6accc15d.jpg


関テレ・DREAM競馬 天皇賞(春)編を、改めて見直しました。

何回観ても直線の叩き合いは凄かったし、勝ち時計も想像以上の高速決着。

昨年みたいな、ド派手なパフォーマンスではなかったものの、メイショウサムソンは二冠馬に相応しい、素晴らしいレース内容だったと思います。

しかしまぁ、さっきの繰り返しになっちゃいますが、最後の直線の叩きあい。

ありゃ圧倒されますね。

二回目の坂の下りで積極的に仕掛けて、あとは追いっぱなし!という、いかにも修羅場慣れしていそうな大胆な騎乗を見せた石橋はともかくとして、

内から外から一旦差されたのを再度根性で差し返す!なんて『マキバオー』みたいなシーンを、

よりによってハナ差決着が少ない天皇賞(春)で見せられたら、松本オーナーも高橋師も、確実に心臓が縮み上がりますよ(爆)

サムソンの単勝を腰が抜けるぐらい買い込んで儲けた皆様共々、ご苦労さまでした、という事で。

あぁ、また久々に馬券が買いたくなったなぁ(笑)

e83da983.jpg


さて、他の馬についても書きますか。

僕が、MIKANさんのBBCに投票したデルタブルース。

岩田が事前にやろうとしていたレースはできたんでしょうけど、時計が速すぎたのか馬が衰えたのか、見事に沈んでしまった訳で(実際は落鉄もしていたらしいが)

正直引退を考える方がいいんじゃないかと…

アイポッパー。

武豊をして

『クセがなくて乗り易い。直線仕掛けてからも指示通り動いてくれる』

という馬が、今回に限ってゲートの出が悪く、位置どりが後ろになり過ぎて惜敗するなんて、皮肉としか言い様がない。

アンカツは、ダービーに向けて、いかにも『好事魔多し』という印象をもちました。

ダービーまでのGI、もしかしたらアンカツの馬は軽視してもいいのかも…?

続きを読む