今回は、観てからそれなりに時間は経ちますが、映画『寄生獣 完結編』の感想を書いていきましょう。

プランCだ…

5734c103.jpg

※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫

いきなり結論から書きますと

『よく頑張っていたとは思うけど…』

という言い方までしかできないですね。

前半の完成度が非常に高かったのはいいとして。

仝矯遒遼賃腓淵好函璽蝓爾了弔蝪格の2を僅か?2時間の枠に収める事と、

縛りやトーマスさんが“荒業”と称した、市役所決戦と田宮良子が最期を迎える動物園でのやりとりが2つのエピソードの同時進行する下りを、

ミギーを失った新一と後藤の対決よりもクライマックスっぽく見せる事(それを狙っていたかどうかはわからんけど)の両方を、重視し過ぎた事によりバランスがとれていなかった印象が強い。

原作の残り3分の2を、原作における主要なエピソードと、会話&セリフをほとんどカットせずに描ききっていた事は認めましょう。

4206f7a5.jpg


特に“荒業”のシーンにおいて田宮良子が赤ちゃんを新一に託すところは原作と同じく泣けたし、オーラスの屋上でのアレも感動させられた。

でも、それらを2時間で描ききっていた余波で、原作の大きな見所であった筈の寄生生物…

何故かパラサイトとは呼ばれていなかったけど…

そんな寄生生物絡みの戦闘シーンがダイジェスト状態になっており、前編よりも明らかに軽視されていたのは非常に不満。

硬・軟の振り幅と言いますかメリハリと言いますか。

ハイレベルなCGフル稼働の寄生生物絡みのスピーディーな戦闘シーンと、人間が寄生生物に食われる残酷なシーンがしっかりと描かれていてこそ、

田宮良子の

『我々は何故生まれてきた?』

をはじめとする深〜いセリフの数々が、より映えていたんじゃないか?と思うんですよね。

三木がウォーミングアップとして反社会勢力の皆さんの事務所を襲撃するくだりが、

アッという間に終わったところで既に覚悟はできていましたが、

それでも新一vs三木がダイジェストっぽくカタがついていたもんだから戸惑ってしまった。

0a411ade.jpg


新一が居ないところで三木と後藤が選手交代する、という新たな解釈は有りだとは思いますし…

原作ではそれなりにページが割かれていた、田宮良子が内ゲバで自らを襲ってきた3人の寄生獣を撃退するくだりが秒殺で終わってしまったのも、実に勿体無かったよなぁ。

あの時の、田宮良子のエグいまでの知能犯っぷりがあってこそ、子供を守る為に警察サイドの銃弾を無抵抗で受け続けるシーンの余韻が深くなっていた筈なのに…ねぇ。

田宮良子の最期での『我々は、家族だ』のセリフが出た辺りからして山崎監督とジュリー古沢さんが、原作に対して思い入れがあった事は伝わってきた。

でも、その二人よりも上役のプロデューサーか東宝サイドかはわかりませんが、

戦闘シーンを軽視させてまで2時間に収める事に重きを置いていたのは、原作を読んでいた者としては残念極まりないですね。

5d5341bd.jpg



これは邪推ですが、冒頭の必要以上に気合が入っていた味噌汁のシーンなんて、制作サイドからの

『前編を越える戦闘シーンを作るCG技術も予算もある事はあるけど、制作する時間と折り込む本編の尺が足りないんだよ』

というメッセージの様に思えてならないですし…。

戦闘シーン云々の次に不満が残ったのは、新一がミギーを失ってからの映画版のオリジナルストーリー全般。

個人的には新一とおばあさんの一連のやりとりと、後藤を倒した後に右手用のナタを返却していて、

おばあさんが『やったのか!』と言うシーンも泣ける対象だったから、

おばあさんとナタの存在自体が無かったのも大概なんですけど、あくまで僕の好みの問題だからそこは掘り下げないでおきます(爆)

とにかくですね。

制作サイドが、新一と里美のラブシーンを戦闘シーンよりも重視していたのは

『おめぇはそれでいいや…』

と割りきれるのですが、何の説明もなくテレポーテーションの如く里美があの施設に現れるのなんて、典型的なダメ邦画のパターンな訳で。

もうちょっとどーにかしてほしかった。

dc668856.jpg


あの施設というのも勘弁してほしかったなぁ。

原作の様に、放射能とは特定されていない産業廃棄物が不法投棄されていて云々という流れだからこそ、

ミギーによる『結局は有害物質を捨てれる人間が一番怖い』(原作のみだったっけ?)とか『調べてみたが悪魔に一番近いのは人間だと思うぞ』のセリフが映えてくる訳で、

映画版のアレだと、人間よりも寄生生物よりも、放射能が一番怖い…となってしまう。

実際、それはそうなのかも知れませんが、な〜んか違うよなぁ、と…

そもそも新一と後藤の二度目の対決をする場所がアレだったもんで、ターミネーター2みたいに見えたのも減点材料になりますし…

いかん、いい加減長くなってしまったので、“荒業”のシーン以外で良かったところを挙げるのは敢えてカットします。

良かったところが無い事は無いんですよ、でも不満点の方が大きいので…ということで…

3ef6f0b5.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…