今回は競馬方面の話をちょこちょこっと…

70186d85.jpg

※藤田伸二オフィシャルサイト

引退しても超過激!藤田伸二氏「上位のジョッキーで上手いやつはいない」 hochi.co.jp

…という訳で、今日放送分の『爆笑問題日曜サンデー』のゲストコーナーに出ていた我らが?社長(藤田伸二元騎手)のトークをアレして聴きました。

この日の社長は酒焼けしたガラガラ声でしたが、こりゃ単なる二日酔いではなくて。

かつての井崎先生ばりにTBS入りする直前まで酒をかっ食らってたパターンなんやろなぁ〜と邪推をしてしまう様なトークに終始していてですね。

その社長のテンションと爆笑太田さんのトークの波長とが上手い事噛み合ってたので、思った以上に面白かったですね(笑)

もっとも、武豊の話になると爆笑太田さんが毎回毎回お天気お姉さんの単語を付け加えるのは、ええ加減鬱陶しかったという事はきちんと書いておきましょう。

a6c94695.jpg


そらまぁ、記事に書かれていた超過激トーク!と言われたらそーいう事なんでしょうけど、

『支配されていた』JRAに糞をぶっかけてからの社長の著書やインタビューを、ざっくりレベルながらも一応読んでいる者からすれば、

酒が入ってたら確実にこれぐらいシュートな事は言うでしょ、とは思ったし、

シュートな話以外でも、ドクターコパさんが げん担ぎで馬房に居る持ち馬の脚を塩を撒こうとしたら、愛馬に蹴られそうになった話なんかは、オチもしっかりしていた(笑)

大体あんなデタラメな状態でも、主要なエージェントの名前や社台の名前には丁寧にオブラートに包んでいて、

言ったら各方面に対する影響が大きそうな問題発言と、別にそうでもない問題発言の区別は付いているっぽい上に。

モチベーションが下がりまくりながらも今年まで引退しなかったのは

『自分に愛馬に乗ってほしいから馬主になったという方が居たのも理由のひとつ』

と、かつての田原セイキさんばりにカッコつけていたのも、変な意味で感心させられた。

現在の社長の活動拠点でもあるカフェバー…

とTBSのアナウンサーさんから紹介してもらいながらも、社長自ら

『カフェって言われても昼間は営業してないんですよね。今は起きるのは昼過ぎですし』

と補則をしていた札幌のバーにも行ってみたくなったぐらいですよ、えぇ。

c6ade8b7.jpg


ここからは主な発言内容の検証じみた事を。

このトークの記事の題名にもなっている現役ジョッキーの腕に関しては、前もって

『引退してから馬券は買っていないし競馬も観ていない。マイルCSもちらっと映像を観ただけ。ギャンブルは昔から麻雀ぐらいしかやっていない』

という感じで社長が言い訳をしてるぐらいなんやからそないに大騒ぎをされてもなぁ、

社長からすれば大した事は言ってないのに話題にしてくれるなんて、社長の思う壺やろー、というのが正直なところ。

札幌開催の最終日で電撃引退する前からどーせ自分が関わらないレースは関心も無いでしょうし多分映像も観ていないでしょうから。

そんな社長が現役騎手に対してどーこう言っても説得力は無いですよね。

かといって、じゃあ現役の騎手で秋山や津村とは別に上手い・若い騎手は誰なんだ?って言われても…?とはなるんですけど、ね。

ただ社長も、尻ペッタン騎乗についての批判を言うならば、

『あの追い方は馬体への負担が大きい』

の持論も、必ず言うとくべきだったと思うんやけどなぁ。

社長のプロフィール紹介時にあれだけフェアプレー賞の事をいじってくれたんやから、説得力はあったと思うんやけど…

他には、あくまで社台の名前は出さなかったけど『大手馬主の運動会』のコメントはちょっとドキッとした。

ラジオとは言え、地上波でそれ言うんや!?しかも中央競馬のメインレース・しかもGIのレース直後に!?という意味ですが。

武豊云々は、そら社長だったらアレぐらいは言うでしょう。

天下の騎手会長様が、酒の席でだらしない事をバラされたぐらいではカチンと来たりはしないでしょう。

その代わりに、社長のバーに武豊が後輩を連れて不意打ちで来店して、全員無銭飲食で帰る、ぐらいの事はやりそうですけどね(笑)

5475a175.jpg


最後にこの日の社長語録?で一番僕が好きなものを書き記しておきますと、

ゴールドシップの主戦は?っていう話から外国人ジョッキーの話題になった時に、

ムーアやデムーロは上手いですよ、と言った上で

『日本人騎手が外国に遠征しても調教に乗せてもらうのも一苦労なのに、外国人騎手が日本に来た場合は決してそうでもない。日本人は外国人が好きなんですよ、結局』

と、いろいろな邪推ができそうな独自の見解をしていたところ。

単に、各外国人騎手の身元保証人が無茶苦茶力を持ってるだけやろ?と言われたらそれまでですが、

エルコンドルパサーの偉大な挑戦以降『国際化』をアホみたいにアピールし続けながらも、

時代が流れるにつれてSS系天国のガラパゴス化が進むJRAの偉いさん達って所詮?お役所の方ですから、

外国人がただただ珍しいから面白がって外国人の免許のルールを緩和したんかなぁ、とか考えてしまった次第です。

ここまで読まれて社長の愚痴混じりのトークに興味を持たれた方がおられましたら、是非探してみて下さい、ということで。



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…