blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:DRAGONGATE

サムライで放送された『ドラゴンゲート無限大スペシャル』を観ました。


a249de94.jpg


596cb84b.jpg



続きを読む

ガオラ『ドラゴンゲート無限大』の先週放送分を観ました。


7a07a646.jpg


38e143c8.jpg
続きを読む

ガオラ『ドラゴンゲート無限大』で、土井が優勝した昨年末のキングオブゲートトーナメントの準決勝&決勝を観ました。


52e3c989.jpg


d0e5098e.jpg



続きを読む

今回はプロレスの話を幾つか…

今回は、やたら大層な題名ですが、後者についてははっきりいってそこまで壮大な内容ではないので、あらかじめ御了承の上お読み下さい(笑)


6723659d.jpg


02710e95.jpg
続きを読む

今回は、前回のバトンを書いてから何とか見つけてきた(笑)ネタを幾つか…


051a34b3.jpg

続きを読む

今回は、エルドラ後楽園大会以降、連鎖反応っぽくつづいた日本のプロレス界での団体離脱関連の話について、思うところを書きます…


2a2bdffd.jpg
続きを読む

昨夜は、星野監督率いるオリンピック・野球日本代表の、韓国戦での“応援する側が究極的にやるせない”負け方を観て、

『王さん!気合いで体を治して、星野さんの代わりにグラウンドで国際試合の指揮をとってきてくれ!』

と心の中で叫んだ後で、

録画していたガオラ『どらげ〜無限大』の、後楽園・リング倒壊事件の後の試合を観ました。

825395cc.jpg


3c40acbf.jpg
続きを読む

昨夜の、どらげ〜後楽園大会・タッグリーグ開幕戦において、突然リングがブッ壊れるというありえないアクシデントが発生!

止むなくその後は、アイスリボンばりにノーリングで興行を最後までやりきったそうです。

今回は、そのアクシデントについて思うところをだらだらと…

c079eea5.jpg

続きを読む

ガオラ『無限大』で、どらげ〜の大阪府立第二大会を観ました。


6aa4dc8a.jpg


続きを読む

今回は、ハッスルとどらげ〜の動きについて…

b05ab279.jpg


続きを読む

どらげ〜愛知大会の裏メイン・セカンドこと土井成樹vsKENTA戦を観ました。

b22edf80.jpg
続きを読む

仕事から帰宅して、テレビをつけたら丁度ハルクがダンス中。

という事で、どらげ〜愛知大会・メインの金網(中略)マッチだけリアルタイムで観る事ができました。

《以下ネタバレ注意》続きを読む

今回は、昨日の事と、今日・明日の事をサラサラッと書いていきますか…

b21f2fb7.jpg続きを読む

サムライで、どらげ〜&DDTの合同興行『DDGリターンズ』の中継を観ました。


c8b19abd.jpg

続きを読む

どらげ〜の、大田区大会PPV中継を観た感想の後編を。

メインのCIMAvs吉野…


244676d0.jpg



続きを読む

どらげ〜の大田区大会PPV中継を観ました。今回はその前編を。

52f06c5e.jpg


続きを読む

サムライ『VERSUS』高木三四郎vsCIMA編を観ました。

9e505560.jpg
続きを読む

ガオラで、どらげ〜の名物企画『レッスルJAM 3rdシーズン』を観ました。


87e711f4.jpg


75a5c6da.jpg


続きを読む

ガオラ『どらげ〜無限大』を観ました。

8ff88e1e.jpg

昨年末の後楽園大会の、ファン感謝デーっぽい試合がが中心になっていた訳ですが、

試合の完成度自体は、GHCジュニアタッグ戦の疾走感が際立っていた感じですね。面白かったなぁ。

本当は、ボンタン争奪戦で、もっとトザワ&カツオの意地が観れると思ってたんですけどね。

それにしてもGHC戦。

これまで、本格的に体験した事がないどらげ〜の世界に加わりながらも格下感を見せなかった、

青木の適応能力とセンスの良さはもちろんですが、

fd143be9.jpg


僕自身はかなり昔から

『上半身の筋肉のつき方が不恰好だし、

あれだけボンボン頭から落とす技を使うのにテクニシャン扱いされてるなんて絶対おかしい』

と思っていた金丸義信の力強さと存在感に対して感心させられたというか。

青木の引き立て方も、想像以上のものがあったと思いましたし。

金丸、正直スマンかった(爆)

fa933c5e.jpg


そーいう意味では、終盤にドイヨシが金丸を一瞬戦線離脱に追い込んだ、頭から落とした雪崩式バックドロップの方に雑さを感じました。

これはドイヨシの反省点になったかと。


48b7b14e.jpg


しかし…

ここだけの話、この興行の当日に僕は

『ジョー樋口さんを呼んで、本格的な選手権モードになっているこの試合が、何でサイリョウのコスプレマッチよりも試合順が前やねん!』

という不満を抱いてまして、観戦された方にもメールをしたんですけど、

いざ中継の形で観てみたら、サイバーリョウ、ネタ試合として普通に受け入れられてましたね。

どらげ〜ファンって、優しいなぁ(爆)

ae7e3a3d.jpg


トイレタイムが継続されていたのか、若干観客のテンションが低くて、小野寺の怒りが空回りしていた気はしますが、これは気のせいにしときます(誤爆)

ただですね、サイリョウが敢えてネタ試合を披露するんなら、

闘龍門時代の傑作だった、自転車兄弟の一夜復活が観たかったですよ(きっぱり)

あの時の、サイリョウの未完成の輝きを、闘龍門ジャパン→どらげ〜を観てたファンはまだ皆忘れてないと思うんですよ。

フィニッシュがメッセンジャーだったから余計にそう思ったというか…

フジイさんには無理をいってセコンドについてもらってですね、

サイバーは負けた腹いせに、サイリョウが乗ってきた自転車を盗んで帰ってもらって。

季節はずれの忘年会シーズンの隠し芸としては完璧ですよ!?

続きを読む

先日の、どらげ〜の大阪府立大会のPPVを録画したやつを観ました。

71dec15b.jpg


メインのCIMAvs鷹木について。

見終えた率直な感想を書きますと、何というか、

物凄い試合だ!とか、

感動した試合だ!とか、

凄く面白い試合だ!とか、

ムチャクチャな試合だ!とか

の言い方で表現するよりも、

どらげ〜そのものと、闘った二人に感心させられた試合、でしたねぇ。

1c2b2e0b.jpg

CIMAによるラフファイトから始まり、試合展開が何度も変わっていたから、

終わってみれば、またしても長期戦になっていたのは驚きました。

前回のセカンドとの防衛戦で、首に大きなダメージを負ったCIMA。

トップとしての責任感からか、結局地方興行を欠場しなかった事は、正直ど〜なんやろ?という気はしますが、

セカンド戦以降は、長期間にわたってスト市相手のリハビリ路線に専念していた甲斐があって、

ビッグマッチのメインを張るに相応しい…

とまでは言いにくいけど(クロスファイアー等では投げきれなかったみたいだし)、

鷹木の力技を受けまくる耐久力を回復する形で、ビッグマッチのメインを張れるコンディションまで回復していたのは、単純に評価しなきゃいけないんでしょうね。

それと同時に、CIMAが団体のメインストーリーに絡まなくてもいい様に、マッスル軍の爆弾ネタで話題を引っ張ったどらげ〜のストーリーの作り方も大したもんやなぁ、と改めて思いました。

それで、フィニッシュになった七色のスープレックスならぬ七色の丸め込み(笑)についても、

CIMAが言う通り、苦し紛れっちゃあ苦し紛れな訳ですが、30分間フルに動き回っていながらも、細かい動きにけキレがあったら、認めざるを得ないでしょ。

あれはあれで説得力があったと言い切っておきますか。

次の防衛戦では、これまでとはまた一味違う引き出しを見せてほしいものです。

0869651e.jpg


かたや鷹木。

前回CIMAに挑戦した、セカンドの暴走っぷりという名のテンパり方と比べたら、

(セカンドには悪いが)鷹木は、なんて堂々とした試合っぷりだった事か(シミジミ)

府立の前の時点で、週プロモバイルのコラムで鈴木健ちゃんが

『有望新人が多い2004年デビュー組の中で、最も新人離れの風格をもっていた鷹木が、

中嶋勝彦よりも先に大阪府立規模のビッグマッチのメインをシングルで張り、確実にCIMAとのキャリア差を感じさせない試合をするであろう』

現実に対する重要性を力説していましたが、

いざ試合をみたら、その意見に賛同せざるを得ないというか。

何年後になるかはさっぱりわかりませんが、鷹木がCIMA(?)からどらげ〜のトップを譲られる日を見届けよう、とは真面目に思いましたね。


cf55f607.jpg


さて、ここからはこの試合で不満が残った事を書きますと…続きを読む

このページのトップヘ