今回は、今年の下半期に観た映画を振り返りつつ、映画ベスト10+ワーストを書いてみましょう。

D275EaVt

※映画.com

※平野秀朗先生のTwitterアカウント


まずは、参考として今年の上半期のベスト5を挙げていきます。

なお、僕の場合はアシッドシネマグランプリの暦に併せているので、2014年の1月からではなく昨年12月公開の映画も上半期に含めております。

ベスト1・・・WOOD JOB!(ウッジョブ) 〜神去なあなあ日常〜
ベスト2・・・永遠の0
ベスト3・・・青天の霹靂
ベスト4・・・ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版
ベスト5・・・白ゆき姫殺人事件

ワースト・・・偉大なる、しゅららぼん

81e494ad.jpg


見方としましては…

・映画の題名・僕がmixiレビューに投稿した時の採点(5点満点)

・12月12日現在のmixiレビューの平均点(5点満点)と投稿数

となっています。

もし僕の感想が気になる方がおられましたら、当ブログの『映画』のカテゴリーをチェックしてみて下さい。

。庁錬達妝唯釘裡圍腺劭戞。錚罅。腺烹贈苅検。圍茖紂。遙蕋蹌紂。茖瓧鵝。磽錚蹌紂‐女たちは、今、その背中に何を想う?  3点 平均3.76点(12件)

▲潺好拭治韮蓮  4点 平均3.50点(4件)

ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版  5点 平均4.80点(通常版のレビュー176件)

つ狭眤!参勤交代  4点 平均3.97点(123件)

セ廚そ个離沺璽法次 3点 平均3.96点(246件)

Γ韮錬庁擅稗味味 ゴジラ  5点 平均3.55点(222件)

夢は牛のお医者さん  4点 平均4.50点(6件)

┌圍錬烹截蓮。圍劭稗贈邸 2点 平均3.04点(41件)

イン・ザ・ヒーロー  4点 平均4.01点(51件)

舞妓はレディ  4点 平均3.90点(71件)

るろうに剣心 京都大火編  3点 平均3.89点(205件)

るろうに剣心 伝説の最期編  2点 平均3.67点(165件)

めぐり逢わせのお弁当  3点 平均3.74点(31件)

ふしぎな岬の物語  3点 平均2.77点(27件)

太秦ライムライト  5点 平均4.33点(15件)

哀┘スペンダブルズ3 ワールドミッション  4点 平均3.93点(82人)

吋献磧璽検次Ε棔璽ぅ此 4点 平均4.28点(100件)

殴肇錺ぅ薀ぅ ささらさや  4点 平均3.51点(33件)

灰ぅ鵐拭璽好謄蕁次 5点 平均4.38点(134人)

幹鸚現叩 5点 平均3.55点(89人)

4b931682.jpg


それではここからは下半期のベスト5を書きます。

ベスト1・・・太秦ライムライト
ベスト2・・・GODZILLA ゴジラ
ベスト3・・・インターステラー
ベスト4・・・寄生獣
ベスト5・・・ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版

ワースト・・・TOKYO TRIBE

da3d565f.jpg


つづきましては、年間のベスト10とワースト3です。

ベスト1・・・太秦ライムライト
ベスト2・・・GODZILLA ゴジラ
ベスト3・・・インターステラー
ベスト4・・・WOOD JOB!(ウッジョブ) 〜神去なあなあ日常〜
ベスト5・・・寄生獣
ベスト6・・・永遠の0
ベスト7・・・青天の霹靂
ベスト8・・・ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版
ベスト9・・・ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版
ベスト10・・・白ゆき姫殺人事件

ワースト1・・・TOKYO TRIBE
ワースト2・・・偉大なる、しゅららぼん
ワースト3・・・オー!ファーザー

以上です。

b35b0104.jpg


今年は下半期に観た映画の方が“当たり”が多かった、というのが正直なところですね。

特に、インターステラーと寄生獣を週を跨いで続けて観れたのはインパクト抜群でした。

ランキングとしては太秦ライムライトの1位は即決。

仮に本物のアシッドシネマグランプリがあったとしても、確実に上位に入るんじゃないすかね。

来月末にはDVDも出るようなので、改めて観ようと思っています。

映画館のデカいスクリーンで観てナンボの2・3位もすぐに決まった。

あとは、染谷くんが大活躍したウッジョブと寄生獣のどちらを上にするのかと、

デジタルリマスター版で蘇った傑作2つを、どの辺りに置くかを迷ったぐらいでしょうか。

いっその事、リマスターものは年間ランキングからは除外する手もあったのかも知れませんが…

ワースト部門は、3つとも似たり寄ったりのレベルではありましたが、どーせならこっちも染谷くんの出演作を上に持ってきた方が面白いかな、と(笑)

ちょっと真面目な話、下取材をほとんどしていなかった事によるTOKYO〜の訳のわからなさは、

園子温監督の鬼才っぷりに一段落付いた印象が強いですし、次回作もおそらく…という感じなので、

園子温監督の他に面白そうな日本人監督の映画が観れるのかどうかは、来年の密かな楽しみにしておきます(笑)

最後に、この記事のエンディングテーマとして『白ゆき姫殺人事件』のこの曲を埋め込んでおきます。

それでは皆様ごきげんよう…



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…