ…

と十分わかってはいながらも、それでもバンデラスも含めた新メンバー達が思ったよりもアクが強くなくて、それって作品全体としては致命傷だった様に思う。

折角、バンデラス演じる早口のアンちゃんはいい味出してたのにねぇ。

そんな調子だから、新メンバーの存在感は めちゃイケの追加レギュラーメンバーレベルになっており、

安易に人数を増やし過ぎた弊害が見えて、

『もったいないなぁ…』

となってしまった。


途中、バイクのアンちゃん辺りが殉職していたらほどよくメリハリがついてインパクトがあったのにね、みたいな。

ed66cf3b.jpg


また、個人的には出演作をじっくりと観た事がなかったケルシー・グラマーが楽な仕事に終始していて

『あのおっちゃんは何だったんやろ…?』

となってしまったり、

ヘリコプターを操縦するハリソンくんが、気持ちいいぐらいにアホ丸出しな弾け方をしていたのに対して、

悪玉の親分のメル・ギブソンが悪玉の親分としては、2のヴァンダムよりも弾けきれてなかったり、

前記のハリソンくんにオイしいところを持っていかれていたシュワちゃんのオーラがすっかり弱くなっていて、

4になるとブルース・ウィリス同様シレッと居なくなっとるんとちゃうか?と思ってしまったり。

明らかな減点材料は複数ありましたが、エクスペンダブルズシリーズはバカ映画だから『そんなもんやろ』と消化できたから不満とまでは行かず。

トータルで評価するならば十分満足できました、はい。

7d1e4da4.jpg


…いかん、ここまで書いた段階で、頭に浮かんでいた感想のほとんどを書ききってしまった(苦笑)

えーと、いきなり最後になりますが、今作に関してはパンフレットを買う事をお薦めしておきます。

何故ならば、パンフレットがエクスペンダブルズならではのバカ映画感に火に油を注いでいるから(笑)

さすがにスーパースターの皆さんへのインタビューはリスペクトに溢れていましたが、

スーパースターの紹介文はどれも斜に構えていた文章だし、はみだし情報はボディーブローの様にじわじわ笑わせてもらった。

ほんでもって、1と2には出ながらも3には登場しなかった大物俳優3人が出ていない理由を推測するコラムなんかは本当くだらなくてツボにハマったなぁ。

結論。パンフレットも含め4も非常に楽しみです!

♪爺さん 俺の生きざまを見てくれ…

bca561c8.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…