blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:安田記念

今回は、遅ればせながら競馬・安田記念のレース回顧を書いていきましょう。

c94c8498.jpg


続きを読む

今回は、競馬・NHKマイルカップの振り返りを書いていきます。

9d8144be.jpg


続きを読む

今回は先週の競馬・安田記念のレース回顧…と言いながらもネガティブな文章を書いていきます。

89bd995e.jpg



続きを読む

遅ればせながら、競馬・安田記念のレース回顧を…。

579c1b7b.jpg


be3492ff.jpg



続きを読む

今回は、一週遅れで安田記念の回顧と、その他の競馬ネタをちょっとだけ。

まずは安田記念。

c9a22ff7.jpg


eee2b008.jpg

続きを読む

…今更感はありますが一応府中開催中なので、それでも書かせていただきます。

先週の安田記念の感想です(笑)

1aa2416a.jpg


92ea6a70.jpg


続きを読む

今回は、競馬についていろいろ書いていきましょう。

66c9077e.jpg


c2487fe7.jpg

続きを読む

今回は、日本ダービーのレース回顧を…

3731ddf5.jpg


e49da0a6.jpg




続きを読む

ちょっと遅くなりましたが、安田記念を振り返りましょうか…


f849d9d2.jpg
続きを読む

今回は、明日に迫った“春の府中 G毅杵∪錙最終戦”である安田記念について…

496e323d.jpg


続きを読む

ちょっと遅くなりましたが、安田記念について。

終わってみれば“ひとり舞台”だった感があるダイワメジャーは…

44b09f3e.jpg


レース前夜の『競馬予想TV』では、ヒロシ氏を含めた予想家陣が、誰もプッシュ“していなかった”ところからして

『ダイワは、年令面やドバイでのレース内容からして、ある程度自信を持って消したけど、逆に快勝しちゃうのか?』

という一抹の不安がよぎりましたが、まさか…ねぇ。

冷静にレースを振り返れば、アンカツが毎日王冠以降王道の様な先行抜け出しの競馬を続けているのもあって気にしていなかったのですが、こいつはマイルがベストの距離だったのかなぁ、と。

今にして思えば、ダイワメジャーにつぐ成績を残したSS×NTの血を持つ名馬・デュランダルもマイルがベストの馬だった。

そう考えたら、秋は、メイショウサムソンらが居ないであろう、半分空き家状態の天皇賞(秋)は問題無いとして、

それ以降は香港を標的にしてもらって、年明けの年度代表馬争いを混乱させて下さい、という事で(笑)

a67d063a.jpg


それと、安田記念の後で僕が競馬の面で非常にお世話になっている方とやりとりをしたんですけど、

ダイワメジャーは引退後、種牡馬として相当高く評価されるんじゃないか、と。

ある程度強気な種付け料を吹っかけても大丈夫、みたいな(苦笑)

言うまでもなく“最後のSS産駒大物種牡馬”的として扱われるでしょうし、

何だかんだでペースや距離の融通は効くし、皐月賞を勝ちながらも成長力は晩成に近いものがある。

似た血統ながら常に蹄の不安があったデュランダルと違って、喉鳴りは手術で完治している。

社台系以外(爆)の大手生産者は、国内外問わず相当重宝するんとちゃうかなぁ…

という事で、怪我はしないで今年を走り切ってほしいところです。

まぁ、もしかしたら来年も馬主さんの意向で現役続行するかも知れませんが、それはそれとして…

続きを読む

昨夜の『インディーのお仕事』をみました。

以前こちらでネタにした、伊勢崎の関川さんことポーゴさんの復帰戦が放送されてましたねぇ。

入場時に、三田さんが天然で

『ポーゴさん、ちゃんと歩いて入場できてますよ!』

というコメントをしていたのは爆笑してしまいました(すみません)

efce57a7.jpg


で、試合。

ポーゴさん曰く、腰以外は大丈夫という事でしたが、コンディション的には復調途中という感じでしたね。

あれなら、メインはマグ岸達に託す方がお客さんは満足できたのかも。

どーしてもポーゴさんのメインが動かせないなら、せめてタッグマッチにしておけば…。

大体、普段試合をしていない者同士のデスマッチなのに、極端に選手の動きが制限されて、更にお客さんが試合に集中できない月光闇討ちマッチで行われたのはかなり意味不明ですよ。

それで、いざやってみたらポーゴさんが想像していたよりも試合内容に納得できず(基本的には)気が小さいポーゴさんが思わず引退を口にしちゃったパターンじゃないかと…

厨房に入りながら、秋に向けてのんびりリハビリしていって下さい、という事で。


そんなポーゴさんの試合の後に放送されたのが、個人的にはかなり興味があった、飯伏幸太の学生プロレス参戦のリポート(笑)

6391b2f3.jpg


てっきり、DDTテックが映像を収録して、DDTファンタジア枠で、ネタが無い時にじっくり放送されるのかと思ったら、サムライのカメラが収録してたんやなぁ。

それはさておき、僕は学生プロレスを生で観た事がないもんで、学生プロレスの世界で、下ネタの要素以外の何が、リアルプロレスバカ・飯伏の心を揺さ振ったのかが、今回のリポートを観るまではぼんやりとイメージする事しかできなかったんですよね。

それ以前に、飯伏が何を考えているのかもよくわからないけど(誤爆)それは横に置いといて、

学生プロレスの魅力は何なんだろう?という点に重きを置いて今回のリポートを観たのですが…

やっぱり学生プロレスの魅力は、よくわからない。

やっぱり生で観なきゃわからないものなのか?

ここまで、思わせぶりな書き方をして申し訳ありません(爆)

さて、そんな飯伏と闘った童(中略)貞くんですが、敢えてDDTに参戦オファーを出す度胸があるぐらいだから、将来は強烈な個性派プロレスラーの“ダイヤの原石”なのか?と思っていたらそうでもなかったし、しばらくは学業を優先するみたい(苦笑)

試合のキーポイントになった龍剛馬による逮捕ネタも、ネタの作り込み方がモッコリランドでの江戸侍ネタレベルにしか感じなかったし。

強いてあげたら、野外ならではの解放感と胡散臭さのアンバランスさ、あとアットホームな雰囲気なんすかね…

63555b60.jpg


ただ、番組の中でピエールもコメントしてましたが、プロのプロレスラーとしての凄味を見せつつ、学生プロレスの世界に付き合い、更に相手に怪我をさせず、

おまけにDDTでも見せないムーブまで見せて観客を驚かせてくれた飯伏は、本当、素晴らしいと思います。

今度ビッグマウスラウド勢を返り撃ちにした暁には、是非マイクで

『学生プロレスで修業してこい!』

とかカマしてほしいなぁ(妄想)

他のドインディー団体や学生プロレス、あとローカルインディーの関係者の皆さんは、この飯伏の欲求を満たす冒険(?)に協力して下さい、みたいな感じです。

d47e878f.jpg

続きを読む

このページのトップヘ