blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:宝塚記念

今回は、競馬・日本ダービーのカウントダウンにあわせて?天皇賞(春)のレース回顧をさらさらっと書いていきましょう。

6dac287c.jpg




続きを読む

今回は、競馬・宝塚記念のレース回顧と、ゴールドシップ&ジャスタウェイの凱旋門賞挑戦の正式発表について書いていきましょう。

2c59400a.jpg

bfbed560.jpg



続きを読む

今回は宝塚記念の前夜に放送された、宮川一朗太さんと六車奈々さんのユーストリーム番組『いち・奈々で鉄板!』第3回のアーカイブを観た感想を。

131912f9.jpg


813fa165.jpg


※アーカイブはこちら

≪一応以下ネタバレ注意≫


続きを読む

今回は、中央競馬春のGIシリーズ最終戦・宝塚記念のレース回顧を書いていきます。


ab426596.jpg


974623d1.jpg




続きを読む

今回は、金に余裕が無いから馬券は買わないクセに、偉そうに?宝塚記念の話を書いていきましょう…

7f97b730.jpg


MIKAMIの『ブログ式スク〜ルボ〜イ』 BBC第132戦/上半期最終戦・G1宝塚記念!


続きを読む

今回は日本ダービーの前夜に放送された、宮川一朗太さんと六車奈々さんのユーストリーム番組『いち・奈々で鉄板!』第2回のアーカイブを観た感想を…

813fa165.jpg


※アーカイブはこちら


続きを読む

今回は、先週の日本国内外の競馬の大一番のレース回顧をさらさらっと書いていきましょう…

7eabfb80.jpg


42020b4c.jpg


0923bca4.jpg




続きを読む

今回は、競馬・宝塚記念(グランプリ)のレース回顧を書いていきましょう。

0421a43d.jpg


ac81f447.jpg



続きを読む

今回はいつものレス特集と、宝塚記念のざっくりとしたレース展望を書いていきましょう。

あなたの夢は、オルフェーヴルかルーラーシップか、はたまたリアルテレビ馬・ネコパンチか…

0dfd6292.jpg


続きを読む

遅ればせながら、先週の競馬・天皇賞(春)のレース回顧を。

757fc3aa.jpg


e2705f01.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…




続きを読む

今回は競馬ネタ。

遂にWIN5の2億円配当を叩き出した、宝塚記念(グランプリ)のレース回顧を一週遅れでお送りしましょう。

f6ccdd56.jpg


473d5cd4.jpg

続きを読む

今回はメモ代わりに、今日の宝塚記念の馬券の買い目を書き記しておきます。

2f626466.jpg

※何故か、PC版競馬beatホームページ内の杉本清さんのコラム続きを読む

オグリキャップの訃報があって、正直タイミングを逃した感はありますが、

今回は宝塚記念のレース回顧等競馬のネタを書きましょう…

2f2b55c2.jpg


b2b68ef3.jpg




続きを読む

大幅に遅くなりましたが、今回は宝塚記念のレース回顧を書きましょう。

8a4dd8e5.jpg


続きを読む

今日は、プロレスと競馬の話を…

0b927dc9.jpg


c05ea2e8.jpg




続きを読む

一昨日の宝塚記念を振り返りましょうか。

武豊については後から書くとして…


b18a510f.jpg


続きを読む

さてさて、今日は遂に、中央競馬 上半期最後の大一番である宝塚記念が行なわれる訳ですが…

599d1714.jpg

続きを読む

30adc46e.jpg


“月”が快勝した、宝塚記念を渋々振り返りますか(笑)

まず何より語りたいのはメイショウサムソン。

まさか、叩き合いになって、ベロを出すぐらいに苦しがった上で競り負けるとはなぁ。

雨を抜きにしても、石橋や陣営はこーいう形で負けるとは想像してなかったんじゃないすかね。

とにかく、ショックを受けました。

356db574.jpg


でも、石橋があの超ハイペースのレースになっても天皇賞(春)同様に横綱相撲をとろうとしたのは、凄く評価したい。

少なくとも今後は、この前の『競馬予想TV!』で某予想家さんが言ってた

『カワカミプリンセスなんて、もし昨年ダービーを使っていたらウオッカみたいに勝ってたでしょ!?』

みたいな厳しいツッコミは、もうされなくなると思いたいです。

新聞を読む限り、松本オーナーは凱旋門賞を『行く方向で』話を進めるようですが、皆言ってるけど高橋厩舎のスタッフに海外遠征のノウハウが皆無なので…

凱旋門までの期間限定で、海外経験が豊富な厩舎にレンタル移籍が実現すりゃあいいのに(絶対無理)

もし奇跡が起きて、現地で一叩きをして万全に近い状態で凱旋門賞を迎えれたら、ディープインパクト以上に応援したいですね。

ヨーロッパの有力馬が全体的にゲートの出が遅いところを加味すれば、凱旋門賞が一昨日の宝塚記念みたいな超ハイペースにはなる訳がない訳で。

折り合いに不安が無いサムソンなら、脚が芝に合えば十分に勝ち負けできる気はするんやけどなぁ。

あとついでに書けば、メイショウサムソンの応援ツアーなら、昨年みたいなマナー最悪の日本人が大挙ロンシャンに押し寄せる!という非常に恥ずかしい事態は避けられるでしょうから…ね。

凱旋門賞に行っても行かなくても、とにかく頑張れメイショウサムソン、という事で(笑)

009821d4.jpg


で、アドマイヤムーン。

武豊が『武豊TV』で、

『芝の中距離で世界最高賞金のレースを勝ったから言うんじゃないんですけど、この馬、本当強くなりましたよ。世界トップクラスだと思います』

と大絶賛はしていたけど、

ドバイ以外の殆どのレースで直線追い込み策を使ったのを見るに、

古馬になっても直線先頭に立ったらソラを使う癖が抜けないから“あれしかできない”馬なんやろーと思ってましたが、

誰の指示かわからんけど、岩田自身が得意ではなさそうな“人気馬の徹底マーク”策から快勝したのを目の当たりにしてしまうと、

武豊が香港で三行半を突き付けられたのも、こりゃ致し方ないわな、という感じです。

この鞍上交替騒動に関しては完全に武豊寄りだった僕ですが、松田師が香港での疲労を回復して完調に仕上げてきたのも含めて、これは嫌でも認めざるを得ない(爆)

420199c2.jpg


さて、今後のムーンについてですが…

サムソン・ウオッカ不在&ダイワメジャーも復調しないならば、天皇賞(秋)はアドマイヤムーンのタダ貰いに近い状態になるし、

更に香港でも勝てば、かなり高い確率で年度代表馬に選ばれる筈。

武豊は、意地でもそれを阻止してほしい。

しかし、ポップロックとムーンが同じレースでぶつかる事は今後なさそうだから、まずお手馬を確保するところから始まるのが難題ですが…。
続きを読む

武豊に

『秋を含めても、今年のJpn気涼罎任蓮一番凄いハイレベルなメンバーが揃うと思いますよ』

と言わしめた、今年の宝塚記念の展望…の前に、まずは別の話を。

今週月曜の夜にたまたま聴いたABCラジオ『オン・ザ・ターフ』という競馬番組で、スペシャルウイークでもないのに武邦師&武豊が、ダブルスペシャルゲストとして共演していました(焦)

実際、栗東でも最近は見られないツーショットらしいのですが、何でまた競馬にはさほど力を入れていないABCラジオで実現したんやろ…?

そんな番組の中で、妙に印象に残った武邦師の言葉を書き記しておきます。

Q.武先生の騎手時代と今とで、競馬界が一番違ったと感じるところは?

『昔よりも、綺麗な女性の方がファンにもマスコミにも増えた。
しかも皆競馬の勉強をしていて、好きなのが伝わってくる。
夜に、高いお店にお酒を飲みに行かなくても、朝になれば綺麗な方が取材に来てくれるから、余計なお金を使わなくていい(笑)』

※武豊がすかさず『こんな事言ってたら勝てんわ(笑)』とツッコミ


Q.乗っていて一番強い!と思った馬は?

『今週が宝塚記念やから言うんじゃないんですけど、トウショウボーイは本当凄かった。
雨はてんでダメやったけど、何もかもが素晴らしかった。
宝塚記念なんて、パドックから負ける気せんかったもん』

※補則・トウショウボーイは四歳初戦の宝塚記念で、当時の芝状態ながらも上がり3Fを34秒のラップで逃げ切り、テンポイントらを完封!


Q.今週の宝塚記念で乗ってみたい馬は?

『そりゃ、ダービーであれだけ強かったウオッカはどんな乗り心地なのか知りたいですよ。
あと、やっぱりメイショウサムソンにも乗ってみたい。
あんまり強そうに見せんけど崩れないもんね。しぶとい。
でも乗りたいだけで、馬主さんから預かるのは止めとくわ(笑)』

※武豊『これは、来年のジョッキーマスターズに出るしかないでしょう(笑)』とすぐにツッコミ


こんな感じでした。

上機嫌の武邦師はお酒が入ってたっぽいけど、抜群に面白かったです。

しかし、キタノカチドキよりもトウショウボーイの方を評価していたのは驚いたというか…

2a696323.jpg


ここから以降は、宝塚記念について。続きを読む

西日本の競馬ファンの中では、すっかり初夏の悪夢として定着している『東海テレビ版DREAM競馬』のシーズンも何とか終了した訳ですが、

今開催・最終日で一番印象に残ったのは、やはりウオッカの宝塚記念参戦正式決定でしょう。

ここからは、この件について思う事をだらだらと書いていきます…

9ff25def.jpg


まず最初に思ったのは、

あー、これで角居師はウオッカを有馬記念では使わない・できれば凱旋門賞で勝ち逃げをしたいんやろーなぁ、と。

よって、宝塚記念がウオッカの国内最終レースになるかも知れないから登録してきたんでしょう、多分。

引退云々は僕の妄想だから横に置いといて、実際ダービーであのとんでもないパフォーマンスを見せた馬が、今度は斤量が51キロで出走可能だから(四位が乗れるかどうかは不明やけど)、陣営がリスクを承知で古馬に挑戦をしたくなる気持ちはわからん事もないし、

調子落ちさえなければ、日本競馬史たぶん最初で最後・空前絶後のJpn杵⊂〃爐あっても、おかしくはない。

2f32772f.jpg


でもねぇ…

素人目から観ても相当レベルが高いのがわかる…

それこそ、凱旋門賞本番よりも骨太なメンツが揃ったかも知れない(苦笑)

そんな今年の宝塚記念のメンバーを相手に、三歳馬が秋へのダメージを残さずに勝ち負けをするというのは無理がある話だと思うんですよ。

たぶん引っ掛かるコスモバルクにインティライミ、今が旬の松岡が騎乗するアサクサキングスに加えて、アドマイヤムーン用のペースメーカー・アドマイヤメインが居る(川田が乗るんだから勝ちは度がえしでしょう 爆)以上、ハイペースは必至。

メイショウドトウが勝った年の某騎手みたいに、ウオッカの邪魔を最優先する騎手も、きっと居るに違いない(爆)

という事で、僕はウオッカが凱旋門賞に勝つという夢を見たいからこそ、一日も早く宝塚参戦をキャンセルしてほしい、と心から願っています。はい。
続きを読む

このページのトップヘ