今回は、映画方面の話をひとつ。

31f906b5.jpg

※PC版ホームページ


先日、こんな感じの流れがあって引換券を貰っていた、映画『恋とオンチの方程式』のパンフレット代わりとも言えるロケ地ツアーガイドBOOKを、21日(月)の仕事終わりにホールソレイユ2のカウンターで貰ってきました。

今週ソレイユで観たい映画は特に無かったのと、さすがに同じ映画の4回目を観るのはちょっと…と思いつつも、

この際だからこーいう些細な事でもネタにできたら、と思い。

この日も本編の上映後に行われたという、香西監督による舞台挨拶の直前にソレイユ2に行ってみました。

まぁ、一番ネタにしやすいのは、27日(金)の公開最終日の舞台挨拶の直前に引き換えに行く事なんでしょうけど、

ジャッジメントの一周年イベントの前に行くのもシンドいかな…と思いこの日にした次第。

2f0e9d66.jpg

ほんでもって。

スタンバイをしているであろう香西監督に挨拶だけでもできたならばラッキー(笑)とか思ってたんですけどね、残念ながらまだソレイユ2に到着していなかったみたい。

ホールから漏れていた森昌子さんの歌声から察するに、映画のエンドロールが流れる直前だったみたいですが…

ところで、何でまだ到着していない事が分かったか?

それは、普段はカウンターのショーケースに展示されていて、

舞台挨拶の度に香西監督が手にしている映画の小道具・ほととぎすバスの黄色い小旗が、カウンターにポツンと置かれていたから。

実際は舞台挨拶には間に合ったみたいですが、階段をダッシュして地下に行ったんやろなぁ、とか要らん事を想像してしまったなぁ。

さて、その辺の事はどっちゃでもええとして、ここからはガイドBOOKの感想を。

とりあえずは、突貫工事で作られた筈なのに、津田の松原と高松市内の両方のロケ地の情報はきちんと載っていたし、

バスの運転手さんを演じたのって、誰?等映画館で観た時には引っ掛かりがあった箇所も、小ネタ扱いでフォローされていた。

a81c8827.jpg


また個人的には気になっていたヨーロッパ企画の御三人さんによる、映画ヒット祈願の おへんろ入門のダイジェストも載っていて、

おまけに うどん関連のミニコーナーでは香西監督自らモデルをやっていて『うわっ!?』っとなった。

幾ら香西監督責任編集!と銘打たれているとは言え、撮影、編集、一部フォントのデザイン等、一体一人何役こなしてたんですか!?となってしまうぐらいで。

もし、チラシ同様製作費も香西監督が出しているならば(以下略)

これだけアレしているならば、四国新聞で取り上げられるに値するわなぁ。

今日・明日の2回舞台挨拶が残っていますし、今後は香川県外でも上映される予定があるみたいですが、本当におつかれさまでした。

次回作はディレクターズチェアに座れる様な撮影現場だったら良いですね、という事で。

今回はオチらしいオチはありませんが、あしからず(笑)



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…