今回はプロレスのネタを。

WWEのサマースラムの主要試合と翌日のロウ#1161を飛ばし飛ばしで観ましたが…

52617105.jpg

ba7a852d.jpg


≪以下ネタバレ注意≫


これはレッスルマニア&翌日のロウじゃないのか?

と錯覚する程の怒涛の展開で密度が凄かったですね。試合内容も観ていられたし。

プロレスBARジャッジメントでは、サイキック青年団における竹内先生の如く『穿った見方をし過ぎ』と指摘をされてしまう僕ですが、

この2日間…いや、映像としては未見ですが、サマースラム前日のNXT特番におけるライガー参戦や世界の華名の紹介も含めたら3日間か。

この3日間の流れは想像力を遥かに上回っていて…

いやー、たぎったたぎった(笑)

サマースラムに関しては、試合順こそ別々でしたが目玉カードのダブルタイトル戦と世紀の再戦の両方ともが、思いきりひと悶着ある結末だったっちゅうのはもう…ねぇ。

WWEだから、両方がというのは有り得ないにしても、どちらかはカタが付くと思うてたんやけどなぁ…

それで翌日のロウでのダッドリーズやらストローマンやらスティングやら下手くそなトロンボーンの演奏を観てしまったら、

フラストレーションもディーバコーナーも吹っ飛んでしまうという。たまらんですね(笑)



番組のオープニングからミック・フォーリーとの掛け合いでテイカー派やて言うてて、

おまけににポールEとも絡んでいたホストのおっちゃん・スチュワートが、死角になっていたダブルタイトル戦に介入してきて、

バトルグラウンド以降のテイカーの暗転→リング降臨のスピーディーさとはエラく違う…

それこそ必要以上に溜めた後にシナを襲うんやもんなあ。

218dd156.jpg


ほんでもって、ロウでの答え合わせ→シナからのお仕置きとホストのおっちゃんの受け身も、WWEとしては完璧だったんでしょうしね(笑)

まぁ、ホストのおっちゃんもシナもフレアーも。

あのエンディングはともかくとして、鈴木みのるの白装束を彷彿とさせる白いロングタイツで試合をして、試合中には

『DDTの映像もじっくりチェックしているのか?』

と錯覚するぐらいに、器用に普段は使わないいろんな技を繰り出していたロリンズに対して、トークで掘り下げていなかったのは、

暗に役者の違いをアピールされた感じがしてちょっと切なかったけど、これはこれで

『そんなもんなんやろなぁ』

と割りきる事にした。

53d10d62.jpg


…で、スティング。

てっきり、銅像が披露された瞬間にガラスの割れる音がヒットしてストーンコールドがノッシノッシと歩いてきて、

銅像にスタナーをカマしていきなり銅像の首が取れるエンディングを想像していたのですが…

さすがに、レスナーが中指を立てるシーンでさえ修正が入るアメリカやから、首チョンパは絶対無理やって事か。失礼しました(苦笑)

ストーンコールドは横に置いといて。

サバ読んでいるかも知れませんが、今年で56歳のスティングが現在進行形のロリンズが4大PPV以外でぶつかると言っても、

レスナーvsテイカーの大乱闘以上の前振りを求めるのは無理があるでしょうし、肝心の試合も噛み合うのは噛み合うにしても、不透明決着になる様にしか思えないし。

結論。できるだけ凄い試合になってほしいですね、ということで。

f24ef89d.jpg


ここからはレスナーvsテイカーについて。

最後まで観てまず思った事はですね。

天下のWWEがレフェリーどころか裏方(タイムキーパー)までもを巻き込むという裏技を駆使してまで、

商品価値を落とさない様に気を遣っているだなんて、一度はWWEから離れたのに今のレスナーはホンマ幸せもんやなぁ、と。

まぁ、弁慶の立ち往生ならぬ失神間際の中指はインパクトの面では完璧ながらもやり過ぎだった感はありますが、今度こそは最後までWWEに専念してほしいものです。

テイカーは…

どちらもあれだけデカくて迫力があったから普通に見ていられましたが、レスナーと真っ向勝負をやるにはコンディション的にはしんどそうでしたね。

385a0298.jpg


終盤の殴り合いなんかはレスナーが気ぃ遣ってる様にも見えたし…

歳相応といってしまえばそれまでなんでしょうけど…

あれだけきつい受け身を何回もとった上で、急所蹴りと三角締めを温存したまま試合を組み立てていたのを強調するならば、さすがはレジェンドと言わざるを得ない訳ですが…

レスナーvsテイカーでさえこうなったのに、天龍とオカダなんて、輪をかけてどちらも大丈夫なのか…

と心配になった事を付け加えて、この記事を締めさせていただきます。

エイ、エイ、オー!(誤解)



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…