blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:桜庭和志

一昨日は、映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM 〜♯1入門編〜』を観てきたので、今回はその感想を書いていきましょう。

キヨシです、キヨシです、キヨシです…

42d07ba7.jpg

※PC版ホームページ

≪一応以下ネタバレ注意≫

続きを読む

今回はプロレスのネタをひとつ。

859d6530.jpg


63eb02a7.jpg

※プロレス/格闘技カクトウログ 新日本プロレス1・4東京ドーム大会速報観戦記まとめ

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…




続きを読む

今回はプロレスのネタを…

0da819b8.jpg


710d4500.jpg


※PC版テレビ朝日ホームページより


続きを読む

えーと、今回はちょっと手抜きです(苦笑)

164edaa0.jpg


※PC版ブラックアイ2さんより


続きを読む

佐藤隆太くんの髪型と『SPEC』のCMが変に心をざわつかせてくれた、DREAM16・名古屋大会の地上波中継を観ました。

試合を振りかえる前に思った事を書きますとですね…

4d90de39.jpg


3e66cc12.jpg


※スポナビより
続きを読む

今回はですね、お世話になっているふるきちさんのブログを読んでから、ふと思い出した昔話を…

069c4f73.jpg


※ユー何とかより

続きを読む

今頃録画した奴を観はじめた、昨年大晦日の紅白歌合戦をBGMにしながら、改めて田村潔司vs桜庭和志を振り返ってみます…

d6ba9493.jpg


7df0928a.jpg


※田村潔司のタキシードブログ(誤解)続きを読む

今年も、マイペースでいろいろ書き殴っていきますので、皆様よろしくお願いします。

そしたら、挨拶は程々にして…と。


7d7e6265.jpg


50e12019.jpg


※スポナビより


続きを読む

今回は、Dynamite!等について。

d7a870d4.jpg

96392730.jpg
続きを読む

男色ユーコーこと宮戸氏が仕切るIGF新体制が気になって気になって仕方なかったので(大嘘)週刊プロレスを買いまして、

事前に一番引っ掛かりがあった記事を真っ先に読んだのですが…


bfc4c0b0.jpg

続きを読む

一昨日、大晦日のDynamite!で、田村潔司と桜庭和志による、

UWFを知る者にとっては世紀の大一番、

そうでない方には“それなりの”ビッグマッチが行なわれる事が正式に発表された訳ですが、

今回はそれについて思う事を…

d5d86eae.jpg


※スポナビの記事

続きを読む

DREAM4のPPV中継、ミドル級グランプリ二回戦を観ましたが…


5cd65403.jpg
続きを読む

今日は、格闘技と競馬の話題を…

5dc7be82.jpg


d9f9400d.jpg

続きを読む

昨日、DREAM1の青木vsカルバン・無効試合問題の結論よりも先に、

DREAM2での田村潔司vs船木誠勝と桜庭和志vs極真空手の人(名前知らん)の対戦カードが発表された訳ですが…

a9b3e3fa.jpg
続きを読む


5758f47a.jpg


昨夜放送の『HERO'S』を観ました。

興行でも番組構成上でも、メインになっていたミドル級トーナメントの決勝は、準決勝で消耗したスタミナの差が出た感じ。

対世間一般の視聴者へのセールスポイントになっていた山本KIDの試合は、二人の攻防もあまり噛み合わなければ、レフェリングも噛み合わない結果に終わり、どちらも観ていて辛いものがありましたが、

視聴率を気にしなければ、お客さんも盛り上がってましたし、全体的に良い興行だったと言い切ってもいいんじゃないでしょうか。

そんな中で、一番心の琴線に響いたのは柴田勝頼の入場シーン。ありゃカッコ良かったなぁ。

248e5286.jpg

入場自体は、昨年のDDT後楽園に出てきたイタリアン・ウォリアーばりの突進&ロープワークで、

花道の途中にはレッスルマニアでのドラゴン校長の様に躓きながらも、勢いで前方回転して立ち上がる!という感じ。

あっという間に終わったけど(苦笑)力が入りました。

何度もその入場シーンを繰り返して観ているうちに、

桜庭から、船木戦への実質的なトライアル扱いされた憤り&悲愴感を入場から放出させていて、

だめ押しで、ヒクソンの花束贈呈で燃える思いを前面に出していた様に見えた様に見えたというか(大げさ)

ところで肝心の試合。

桜庭が打ち合いに付き合わず、柴田を寝かして顔面パンチを的確に当て続けてボッコボコにするという展開はびっくりさせられました。

でも、あれぐらい隙を見せず&凄味を見せつけないと、船木とヒクソンに対して、試合後にデカい事をアピールをできないと言われたら、

それもまたプロレスラーとしてはある意味正しい立ち振る舞いだったとも言える訳で。

桜庭がどういう気持ちで試合に臨むのか?という意味で、大晦日の船木戦に対してかなり興味が沸いてきましたね…

41310319.jpg


あっ、でも仮に桜庭vs船木が実現したとしても、この柴田戦を実況したアナウンサーさんが実況を担当するのはご勘弁を。

柴田の顔面が腫れて、試合のクライマックスに近づいているのを察しながらも、緊張感をかき消すかの様に簡単に井上ワカにコメントを求めるのはどーなんだって。ねぇ?

ついでに書けば、最近の報道通りに交渉がまとまって、ヒクソンが大晦日に本当に出場してきたら、ぬるぬる秋山以上に引くなぁ、という事で。

僕の中のヒクソンって、今度の島田紳助さんの『クイズ・ここまで出てるのにぃ〜』の出題対象になってますもん(爆)

続きを読む

19bcc8b3.jpg


えーとですね、桜庭の試合&レスナーの試合の、実質的にはエキシビションマッチだった2試合以外は、試合結果どころか組み合わせも知らない状態で『Dynamite!USA』の中継を観させていただきました。

まずは桜庭vsホイスについて。

bee843a0.jpg


僕は、カード発表時から『これはエキシビションマッチなのだ』と自己暗示をかけ続けていたので

『エキシビションならこんなもんやろ』

という感想しか出てこないのですが、

チェホンマンの件も含め、現地のコミッション指定ルールはもうちょっと巧く調整できんかったんかい?とは凄く思いました。

ワセリンの使用OKもそうですが、マッチョ記者さんが書いた桜庭ネタの文章を読む限り、

今の桜庭に対してヒザのテーピング禁止を通達するなんて

『某ボクシングジム関係者の、対戦相手への下剤入りフルーツ差し入れ疑惑』

以上に、やる事がえげつないと言わざるを得ない。

正直、桜庭は最後までよく立っていられたよなぁ、と思いました。

あれも、桜庭からすればプロレスラーとしての自我が生んだやせ我慢なのかも知れません…

って、そんな桜庭を寝かせられなかったホイスがしょっぱかったと言えばそれまでですが(苦笑)

18f6995f.jpg


ルール問題に関して思う事は…

谷川氏からすれば、今回は興行を成立させるのが第一だった筈だし、

ネットであーだこーだ言ってもなかなか考えが変わらない方だから、今更谷川氏に文句を言うつもりはありません(爆)

でも、そうだったら代わりに“雇われスーパーバイザー”の前田日明を、vs現地コミッションとの交渉やマスコミ対応時に前面に出して、一連の興行内容の不手際の責任を前田日明になすりつけるぐらいの したたかさを見せてくれよ、と。

嫌でも今後の谷川氏は、UFC系列の団体との興行戦争で矢面に立たされるんやから、それぐらい策略を考えてくれなきゃ…ねぇ。

もしかしたら、今回は前田日明に頼んではいたけど断られたから、止むなく谷川氏が前面に立っていたのならば笑えますが(嘘)

続きを読む

昨夜のSアリーナで、PRIDEのリング上での田村潔司と桜庭和志の歴史的な再会シーンを観ました。

0bba8564.jpg


いやねぇ、確かにびっくりはしましたよ。

資金力もあって、自らとファンが観たいカードを大概いろいろ実現させてきた榊原氏が、

どれだけ熱心に&根気強くオファーを出し続けても実現できなかった田村vs桜庭戦の『プレビュー』が、現体制のPRIDEの最終興行で実現したんやから。

それは認めますよ。うん。

でもねぇ、桜庭と田村に思い入れがあるファンの皆さんと、誰よりも桜庭本人が、昨日の段階で感極まっているのは

『何か違うやろ、それ?』

と思えて仕方ないです。

とにかく、一昨日のは『プレビュー』なんですから。

肝心の、PRIDEの新経営陣と谷川氏サイドの交渉は(多分)これからなんですから…ね。

谷川氏が、桜庭派遣のバーターで、どんなとんでもない交換条件を要求するかも、見当がつかない。

よって、今から期待していたら、万が一交渉が頓挫なんかしたら物凄い虚脱感に襲われますよ、という事で(誤爆)

それと、仮に試合が正式決まったとしても、対戦相手の田村があんな至近距離に居たのに、あんなに涙を流していたら格闘家としたら“甘い”と言わざるを得ないですよ。

男色の宮戸氏なんかは、後日雑誌のインタビューでこの見解と同じな事を言うんじゃないすかね?

ついでに書けば、プロレスラーとしても、昔の大仁田っぽく見えてノレないですよ…

とにかく、そーいうところを『プレビュー』の段階で見せてたら、したたかさでは日本人選手ではトップクラスの田村にはまず勝てませんよ。

田村の中では、桜庭戦は、悲願である吉田秀彦との再戦への通過点の一つ、という面に比重を重くしているかも知れない訳だし…

続きを読む

0114efa9.jpg大晦日のぬるぬる事件に関しては、被害者の桜庭が公の場で口を開いた以上、これで終結に向かうみたいですね。

大晦日の試合後には、関係者“以外”にも怒りをぶちまけていたという桜庭も、時間が経てば大人の対応をしていたのは偉いなぁ、と思いました。

ここだけの話、桜庭に関しては…

DSEと決別する前に弁護士さんに相談していたのなら、

K−1と契約する前に、今回の様にルール等で不手際があって信頼できない事態が発生すれば、桜庭サイドから契約を破棄できる、みたいな条項を作っておくべきだったんじゃないか?と考えていました。

中邑vsイグナショフの結果があっさり引っ繰り返った件をはじめとして、HERO'Sのルール面での不手際を知っているならば、そーいう防御策は考えておくべきでしょ。

もし、そーいう防御作を考えていなかったとしたら、桜庭はK−1の管理体制を甘くみていたのか?と要らん事を考えてしまうというか。極論ですが。

とりあえず、桜庭は今後もHERO'Sには上がる意向の様ですが、あと何試合やるかはわからないんですけど、

第一線から身を引いた後には、是非HERO'Sの“権限のある”スーパーバイザーに就任してほしいし、

現状ではもちろん無理でしょうが、石井元館長に代わってDSEとK−1の仲を取り持つポジションに就けばいいのに、なんて考えてしまいました…

う〜ん、でもこれは遠い将来でも無理か(苦笑)

ところで、秋山への処分内容をどう感じたかはここでは触れません。他の皆さんがどう感じたかはいろいろなサイトを回って目にはしていますが。

でも、谷川氏の頭の中に今“永久追放できなかった”秋山の相手として、桜庭以外ではどんな選手の名前が漠然と浮かんでいるのだろうか?

妙に気になっています。

谷川氏の事だから、ミルコを大晦日に引っ張りだす、とかの無茶をやりかねないかも(誤爆)


58b112fa.jpg


あと、昨日の会見とは別に、前田日明に対して思う事をちょこっと書いておきます。

僕は、前田日明が大晦日の前から完全に沈黙しているのは、

。法檻韻噺鬚錣靴討い觀戚鷭颪涼罎法■法檻餌Δ留寨なしでネットやマスコミにコメントを出すと洒落にならんぐらいの違約金とかを払わされる、みたいな条項があって喋れない

∈庭も秋山も、どちらに対しても気を遣い黙っている

2燭慮限もないHERO'Sの役職の契約が切れた後再始動させるつもりのリングスの為、水面下であちこちに動いている

という感じではないかと。全部妄想なので説得力はありませんが。

もっとも、典型的な“おせっかい”の前田日明が、どんな事情があるにせよ、ここまで黙っているのは驚異的だと言わざるを得ない訳ですが。

ここは、それだけリングスの再始動に懸けていると勝手に・かつ前向きに受けとめたいところです。

正直、僕自身ヤケクソになってる部分はありますが…?

9af4662b.jpgとりあえず、今後のK−1側の対応は、記者会見で発表される筈なんですけど…

現時点では『ほら、だから言わんこっちゃない』としか言い様がないですよ、本当(憤慨)

もし桜庭の様態が深刻ではないのなら

『あぁ、桜庭にまでTBSの呪いが襲いかかったのか!』

と軽くギャグも書けたのかも知れませんが、それは無いっぽい…

ぶっちゃけた話、数か月前に、K−1での試合の数日前のプロレスの試合後に脳震盪を起こして病院に運ばれた飯伏幸太ですら、リングに上げようとした前科がある谷川氏の事だから、スポンサーとの兼ね合いもあって、よほどの事がない限りは、土壇場まで桜庭を休ませようとはしないとは思います。

きっと、桜庭の代打候補に挙がっていると思われる金ちゃんはたまらないでしょう。

本来ならば、そんな谷川氏の凶行に前田日明がストップをかけなきゃいけないんですけど、カネケンがあっさりHERO'Sに参戦する事を加味すれば、それはたぶん無理でしょう。

本当、最悪のパターンですよ(誤爆)

それと、ここからは邪推になりますが、もしも桜庭が総合格闘技から引退せざるを得ない(TBSの意向で半ば無理矢理引退させられるケースも含め)状態の場合には、

今年か来年の大晦日に、3分2ラウンドぐらいの引退エキシビションマッチの相手として“介錯人”田村潔司を対戦相手にブッキングしてほしいなぁ、という事で…。

このページのトップヘ