今回は、先々週に観てきた映画『駆込み女と駆出し男』の感想を書いていきましょう。

南総里見八犬伝の最終話…

a0f91bb6.jpg

※PC版ホームページ

≪以下ネタバレ注意≫

ジョニーAデップさんが言うところの

『良い大泉・悪い大泉・普通の大泉』

で決め打ちをするならば、良い大泉先生…

いや、パンフレットに掲載されたインタビューの中の

『この映画を観ると、男も女も、人が皆、愛おしく感じる』

のコメントをアレンジすれば、愛しい大泉洋、だったんじゃないでしょうか(笑)

たまたまですが、ここ最近の大泉先生の映画の出演作は、名無しの探偵に木下藤吉郎に売れないマジシャンに事故死した落語家(注・ぶどうのなみだは未見)。

現在の朝ドラでは職業を転々としながらIT企業に…と胡散臭い職業の役柄が続いていて。

24d45a72.jpg


また大泉先生も演出には多分口出しをせず無難に立ち回っていたもんだから

『そろそろ胡散臭くないキャラも演じてほしいなぁ…』

と思っていたタイミングで今作を観たもんだから、余計に信次郎の2.5枚目の好青年っぷりが際立っており、輝いて見えた気がする。

ほんでもって、堀切屋からの刺客を嘘八百を並び立てて撃退したシーンを筆頭にして大泉先生が喋る喋る喋る喋る!

脚本も書いた原田監督は鬼や!と思いましたもん(苦笑)

しかしながら医者と作家ダブルの修行中の身だけあって喋る内容が胡散臭くなくて、むしろカッコ良かった(笑)

この映画は、この点が一番すごかったなぁ。

観てから時間が空いているから細かいところまでは思い出せませんが、

大泉先生がメインの長回しシーンは幾つあっただろう!?っていうぐらいに喋っていたもんなぁ…

前にも書きましたが、大泉先生はあの年代ではトップクラスの立派な大物役者なんだから、

アミューズは大泉先生が大病を患わない様に、仕事をセーブないしはチョイスしていってほしいものです。

90f7b4ea.jpg


また、今作においては勢い的には大泉先生の喋りの強烈さだけがクローズアップされかねないにも関わらず、僕の中では決してそうでもなくてですね。

ストーリーもよくできていたと思う。

江戸時代の華やかな文化の裏側であろう縁切り寺の制度と内部で起きていたであろう大小のゴタゴタを、

井上ひさし先生がしっかりと調べていたっぽいのがよく伝わってきて、まずそこに感心させられたし。

東慶寺での堅いやりとりと、御用宿での軟らかいやりとり…

まぁ、御用宿に関しては樹木希林さんが相変わらずの神がかった演技有りきでしたが、緩急の付け方も個人的には大好きやったなぁ。満足満足(笑)

それで、馬琴先生絡みのエピソードがだめ押し気味に要所要所で加えられていて、

完全に馬琴先生の存在を忘れていたオーラスにも馬琴先生が出てきたもんだから、

お見事!

となってしまった(笑)

98f92259.jpg


戸田恵梨香と満島ひかりという女優さんのツートップも、

樹木希林さんの味わい深さに若干食われてはいましたが(そらしゃーないわ 汗)大泉先生の喋りと勝負ができるぐらいに頑張っていたんじゃないでしょうか。

できれば…お吟が亡くなる直前の、人間とした大きく成長した じょごとのやりとりでもうちょっと時間をとって、

観る側を容赦なく泣かせる手もあった様な気はしますし、

直後の勘助の東慶寺乱入で二人の最期のシーンの余韻が消されたのはもったいなかったかな…

でも、良かったですね。

もうぼちぼち劇場公開が終了するみたいですが、各ジャンルでの大泉先生の喋りに魅了された方は、

レンタル屋に並んでから観ても遅くはないので、是非チェックしてほしいですね、と書いてこの記事を締めさせていただきます…

94eb5559.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…