今回は、2014年度の東スポプロレス大賞について思った事と もし僕が今年のネット・プロレス大賞に投票するならば…という感じで書いていきます。

1a8c4c13.jpg

※カクトウログ:東スポプロレス大賞リンクまとめ/ファン主催「ネット・プロレス大賞2014」はもうすぐ投票開始


東スポ〜は、どれでどーこうを細かくは書きませんが、こーいう選考委員の面子からすればこーいう結果になってしまうのね、と思いつつも。

結局はいつもの通りのクオリティに思えて『何なんだかなぁ』の連発で『くっだらねぇなぁ』となった。

どれだけ新日本プロレスが日本のプロレス業界をモノポライズしていても、

.離↓▲疋薀乾鵐押璽鉢B臚本&DDTのどちらか にそれぞれ一枠ずつ与えなきゃいけない暗黙のルール的なものがあるっぽいのは特に『くっだらねぇなぁ』となりましたね。

木谷さんのある意味名言である『全てのジャンルはマニアが潰す』に関しては、

マニアとマスコミが潰すという言い方にしてくれよ、と思ったし…

a8c443ce.jpg


そんな調子やから、どちらかといえば今回の選考結果よりも

『週プロはインディーを軽視しますよ』

と実質的に公言していた週プロ佐藤ちゃんに対する不快感の方が強いですし、

そんな佐藤ちゃんを“女子プロレスに理解がある”と書いていたロッシー小川氏の勉強不足に対しても不快になったぐらいで…

あっ、でも赤井沙希が女子枠ではなく新人枠で選ばれてしまうセンスは、ある意味物凄いなぁって思ったし、

新日本のヤングライオンの二人は、多分収入は確保されているにしても、思わず同情してしまったかな?と。

僕としてはそんな感じですかね。

4503c959.jpg


※ネット・プロレス大賞公式サイト

それではここからは、ネット・プロレス大賞に投票する ていで、各部門の1位と次点を書いていきましょう。

実際に投票するかどうかは未定です(汗)

(1)最優秀選手賞(MVP)

AJスタイルズか柴田勝頼。
もし2人ともが今の新日本に上がっていなければ、マンネリ感が今以上に強くなってたんとちゃうかなぁ。

(2)最優秀試合賞

GIクライマックス後楽園大会のAJスタイルズvs鈴木みのる。
あのプロレス頭の応用力の応酬は、他の選手も見習う価値はあると思う。
あとは1月のノア博多大会の石森vs大原さんのGHCジュニア戦とか、5月の新日本福岡大会の かずちかvsAJとか、先日ここで取り上げた雁之助vsGENTAROとか…
これに関しては『あっ、これもあった!』と後から思い出し続けるパターンになりそうですね(笑)

618383a6.jpg


(3)最優秀タッグチーム

東スポ〜ではスルーされた同情込みで、ヤンキー2丁拳銃。
ストーリー面とグッズ売り上げにおける会社への貢献度を加味したらバレットクラブなのかも知れませんが、裕次郎が気にいらない(苦笑)

(4)新人賞

大日本のお巡りさん・植木くん。キャラが抜群でしたよね。

(5)最優秀興行

DDTの両国大会…かなぁ。一番面白いお祭りでしたよね。
個人的には、試合内容はよくわかりませんが興行をとりまく環境は最悪だった筈の、GIクライマックスの西武ドーム大会にどれぐらい票が入るのかは気になります。

(6)最優秀団体

新日本プロレスを挙げなきゃしゃーないんでしょうね。

(7)最優秀マスメディア賞

とりあえず、スッキリ!のスイーツ真壁のコーナーか、加入はしてませんがニコプロ。
でも、これも後からどんどん思いだしそうですよね。
何か、回線状態があまりよろしくないらしい新日本プロレスワールドにどれぐらい票が入るのかも興味深いですね。

こちらはこんな感じでまとめておきます。ありがとうございました(笑)

c5e3c49e.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…