blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:ドラゴンゲート

今回は、新日本プロレス ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア最終戦の、優勝決定トーナメント3試合をテレ朝チャンネル2の中継で観た感想を書きます。

98a02d72.jpg


de8fb66e.jpg


※東スポweb リコシェが新日スーパージュニア初V

続きを読む

26日の日曜日は、ドラゴンゲート香川県高松サンポート大会を観てきました。

残念ながら今回は、壁に貼られた沢山の横断幕が剥がれ落ちる事はありませんでした(笑)が、感想を書いていきましょう…

4597efd7.jpg


3a5374ae.jpg


※PC版公式ホームページよりこの日の試合結果

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…





続きを読む

昨夜は、ドラゴンゲート高松大会を観戦してきました。

今回はその感想みたいな文章を…

0f4dc88b.jpg


36dea0ad.jpg


※PC版ホームページ

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…

続きを読む

一昨日はですね、『GAORA開局20周年記念 スーパーファイト2011〜全日本プロレス・ドラゴンゲート夢の競演〜』の生中継を観たので、今回はその感想をガッツル!と書いていきましょう…

59badd58.jpg


c2e68d79.jpg


※PC版スポナビより


続きを読む

今回はプロレスの話を。

昨夜は、仕事終わりに地元で開催されていたドラゴンゲート高松大会のメインとセミだけを、フロアの一番後ろのでっかいスピーカーの横に立てって観てきました。

3abd09b3.jpg


※ドラゴンゲートPC版ホームページ

続きを読む

先日の、どらげ〜の大阪府立大会のPPVを録画したやつを観ました。

71dec15b.jpg


メインのCIMAvs鷹木について。

見終えた率直な感想を書きますと、何というか、

物凄い試合だ!とか、

感動した試合だ!とか、

凄く面白い試合だ!とか、

ムチャクチャな試合だ!とか

の言い方で表現するよりも、

どらげ〜そのものと、闘った二人に感心させられた試合、でしたねぇ。

1c2b2e0b.jpg

CIMAによるラフファイトから始まり、試合展開が何度も変わっていたから、

終わってみれば、またしても長期戦になっていたのは驚きました。

前回のセカンドとの防衛戦で、首に大きなダメージを負ったCIMA。

トップとしての責任感からか、結局地方興行を欠場しなかった事は、正直ど〜なんやろ?という気はしますが、

セカンド戦以降は、長期間にわたってスト市相手のリハビリ路線に専念していた甲斐があって、

ビッグマッチのメインを張るに相応しい…

とまでは言いにくいけど(クロスファイアー等では投げきれなかったみたいだし)、

鷹木の力技を受けまくる耐久力を回復する形で、ビッグマッチのメインを張れるコンディションまで回復していたのは、単純に評価しなきゃいけないんでしょうね。

それと同時に、CIMAが団体のメインストーリーに絡まなくてもいい様に、マッスル軍の爆弾ネタで話題を引っ張ったどらげ〜のストーリーの作り方も大したもんやなぁ、と改めて思いました。

それで、フィニッシュになった七色のスープレックスならぬ七色の丸め込み(笑)についても、

CIMAが言う通り、苦し紛れっちゃあ苦し紛れな訳ですが、30分間フルに動き回っていながらも、細かい動きにけキレがあったら、認めざるを得ないでしょ。

あれはあれで説得力があったと言い切っておきますか。

次の防衛戦では、これまでとはまた一味違う引き出しを見せてほしいものです。

0869651e.jpg


かたや鷹木。

前回CIMAに挑戦した、セカンドの暴走っぷりという名のテンパり方と比べたら、

(セカンドには悪いが)鷹木は、なんて堂々とした試合っぷりだった事か(シミジミ)

府立の前の時点で、週プロモバイルのコラムで鈴木健ちゃんが

『有望新人が多い2004年デビュー組の中で、最も新人離れの風格をもっていた鷹木が、

中嶋勝彦よりも先に大阪府立規模のビッグマッチのメインをシングルで張り、確実にCIMAとのキャリア差を感じさせない試合をするであろう』

現実に対する重要性を力説していましたが、

いざ試合をみたら、その意見に賛同せざるを得ないというか。

何年後になるかはさっぱりわかりませんが、鷹木がCIMA(?)からどらげ〜のトップを譲られる日を見届けよう、とは真面目に思いましたね。


cf55f607.jpg


さて、ここからはこの試合で不満が残った事を書きますと…続きを読む

ガオラの『どらげ〜無限大』を観ました。

今回は、CIMAが首の負傷のリハビリ中という事で、マッスル軍の仕掛けた『爆弾』を巡るストーリーが中心だったのですが…

83a8cb29.jpg

Gammaこと、スガッチのヒールっぷりが非常にわかりやすくて面白かったです(笑)

前者に関しては、スガッチがUターンしてきただけなのに、

スガッチを中心にして、皆のトークがここまでいい具合に感情が見えてくるとはなぁ。びっくりしましたよ。

大田区大会でのスガッチのどらげ〜離脱宣言時のコメントはどこまでがアングルでどこまでが本音なのかはわかりませんが、

どらげ〜が好きな者としてはスガッチが戻ってきてくれて嬉しい。

逆にいえば、このままスガッチがいないままならどーなっていたのやら。


6e7fe44c.jpg


もちろん、セカンドも頑張っているのは認めますが、声質の関係でヒールとしての喋りはかなり危なっかしいので…(苦笑)

さて、ここからはスガッチ以外の爆弾の感想について書きますか。

けんぞーは以前書いたから割愛するとして、神田は…

これはもうはっきり言っておきますが、ただでさえコンディション面での限界を感じた上で危機感を感じてヒールターンをした筈なのに、

試合中よりも、セコンドについてパシリに近いノリで、相手の足を引っ張ってる姿が目立ってる場合じゃねーだろって(怒)

何だかんだいって、神田が一番輝いてたのはオリジナルM2K時代なんだから、その思い出をヒールとして憎まれる為の材料にして、

もっちぃ・ヨコスス・クネス・あとできれば元・チョコボールKOBE(笑)に喧嘩を吹っかけてくれよって。

何なら、懐かしのキックボードを定番として認知されるまで凶器として使い続けるなり、

最近通販もやってるジャージの代わりに、オリジナルのスカジャンを作ってマッスル軍全員着用してきても面白いじゃないですか、ねぇ?

とにかく、京都であれだけ大胆にヒールターンをしながらも、

クネスら選手からも、ファンからも『それも仕方ないか』的な見方をされるのは相当やばいんだから、それだけは認識しといてほしいです。

1b33d11a.jpg


それと、追加の爆弾として発表されたNOSAWA論外。

個人的には、論外がこのタイミングで唐突にどらげ〜に参戦するのは、

まずギャラが良かったのと、

全日本プロレスが、どらげ〜と交流するパイプを『間接的に』作りたがっていたから外交官として乗り込むのと、

次回のNOSAWA興行に、マッスル軍の選手を引っ張りだす為、

等の理由があるのでは?と勝手に推測しまくっているのですが、

スガッチと、悪い事はするけど試合中は静かな論外との息が合うのか、それとも心がすれ違いになるのかは、結構楽しみだったりします。

続きを読む

今日も、プロレスの話を幾つか。

★三沢vs丸藤のGHC戦をみましたが…


a071ccdb.jpg


言うまでもなくスタミナ不足で、悪く言えばそれを誤魔化す為にエゲつなさを前面に出す、三沢の試合の組み立てには全く感情移入できなかったんですけど、

今回はそれに増して、丸藤がいかにも三沢に気を遣ってる感じで窮屈そうだったし、

そんな三沢と丸藤の姿を目の当たりのあたりにしても、

三沢コールで何となく盛り上がれてしまう大阪のファンに対しても、違和感を通り越して悲しくなったというか。

メジャー団体のプロレスを語るのって、難しくなったんですかね…

1029ee70.jpg

続きを読む

このページのトップヘ