blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:メイショウサムソン

今回は、録画していた『Sアリーナ』と『ガリレオ0』を観ながら、いろいろと思う事を2編に分けて書いていきます。

まずは、競馬のネタを…

3106783e.jpg


99f1083c.jpg
続きを読む

メイショウサムソンが出走した凱旋門賞がつい先程終了した訳ですが…

4262b5b6.jpg



8e3d0b71.jpg
続きを読む

昨日観たテレビ番組についてさらさらっと。

248927c7.jpg


3ecdb5a3.jpg
続きを読む

一昨日の宝塚記念を振り返りましょうか。

武豊については後から書くとして…


b18a510f.jpg


続きを読む

さてさて、今日は遂に、中央競馬 上半期最後の大一番である宝塚記念が行なわれる訳ですが…

599d1714.jpg

続きを読む

はい、今回の題名はひねりもなんもないですね。そんな感じでベタにレース回顧を(笑)

ec9ae224.jpg

続きを読む

さて、遅くなりましたが有馬記念を振り返りますか。

ぶっちゃけた話、レース内容に観るべきところはあまり無かったですよね…

03ee1013.jpg


レース前に☆との違いがわからないまま爆弾に指名していたマツリダゴッホに関しては、先週の頭にデータ派の須田鷹雄さんがかなりプッシュしていたし、僕も

『人馬両方の中山での実績と、今年の牡馬全体のレベルの低さから考えたら、勝ってもおかしくはない』

と思っていたので、

ネットで『買える訳がない』と軽めに騒然となるほど、意外ではなかったんですよね。

元々有馬記念ってそーいうレースですし(きっぱり)

c957746a.jpg

しかし、メイショウサムソンの惨敗に関しては、福山マシャ兄じゃないけど

『さっぱりわからない』

ですね。本当やられましたよ。

ありえそうな理由としては…

今年一番ハードな中距離Jpn気世辰進塚記念(ですよね?)を走って、

インフルエンザ騒ぎに巻き込まれた上で、天皇賞(秋)とジャパンカップで激走をした結果、

いわゆる“目に見えない疲れ”が溜まっていたパターンなのかなぁ、と。

ここ最近では、スペシャルウイークやテイエムオペラオー、あとシンボリクリスエスとゼンノロブロイあたりか。

これらの活躍ですっかり忘れていましたが、

秋のステップレース→天皇賞(秋)→ジャパンカップと目一杯走ったら、有馬記念では全くお釣りが無くなる!という昔あったパターンが、

SSの産句が減っていくに連れて復活したのならば、

来年以降の有馬記念はダイユウサクやらメジロパーマーの時並みに、しばらくは大荒れになるんですかね。こりゃ面倒臭い話や…。

a6704927.jpg


ちなみに、中山ではっきりと“例の野次”を聞いたという、僕が競馬でお世話になっている方は

好騎乗で勝った蛯名がKYなのか、へっぽこ騎乗で惨敗の武豊がKYなのか。

中山はわけのわからない空気に包まれました。

とにかく、1枠の馬が外に回しては話にならないですよ。内で我慢した蛯名とは大違いです

とコメントしてました。

確かにそれも一理ある。

人馬どちらもそれなりに責任あるなこりゃ、うん。

つづきは、他の馬について書きます。
続きを読む

今日は、有馬記念について改めて書いていきます。

いつもの様に長くなりますが、御了承下さい。

まずは本題の前に…

これは皆そうだと思いますが、金曜前売りでのロックドゥカンブの人気爆発!はびっくりしましたね。

41a02bbe.jpg

菊花賞での単勝人気と負け方、いかにも中山向けの血統であるところを考えたら、十分起こりえる事態ではあるんですけど、

ファン投票でウオッカに投票した人は単勝も早めに買ってやれよ!であるとか、

どんだけポップロックは勝つとは思われてないねん!って感じです(苦笑)

つづきからは本題。
続きを読む

0237cee2.jpg


今日は有馬記念の話を。

僕の中で、今年の有馬記念・最大のポイントは題名の通りですかね。

今回の題名は、関テレ制作『夢競馬』の中で、有力牝馬の有馬記念参戦の話になると、さんま師匠が杉本清さんに対して毎年必ず言っている格言です。

a903dbff.jpg

実際のところ、確かにあまり来てないのは来てないんですよね。

平成に入ってから馬券に絡んだのはヒシアマゾン、エアグルーヴ、トゥザヴィクトリーあたりか。

かつては、この格言に立ち向かう意味合いを大いに込めて自信の◎を付けたファインモーションが、

さとてっちゃんに潰されて、ウインズ高松では開いた口が塞がらなかった事もあったっけ(苦笑)

で、今年の三歳牝馬の2強。

大前提として、古馬牡馬のレベルが例年よりも相当低いので、付け入る隙は十分あるでしょう。

展開ひとつで勝ち負けをしても驚けない、とみています。

まぁ、今年の場合は、昨年の大半の陣営が、週の頭からディープインパクトがいたから半ば諦めムードだったのと違い、

どの陣営も色気を持って有馬記念に挑むから、あまり比較対象にしにくい部分はあらますが…

7ec2acb2.jpg


まずはウオッカ。

ジャパンカップの時は『訳がわからないから』無印にしましたが、

訳がわからない馬なりに見せ場を作り、それなりの結果を残した以上、今回は無印にするのは戸惑うなぁ、と。

四位が、まさかの早めの仕掛けをやったとしても(多分無理か)、

またはタニノギムレットの皐月賞みたいな、大外ぶん回しのムチャな競馬をやったとしても、頭!とまでは強気にはなれないけど、三着までには入りそうな気がして…

ed358ea2.jpg


つづいてダイワスカーレット。

前出のファインモーションは、鞍上武豊&一番人気を背負ったリスクで、タップダンスシチーに絡まれた訳ですが、

今年のダイワの場合は、前に行きたいor引っ掛かる馬が複数いるから、

ハナは切れないとしても、あの時のファインモーションみたいに徹底マークはされないでしょう。

こりゃ頭に来る可能性も十分ある…

と言いたいところですが、馬自身関東への輸送も初めてだし、中山コースとアンカツの相性がよくわからんからなぁ。

まぁ、朝日杯のレジェンドハンターみたいな競馬でも、馬の力で三着争いには絡めそうな気がするのは、ちょっと悲しいところですが(爆)

つづき以降は、他の有力馬について書きます。
続きを読む

今回は、ジャパンカップ・ターフの映像を観た感想を書きますか。


9d60a7d6.jpg


まず、メイショウサムソンの敗因は、弱点の瞬発力勝負になってしまった事…

だけでは無い気がしています。

柏木集保さんのコラムによると、サムソンは四角外を回して距離面でのロスがありながらも、上がり3Fが約33秒9で、

アドマイヤムーン&ポップロックに対しても食い下がったんだから、馬自身はやれる事はやれたかと。

8c26a0c0.jpg


今回はむしろ、武豊が最大の敵を天皇賞(秋)組ではなく、ウオッカと決め打ちをしていたからなんちゃうか?と思う次第で。

想像するに、武豊の理想としては、今コースの直線の内はあまり伸びないから外目に付ける事を意識して、

ウオッカが上がってくるのを観てから、横綱相撲っぽくそれを交わさせないレースをイメージしていたら、

直線内に付けていた先行馬の末脚が、武豊のイメージ以上に斬れたのが大誤算で、あーいう結果になったのではないか?と思います。

これは完全な結果論ですが、もし武豊が1000mを経過して中盤ペースがゆるんだのを察して、宝塚記念での石橋ばりの早めの仕掛けをしていたら…?

b76dca37.jpg

続きを読む

ジャパンカップダートについて。


04f829df.jpg


思い返せば、レギュラーメンバーが作ったハイラップを、レコードタイムで駆け抜けたウイングアローに始まり、

アメリカからの刺客・リドパレスを子供扱いして、ウイニングランが終わってもどよめきが止まらなかったクロフネ、

JBCでは何度も圧勝しながらも、何故かここでは劇的な惜敗を繰り返したアドマイヤドン、

エトセトラエトセトラ…

結果的に、昨日のジャパンカップダートは、来年から条件が変わり完全に別のレースになるのが

『ちょうどええタイミングやん』

と思わせる様なレースでしたね。

65a37009.jpg

今年のドバイWCの前にも書きましたが、僕はエルコンドルパサーが好きだったからヴァーミリアンは思い入れがある馬だし、

この先、何十年も破られないであろう、洒落にならんぐらいにレコードが更新されたし、

何頭も居そうなのに、案外居なかったJBC→JCダートの連勝も観れたから、納得はできた訳ですが、満足とは言いにくいというか…

大体、ヴァーミリアンって、こんなに圧勝してしまうぐらいに、

なおかつ、武豊が数字面で幾ら区切りのいい重賞勝ちだったとは言え、あんな派手なガッツポーズを披露してしまうぐらいの、

そこまで強い馬なのか?と凄く思ったんですよね。

そりゃ、アロンダイトが万全の状態でここに出てきていたら、アロンダイトが勝っていた!とかのムチャな意見を言う気はないですよ、さすがに。

これを書きながら観ている『競馬予想TV』でも皆言ってましたが、

今の日本のダート路線は、相当レベルが低いという事なんでしょうね。

ドラゴンファイアーとフリオーソ、あとフサイチホウオーも一応居たっけ。

とにかく、3歳馬が古馬相手に全く見せ場を作れなかった事は凄く残念。

特にドラゴンファイアーなんて、幾ら格下相手でもあれぐらいシビれる末脚を見せられたら、

もし馬券を買えたなら、例え鞍上がカツハルでも(誤爆)頭にして勝負してましたよ。

あぁそれなのに、それなのに。何やってんだかなぁ…

1a461f93.jpg


ところで、ヴァーミリアン陣営が、今後どーいうローテを組むかはわかりませんが、普通に考えたら東京大賞典はスルーするのでしょう。

年の瀬の大一番が、ヴァーミリアンに蹴散らされた馬達による敗者復活戦になるのは、切なくなるかも。

まぁ、敗者復活戦だからこそ、シーキングザダイヤが忘れた頃にJpn欺蘋覇、というオチもあるかもしれませんが(苦笑)
続きを読む

b3237591.jpg


今回は、悪い意味で日本競馬の歴史に残りそうな一昨日の天皇賞(秋)について書きますか。

一昨日はレース映像だけを観て、メイショウサムソン・まさかの完勝劇に驚き、

昨日はJRAのパトロールフィルムと、フジテレビが撮影した“ダイワメジャーカメラ”による不利の瞬間の映像を観て、本当いろいろ考えさせられました。

30a36cff.jpg


不利に関しては、僕の率直な感想を包み隠さず書けば、

エアグルーヴが勝ったオークスのノースサンデーの直線大斜行!と比べたら、エイシンデュピティの斜行はまだマシやろーと。

ノースサンデーの時なんて、それこそ一生に一度しか出れないクラシックで5頭ぐらい(だったかな?)が目の前をカットされる不利を受けたのに、

当時はどの騎手も馬主さんも、今回の件におけるユーイチやアンカツや岩田が五十嵐をボロクソに言うみたいに、加害者(横山典)の事を批判してなかったじゃないですか?

それなのに今回は…ねぇ。物凄く違和感があります。

昨夜の『酔いどれない競馬』の中で、高橋源さんや須田鷹雄さんも言ってましたが、

バルクが直線ヨレる常習犯だとわかってるんならば、不利を受けない様にバルクから離れる競馬をしましょうよ、となる次第で。

ただでさえ小回りのローカルじゃなく広い府中コースなんだし。

ついでに書けば、岩田なんて『トップギアに入れた時にぶつかって…』とコメントしてましたが、

少なくともエイシンが外にヨレた時に、エイシンとシャドウゲイトにまともに挟まれる不利を受けたアグネスアークが、巻き返して末脚をのばして、二着に突っ込んできたんだから、

他馬にぶつかってぐらい(?)で加速しきれなかったのを敗因にしないでくれよ、となりますよね。

もちろん、アグネスアークは評価しなきゃいけませんが。

4e93abde.jpg

ユーイチ&カンパニーも、少なくとも武豊が抜け出した後、

サムソンよりも更に内に突っ込む作戦も無い事は無かったんだから、そこまで五十嵐の事を批判しないでほしかったし、非難殺到の『福島で乗ってろ』発言なんて論外な訳で。

個人的にユーイチは好きな騎手ですが、若手時代には斤量の計算ミスで失格になった前科があって、

その後も北橋師に可愛がってもらって、あれだけローカルの小倉で勝たせてもらったのに、

公営の騎手にJpn気犬磴覆ローカルで乗ってろ!なんて、人間性を疑ってしまいそう(悲)

人間性を疑ってしまいそうといえばアドマイヤムーン陣営(大げさ)

ゴドルフィンへのトレード話の前後に、アドマイヤコンドー氏が『天皇賞に非常に思い入れが強い』事をマスコミ経由でアピールしていながらも、

いざ天皇賞(秋)を迎えたら『実はジャパンカップが今秋の最大目標だったのか?』と邪推してしまう様な仕上げ具合だったのは何なんだ、となっちゃいます。

まさか、アドマイヤコンドー氏のアピールは我々を煙にまく煙幕だったのか?謎だ…。

続きを読む

e86b920b.jpg

一昨日の朝、JRAから唐突に公表された馬インフルエンザの件は、やはり大事件になってしまいましたね。

ここ十数年ほどの間で、JRAと公営競馬の交流が急激に進むのを手放しに喜んではいましたが、

実はこーいう面でのリスクと、常に背中合わせだったんだ、と実感させられています。

僕自身は、第一報が流れて以降、何十回も須田鷹雄さんの掲示板等をチェックしてまして、そこでは現時点で考えられる、複数の最悪のケースも活字になっており、ある程度の“心の準備”はできていましたが、

感染経路は特定できないのに加えて、ホッカイドウ競馬の馬からも陽性反応は出るわと、非常に深刻な状態が明らかになり、

更に、次回いつ開催されるかは未定、と発表されて、

ダメ押しでメイショウサムソンの凱旋門賞挑戦が白紙に!という報道を目の当たりにすると、かなりへこみました(悲)


55d02e8e.jpg


本音を包み隠さずに書けば、

大型台風接近の時は、交通手段等の兼ね合いで毎回

『開催するかどうかは、レース当日の朝に発表します』

と、慎重に開催可能を判断しているにも関わらず、

今回は人間様に影響が無いのをいい事に、伝染病ながらも一度は安易に開催の意向を発表したJRA広報部に対して

『アホちゃうか!?』

と言わざるを得ない訳ですが、

それ以外の競馬会の関係者の方及びマスコミの皆さんには心から同情します。

自社制作の競馬バラエティー番組を一挙放送する形で緊急事態を乗り切ろうとするグリーンチャンネルや、

現時点では特別企画を放送するらしいKBS京都やテレビ西日本からは、

『そんなに簡単に、世間から競馬の存在を忘れさせてたまるか!』

的意地を凄く感じています。

ネガティヴな事を繰り返し書くのも不粋ではありますが、いつ再開されるか未定が故に、いつまでその意地を継続できるのかはわかりませんが頑張ってほしいなぁ。

まぁ、あっさり競馬関連の番組の休止を決めたフジテレビには、かなり閉口ものなんですけど、ね(爆)

地上波の“意地”の代替競馬番組は録画して後日チェックさせていただきます。

ちなみに、下の画像は明日のグリーンチャンネルのデジタル番組表の一部。

これなら、ノースクランブルでもいいような気が(誤爆)

a8f599a1.jpg

★K−1のワールドMAXのトーナメント一回戦を観ました。

bf0b6608.jpg


判定決着が続くという形で実力が拮抗している様に見えながらも、終わってみれば大波乱!がない順当な結果。

これは、主催者側のマッチメークが巧かったという事か。

もっとも『どっちが勝つか?』という意味合いから考えたら、小比類巻の試合の方がドキドキ&ヒヤヒヤさせられましたが、これは僕だけかなぁ?(苦笑)

それはさておき、試合について。

3Rしか放送されなかったけど(爆)ブアカーオの速さは相変わらずズバ抜けてるし、魔裟斗は結婚しても人気は凄いし強かった(笑)

ザンビディスの試合は見応えがあったし、佐藤も攻撃は安定している様に見えた。

とにかく、先週サップのどーしようも無い姿を見せられていただけに、MAXのレベルの高さには救われた気がします。皆、偉い。

7cdc7bc4.jpg


二回戦以降は、誰がブアカーオを止めるのか?が最大の見所になりそうですが、本当に魔裟斗とブァカーオがしょっぱなで当たるんですかね。

二回戦から“実質的な決勝戦”が観れてしまうならば複雑な気持ちになりますが、どーなる事やら…。続きを読む

30adc46e.jpg


“月”が快勝した、宝塚記念を渋々振り返りますか(笑)

まず何より語りたいのはメイショウサムソン。

まさか、叩き合いになって、ベロを出すぐらいに苦しがった上で競り負けるとはなぁ。

雨を抜きにしても、石橋や陣営はこーいう形で負けるとは想像してなかったんじゃないすかね。

とにかく、ショックを受けました。

356db574.jpg


でも、石橋があの超ハイペースのレースになっても天皇賞(春)同様に横綱相撲をとろうとしたのは、凄く評価したい。

少なくとも今後は、この前の『競馬予想TV!』で某予想家さんが言ってた

『カワカミプリンセスなんて、もし昨年ダービーを使っていたらウオッカみたいに勝ってたでしょ!?』

みたいな厳しいツッコミは、もうされなくなると思いたいです。

新聞を読む限り、松本オーナーは凱旋門賞を『行く方向で』話を進めるようですが、皆言ってるけど高橋厩舎のスタッフに海外遠征のノウハウが皆無なので…

凱旋門までの期間限定で、海外経験が豊富な厩舎にレンタル移籍が実現すりゃあいいのに(絶対無理)

もし奇跡が起きて、現地で一叩きをして万全に近い状態で凱旋門賞を迎えれたら、ディープインパクト以上に応援したいですね。

ヨーロッパの有力馬が全体的にゲートの出が遅いところを加味すれば、凱旋門賞が一昨日の宝塚記念みたいな超ハイペースにはなる訳がない訳で。

折り合いに不安が無いサムソンなら、脚が芝に合えば十分に勝ち負けできる気はするんやけどなぁ。

あとついでに書けば、メイショウサムソンの応援ツアーなら、昨年みたいなマナー最悪の日本人が大挙ロンシャンに押し寄せる!という非常に恥ずかしい事態は避けられるでしょうから…ね。

凱旋門賞に行っても行かなくても、とにかく頑張れメイショウサムソン、という事で(笑)

009821d4.jpg


で、アドマイヤムーン。

武豊が『武豊TV』で、

『芝の中距離で世界最高賞金のレースを勝ったから言うんじゃないんですけど、この馬、本当強くなりましたよ。世界トップクラスだと思います』

と大絶賛はしていたけど、

ドバイ以外の殆どのレースで直線追い込み策を使ったのを見るに、

古馬になっても直線先頭に立ったらソラを使う癖が抜けないから“あれしかできない”馬なんやろーと思ってましたが、

誰の指示かわからんけど、岩田自身が得意ではなさそうな“人気馬の徹底マーク”策から快勝したのを目の当たりにしてしまうと、

武豊が香港で三行半を突き付けられたのも、こりゃ致し方ないわな、という感じです。

この鞍上交替騒動に関しては完全に武豊寄りだった僕ですが、松田師が香港での疲労を回復して完調に仕上げてきたのも含めて、これは嫌でも認めざるを得ない(爆)

420199c2.jpg


さて、今後のムーンについてですが…

サムソン・ウオッカ不在&ダイワメジャーも復調しないならば、天皇賞(秋)はアドマイヤムーンのタダ貰いに近い状態になるし、

更に香港でも勝てば、かなり高い確率で年度代表馬に選ばれる筈。

武豊は、意地でもそれを阻止してほしい。

しかし、ポップロックとムーンが同じレースでぶつかる事は今後なさそうだから、まずお手馬を確保するところから始まるのが難題ですが…。
続きを読む

武豊に

『秋を含めても、今年のJpn気涼罎任蓮一番凄いハイレベルなメンバーが揃うと思いますよ』

と言わしめた、今年の宝塚記念の展望…の前に、まずは別の話を。

今週月曜の夜にたまたま聴いたABCラジオ『オン・ザ・ターフ』という競馬番組で、スペシャルウイークでもないのに武邦師&武豊が、ダブルスペシャルゲストとして共演していました(焦)

実際、栗東でも最近は見られないツーショットらしいのですが、何でまた競馬にはさほど力を入れていないABCラジオで実現したんやろ…?

そんな番組の中で、妙に印象に残った武邦師の言葉を書き記しておきます。

Q.武先生の騎手時代と今とで、競馬界が一番違ったと感じるところは?

『昔よりも、綺麗な女性の方がファンにもマスコミにも増えた。
しかも皆競馬の勉強をしていて、好きなのが伝わってくる。
夜に、高いお店にお酒を飲みに行かなくても、朝になれば綺麗な方が取材に来てくれるから、余計なお金を使わなくていい(笑)』

※武豊がすかさず『こんな事言ってたら勝てんわ(笑)』とツッコミ


Q.乗っていて一番強い!と思った馬は?

『今週が宝塚記念やから言うんじゃないんですけど、トウショウボーイは本当凄かった。
雨はてんでダメやったけど、何もかもが素晴らしかった。
宝塚記念なんて、パドックから負ける気せんかったもん』

※補則・トウショウボーイは四歳初戦の宝塚記念で、当時の芝状態ながらも上がり3Fを34秒のラップで逃げ切り、テンポイントらを完封!


Q.今週の宝塚記念で乗ってみたい馬は?

『そりゃ、ダービーであれだけ強かったウオッカはどんな乗り心地なのか知りたいですよ。
あと、やっぱりメイショウサムソンにも乗ってみたい。
あんまり強そうに見せんけど崩れないもんね。しぶとい。
でも乗りたいだけで、馬主さんから預かるのは止めとくわ(笑)』

※武豊『これは、来年のジョッキーマスターズに出るしかないでしょう(笑)』とすぐにツッコミ


こんな感じでした。

上機嫌の武邦師はお酒が入ってたっぽいけど、抜群に面白かったです。

しかし、キタノカチドキよりもトウショウボーイの方を評価していたのは驚いたというか…

2a696323.jpg


ここから以降は、宝塚記念について。続きを読む

6accc15d.jpg


関テレ・DREAM競馬 天皇賞(春)編を、改めて見直しました。

何回観ても直線の叩き合いは凄かったし、勝ち時計も想像以上の高速決着。

昨年みたいな、ド派手なパフォーマンスではなかったものの、メイショウサムソンは二冠馬に相応しい、素晴らしいレース内容だったと思います。

しかしまぁ、さっきの繰り返しになっちゃいますが、最後の直線の叩きあい。

ありゃ圧倒されますね。

二回目の坂の下りで積極的に仕掛けて、あとは追いっぱなし!という、いかにも修羅場慣れしていそうな大胆な騎乗を見せた石橋はともかくとして、

内から外から一旦差されたのを再度根性で差し返す!なんて『マキバオー』みたいなシーンを、

よりによってハナ差決着が少ない天皇賞(春)で見せられたら、松本オーナーも高橋師も、確実に心臓が縮み上がりますよ(爆)

サムソンの単勝を腰が抜けるぐらい買い込んで儲けた皆様共々、ご苦労さまでした、という事で。

あぁ、また久々に馬券が買いたくなったなぁ(笑)

e83da983.jpg


さて、他の馬についても書きますか。

僕が、MIKANさんのBBCに投票したデルタブルース。

岩田が事前にやろうとしていたレースはできたんでしょうけど、時計が速すぎたのか馬が衰えたのか、見事に沈んでしまった訳で(実際は落鉄もしていたらしいが)

正直引退を考える方がいいんじゃないかと…

アイポッパー。

武豊をして

『クセがなくて乗り易い。直線仕掛けてからも指示通り動いてくれる』

という馬が、今回に限ってゲートの出が悪く、位置どりが後ろになり過ぎて惜敗するなんて、皮肉としか言い様がない。

アンカツは、ダービーに向けて、いかにも『好事魔多し』という印象をもちました。

ダービーまでのGI、もしかしたらアンカツの馬は軽視してもいいのかも…?

続きを読む

de5fad90.jpg遅ればせながら、昼間のビデオをみましたが…

いや〜、武豊による、セイウンスカイの菊花賞ばりの変速ギアの大逃亡劇!って言うのか…あれはとにかく凄かったですね。

口にはしてなかったけど、前から淀の長距離戦であーいう大胆な事をやってみたかったんやろなぁ。

なにぶん僕の予想の段階では、

武豊は逃げてもトゥザヴィクトリーの有馬記念みたいな『俺のハナを叩いたらどうなるかわかっとるやろな?』的な睨みを利かせながらの逃げしかやらないと思っていたし、

何か引っ掛かった馬がいたら、あっさりハナに行かせて、昨年の菊花賞で(少し)苦しめられたアドマイヤジャパンみたいな形で直線先頭に立つ、

みたいな絵をイメージしていたので余計に…ねぇ。

関テレ中継の司会の宮川氏は、レース後に『必殺仕事人ともいうべき武コーシロー騎手がやってくれました!』とコメントしてましたが、

先輩・石橋には何が何でも先着する!と腹を括っていた武豊の方が、よっぽど仕事人だったかも知れない。

ウインズ高松の女性客に『いやーっ!』と悲鳴をあげさせながら快勝した(マジ話)ソングオブウインドも、武豊が作った展開に助けられた面はありますが、菊花賞では絶対不利の要素の筈の大外枠に入って、大外から追い込んでレコード勝ちなんだから、フロックだとは言えないですけどね。

しかし、メイショウサムソンはなぁ…

叩き方が足りなかったのかも知れないし、

極端なハイペースになったし、

どうやら、直線の坂の有無で末脚の伸び方が大きく変わるタイプみたいから、

しゃーない面は多々ありますが、

ダービーであれだけ強い競馬で勝ったんだから、せめて後ろから来る馬から交わされる時にもうちょっと抵抗をしてほしかった。

そーいう意味では不満が残りました。

石橋&瀬戸口厩舎のスタッフも不満が残った事でしょう。

この無念は、有馬記念でディープインパクト&ハーツクライを倒す事で晴らしてもらいますか。

境勝太郎さん以来の、調教師生活ラストの有馬記念優勝!というドラマを見せて下さい、という事で(笑)

なお、今日の画像は、コーシローが表彰式に向かう直前のシーン。

松本オーナーを見つけたコーシローは、自ら駆け寄って握手を求めにいって『どうもすみませんでした』と一言。

苦労人&大人の松本オーナーは『いやいや、おめでとう』と言葉をかわしていたとか。

今日の結論。

いやはや、これも競馬なんですねぇ(しみじみ)

404951db.jpg

このページのトップヘ