blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:週刊ゴング

※カクトウログ GK金沢克彦氏が「プロレス界は安泰ではない」と投げかけ〜読者は横アリで感じた危機、ゴング魂の継続を訴える

…という訳で今回は、GK氏のブログの記事を読んで僕が思った事を書いていきましょう。

d1758f4d.jpg



続きを読む

昨夜、GK金沢氏による復活版・週刊ゴング『Gリング』の発売が、サムライのSアリーナの中で発表された訳ですが…

いやー、プロレスを扱うマスコミである週刊ゴングでさえ、GK氏派の『Gリング』とドクトルルチャ・清水氏派の『Gスピリッツ』の二つに分裂してしまったんですねぇ。

d81dfca2.jpg


ゴングの実質的な廃刊は事前にある程度予想ができましたが、

個人的には、ゴング廃刊と同時にプロレスマスコミから足を洗う人が複数居るやろーと考えていた手前、編集部のスタッフが分裂してしまうのは読めなかった…

出版社側が、どーいう客層の購入を見込んで清水氏とGK氏をそれぞれ口説いたのかは、現時点では見えてきませんが、

とりあえず『プロレス』というジャンルは、やり方次第では出版業界で商売になる、という事が確認できたのは、ファンとしてはちょっとは救われたのかなぁ、とは思いました。

買うかどうかは別にして、内容はチェックしておきたいです。

※下のURLは、GK派の詳細です↓

http://www.g-ring.jp/


…という事で、週刊ゴングに関わっていたスタッフの多くや、レジェンド級のプロレスライターの皆さんと“落武者”ターザン山本氏はGK派に参加するみたいで。

この参加者の並びを見ての率直な感想としては

『新雑誌!とうたう割りには、作り手の平均年齢は高そうやなぁ。あと、Gスピリットに対する嫌がらせで、わざわざ魂の文字をロゴの中に入れるなんて、やる事がガキ臭いよなぁ』

という感じです(爆)

GK氏も含めて、今は亡き週刊ファイトのOBが複数参加する事から

『あの○チガイ動物園状態のファイト編集部が現代に蘇る!』

的ワクワク感は少なからずありますが(オイオイ 汗)、

それが商売に結び付くか限りなく未知数なのも事実。

そう考えれば結局、プロレス業界におけるベテラン選手が必要以上に元気で、後進に現場を譲る意志が無い影響が、

プロレスマスコミ業界にもモロに来てる、という形になるんですかね。

何というか、週プロみたいに一旦週プロ編集部から離れた記者はよほどの事が無い限りプロレス業界に誰も戻ってこないのも、やるせないものがあるにはありますが、

団体側の努力の甲斐もあって、メイン級のプロレスラーやプロレスファンでさえ、ゆっくりながらも新陳代謝が行なわれているのに、プロレスマスコミの新陳代謝が無いに近い状態なのは違和感を感じてしまうというか…。

続きを読む

c3710421.jpgG+版『究極格闘技UFC』中継で、ミルコ・クロコップのオクタゴン初参戦のサンチェス戦を観ました。

僕自身が、現地で放送されたバージョンの試合の動画は以前観ていて、既に免疫ができていたから、結果的にこの試合最大のクライマックスになった

『♪ダッダッダダン!』

のイントロから始まるPRIDEのテーマ曲に乗っての入場シーンは、冷静に観る事ができました。皮肉なもんです(笑)

で、試合。

率直な感想を書くと、ミルコに対してどうこうよりも、サンチェスの咬ませ犬っぷりが一番印象に残りました(苦笑)

まだオクタゴンの闘いには慣れていなかった筈のミルコに対して、その弱点をつく攻撃を見せる素振りもなく(爆)試合開始直後に手を出して以降は、ミルコの周りをグルグル回るだけで、自然にスタミナを消耗していた感じ。

まぁ、そんなネガティヴさ全開のサンチェスへきれいにハイキックを打ち込むミルコの技術は大したもんだ、みたいな変な感心をしてしまいました。

正直、相手の選考はもうちょっと何とかしてほしかったです(呆)

来月のUFC第二戦・ゴンザガ戦ではどうなる事やら?

それ以外で印象に残ったのは、ミルコ戦の前の試合で、日テレの某アナウンサーさんが、日テレにとっては歴史に残る汚点になった『大晦日の猪木ボンバイエ』のメインで予定されていたミルコ戦について、高山に堂々と話を振っていたシーンは観ていてびびりました。あれはちょっと…ねぇ(苦笑)

3d2510fa.jpg

ところで、ここからはUFCとは関係ない事を書きますが…

僕の中の勝手なリクエストで、K−1の谷川氏は、ヌルヌル秋山の“制裁マッチ”の相手として、金の力をフル稼働してミルコをHERO'Sにブッキングしてほしいんですよねぇ。できれば大晦日に。

以前、合法的に(?)ボブサップらの天狗の鼻を折ったミルコ。

秋山を廃業させる刺客(大げさ)としては打ってつけの相手じゃないか、と。

到底無理な話だとはわかっていますが…

続きを読む

50e105e5.jpgプロレスファン的には、WJプロレスの旗揚げ記念日としてすっかり定着している3月1日(爆)

2007年は、一昨日の夜に勃発した

『週刊ゴングが来週発売号を最後に廃刊?』

のネット上の報道に振り回されて終わった人が多かったのではないでしょうか。実際、僕もそうでした(苦笑)

とりあえず、これを書いている3月2日午前5時半の段階では、全員解雇通知を受けたとされる週刊ゴング編集部からは、正式な廃刊発表どころか継続宣言も無い状態。

全ては来週の紙面で発表します、の一点張り。

思い起こせば、あの週刊ファイトだって、愛読者への“筋”を通す為に、休刊発表は紙面でおこないましたから、ひょっとしたら週刊ゴングもそうしたいからこそ、今は正式発表をしていない可能性もあるんでしょうけど、

かつて週刊ゴングに関わっていた、複数のフリーライターさんから廃刊を断言した事で『火に油』が注がれ情報が錯綜してるんだから、去就の発表のタイミングをもったいぶってる場合じゃねーだろって。

日本スポーツ出版の社内が大混乱しているのは同情しますが、読者に心配をかけてるんだし(怒)

週刊ゴングが続くにせよ、終わる(または休む)にせよ、万が一現在も現場と会社サイドとの結論が一致していないにせよ、てめえの公式ホームページなりサムライのSアリーナなりの場所を借りて、プロレスファンからすれば、どこの馬の骨かわからん新社長さんではなく(誤爆)木幡編集長自らがきちんと説明せんかい!それが読者への誠意やろが!という事で。

銀行からの融資無しで本当にやれるかどうかは不明ですが、週刊ゴングが続くのなら続くで

『廃刊報道はひと月といち日早いエイプリルフールだった』

と割り切る様にするんだから(笑)

あと、現時点ではネットでは触れられていないっぽいから書きますが、

昨夜の23時前ぐらいにアップされたTAKA…さんのライブドアブログの

『廃刊?』

という項が、日付が変わる前の段階で、コメントを含めた本文が削除されていたのは、かなり心に引っ掛かっています。

内容は

『ゴングが廃刊?という話を聞いて、

いろいろ話を聞いたら

廃刊は無いみたいだよ。

やっぱりゴングが無くなるのはプロレス界的に痛いよなぁ』

と、実に他愛の無いもの(すみません)で、書かれていたコメントもまともな物。

それが速攻で削除されて、ブログよりもぶっちゃけているmixi内の日記でも完全スルー。

これは一体何なんだ…?

95568e4d.jpg

このページのトップヘ