blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:皐月賞

今回は競馬・皐月賞を振り返ってみましょう。

882be141.jpg



続きを読む

昨日に続いて競馬のネタを。

今回は皐月賞の振り返りと、それ以外の事をちょっとだけ書きましょう。

f9811231.jpg

a61f919a.jpg


続きを読む

今回は、競馬・皐月賞のレース回顧を書いていきますが…

bc3227f4.jpg


a1377a1f.jpg


続きを読む

今回は、先週の競馬・皐月賞のレース回顧を…

eacdb485.jpg


db0d5666.jpg



続きを読む

今回は、競馬・桜花賞のレース回顧と皐月賞について少し…

ead36fc7.jpg


598d72e9.jpg




続きを読む

今回は、皐月賞のレース回顧+αの競馬の話を…

79827755.jpg


650bca7a.jpg


続きを読む

今回は、一週遅れで競馬・皐月賞の感想を…

f6c050c4.jpg
続きを読む

いよいよ今日は皐月賞ですね…

867c5eef.jpg

※JRAホームページ

続きを読む

ミスター雁之助さんが

『レッツ!痴デジ!』

といじっていた、赤坂檜町公園の件は今は横に置いといて。

今回は皐月賞の話を…。


5439c3b5.jpg


72a273d7.jpg

続きを読む

…という事で、一昨日の皐月賞を振り返りますかね。


00729a91.jpg
続きを読む

b607f344.jpg


今回は『競馬予想TV』の録画した奴を観ながら、

丁度一年前は“カツハル記念日”だった事を思い出す、皐月賞の展望を書きますか…


19bbc05f.jpg

続きを読む

7fc911c4.jpg

まずは、皐月賞ネタ。

manabyさん→ユーイチとコーシローからすれば、先行馬2頭のペースが暴走に見えたのは確かでしょうが、2頭とも折り合いは付いてましたから、その判断は甘かったと言わざるを得ないのでしょう。

ついでに書けば、ヴィクトリーの鞍上が岩田だったならば、ユーイチとコーシローの位置取りも確実に違っていたやろーと思うので余計に(以下略)

しかし、皐月賞の現場に居ながら、あの直線で悲鳴をあげないなんて、manabyさんって修羅場慣れしてますね(爆)

月歌さん→あらま、その妄想はバイト先の方の影響なのでしょうか(苦笑)

アドマイヤオーラはですねぇ、馬の状態がどうもピークでは無かったらしい点と、前哨戦の弥生賞で手の内を見せていたから周囲の馬からマークされていて、なかなか仕掛けられなかった点を加味したら、それなりに健闘したとも言えますが、

単勝一番人気の馬として考えたら『ありゃねーだろ!』となっちゃうんですよね。結果論ではありますが。

実際、単勝馬券を何万単位で買ってた人はもっと頭に来てた筈ですよ(爆)

篠塚さん→今年のJRAのテーマが『どっきり』だとしたら、春の間のどこかのJpn気如横山典が再び2着をゲットする筈ですよ。

皆死角になっているから、そらびっくりするでしょって(妄想)

で、気は早いですが有馬記念は、現在は骨折の治療中で年内復帰予定のドリームパスポートが、復帰戦にも関わらず2着か3着に突っ込んで、皆呆気にとられる、と。いかがでしょうか!?


8d18762b.jpg


つづきましては『東京タワー』関連を。

ジョニーAデップさん→あの役者さんの並びで、敢えて荒川さんをヒールにしますか。

目付きの演技指導をすれば『名悪役』に仕立てられない事もないから、いずれ見てみたいかも(笑)

ちなみに、僕の中では、スピンオフ作品として平栗くんが東京の“悪い人たち”に翻弄される数奇な運命、的な話をみてみたい(爆)

あと、本編で書こうとして止めたのですが…

ボクが、トルコ風呂の楽屋でヘルメットの絵を描くシーンで、おねーちゃんがゴムチューブを腕に巻いて気合いを入れてヒロポン(?)を打とうとするシーンは、サイキッカーとしては思わず胸がときめいてしまいました、はい(苦笑)


マードックさん→まだ本調子ではないのにわざわざ立ち寄っていただいて、申し訳ありませんm(__)m

僕が映画を観て感じた範囲では、リリーさんが書いた東京タワーの世界は『それぞれの母親への愛情物語』だったのですが、

マードックさんの話を聞くと、リリーさんは実は『それぞれの上京物語』みたいな側面も含ませて、書いたのかも知れませんね。

しかし、東京タワーなぁ…

僕みたいな、心が荒んだ野郎が一人で展望台に昇ったら、どんな風景が見えるのやら…

254db222.jpg

d2252430.jpg

改めて、一昨日の皐月賞について書きます。

mixiの方にはこっそり書いてきたのですが、何回レースの映像を観ても今回は、

『JRAが壮大な規模で仕掛けた、2週遅れのエイプリルフールどっきり』

に見えて仕方がない(笑)

それぐらい信じられないですよ。

もっとも“信じられない”というのは、

(競馬方面で僕が非常にお世話になっている)ジョニ白さんが言うところの『大先生と並ぶ関東のネタ騎手・ツートップ』である田中勝春が、15年ぶりにJpn気鮴覇した事はもちろんあるのですが、

3着に敗れたフサイチホウオーが、父・ジャンポケを越えるとんでもない末脚を爆発させた事。

あとは武豊が桜花賞での四位を彷彿をさせる、負けるべくして負けた感がある騎乗を見せた事も信じられなかった。

高レベルのメンバーが、馬券の売り上げに結び付かなかった事は残念ですが、歴史に残る高配当に見合う凄いレースだったと思います。

まずは勝春。

…巧く乗りましたよね。

ヴィクトリーという、気性が幼い馬への急なオファーだったから、負けてもあまり責任がないので、気楽に乗れたんですかね。

あとは、ヴィクトリーに最後差し返す根性があった事と、

逃げ宣言をしていた松岡が、サンツェッペリンを二番手で折り合いを付ける技量を持っていた事も、勝春にとってはかなりラッキーだった筈。

結局、現状の関東所属の騎手がJpn機△靴も牡馬クラシックを勝つには、これぐらいラッキー&好条件が揃わないといけないもんなんでしょうね…。

続きを読む

このページのトップヘ