blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:GPWA

先日、何の前触れもなく、来月のノア武道館大会での丸藤・マルビン・青木vsCIMA・ヨコスス・アンソニーの6人タッグが発表された訳ですが…頭に来ましたねぇ。

7af03359.jpg


まずはノアに対して。

単純に“化けた”森嶋がROH参戦を優先して武道館を欠場する場合の、森嶋に替わる興行の目玉を、あっさりと他団体の選手に求めた点。

仮に、丸藤が

『どうしてもCIMAと闘いたい!もう待てない!』

と仲田ドラゴン氏に直談判していたならば百歩譲って、とも思いますが、高山とあれだけの攻防を見せた直後だからそれはないでしょう。たぶん。

ならば、あれだけいろんな選手が沢山いるんだから、マッチメーカーはもっと何とかできんかったんかい、と凄く思います。

まぁ、丸藤vs高山のシングルに関しては高山の都合があるから難しいとしても、

武道館の5大シングルでさえ出し惜しみ気味のカード編成だった(様に見えた)んだから、森嶋が居ないからこそ、ここは出し惜しみをせず若い選手達にチャンスを与えて行きましょうよ、と。

森嶋のブレイクを観ていた若い選手、特に一番弾けたヨネちゃんなんか、よほどいいカードを組まないと、やる気を無くして秋山戦で放った光が霞むんじゃないすかね?心配ですよ。

6c4263d9.jpg


かたや、どらげ〜。

相変わらず各団体と交流を続けていて、CIMA自身も邪&外と闘う事が決まった訳ですが、

そもそもCIMAにとって丸藤は“特別な存在”だった筈なのに、

おしゃべりなCIMAから、丸藤との対戦が決まった事を匂わす発言すら無かった点を考えると、本来ならばこの夢の対決で肝になるべきな点かも知れない

『何故、いまCIMAと丸藤が闘うのか?』

を、選手達がファンに提示できないまま当日を迎えそうで…。

あと、CIMAと丸藤の初対決自体は三百歩譲るとしても、今のどらげ〜の状況からして、この二人の絡みにNEXTがあるかどうか正直わからないですよね。

何となく初対決が組まれて、肝心のクライマックスが見えてこない“夢の対決”なんて、そんなん“夢”の無駄遣いでしかない。

そんな無駄遣いを繰り返していたらロクな事がない、と言い切っておきますか(爆)

そりゃ、武道館の前にCIMAと丸藤がお互いの団体に来場して、後付けに近いながらも武道館での対戦ムードを煽っていくとは思いますが、もしそれすら無いまま当日を迎えるならば…(以下略)

続きを読む

0960ee2d.jpgさて、各団体の提供試合ですが、

エルドラド・K−DOJO・DDT、それぞれが頑張って自らの団体の色をアピールできて良かったんじゃないですかね。

K−DOJOのファンの方には悲願になりつつある(?)満員の後楽園でのMr.Xによる『ハンサムゥ〜!』の掛け合いマイクが実現したのは素直にうれしかったし、

ディザスターBOXの一員ではないモードのディーノは、何故か新鮮に観れた。

まぁ、テンザンモードではないKUDOのいたぶられ方も新鮮に見えましたけど(爆)

バラケー&バラシューの“普段通り”のイカれ気味の自己主張は良かったし、ブレイザーもカッコ良かった。

澤なんかは、是非セムに出てみてほしい。

ついでに書けば、あのIジャおばさんが各試合で無駄に活躍するというサプライズも素晴らしかった(笑)

直接関係はありませんが、大晦日のインディーサミットのラインナップが、いかにも『あれあれっ?』という感じになりそうなので、

何なら、次回のGPWA興行は『夢の懸け橋』形式で各団体の提供試合オンリーのラインナップにする手も有りな気がしてきました。はい(笑)

1c5ee230.jpg

da567bf9.jpg昨夜の、第1回GPWA主催興行の生中継をビデオでみました。

お祭り色を前面に出す訳ではなく、若い選手達が活躍する・脚光を浴びる舞台を提供するというのが主催興行のコンセプトだった訳ですが…

率直な感想を書けば、若い選手が沢山出ていて、目新しい組み合わせはいろいろ観れたけど、

『この日大ブレイクした選手』&『この日の提供試合で初めて観て会場に行ってみたくなった団体』を聞かれても、特に思い浮かばないファンは多いんじゃないか、と(誤爆)

つまんない興行だったとまでは言いませんが、個人的にはその辺りに期待していた部分が非常に大きかったので、どーしても…。

変な話、GPWAの当面の運営資金を調達した以上の大きな収穫はなかったか、と。

今後、GPWA興行をどれぐらいのペースで開催していくのかはよくわかりませんが、

もし季節毎ぐらいに開催していくならば、それぞれの試合を点ではなく線につなげる工夫(例えばワンナイトトーナメントを開催する等)がなければ、

今回の成功を継続させていくのは相当難しい気がします。

ところでメインについてですが、

対抗戦特有のギクシャク感が、今回は悪い方に出てしまったというか。

やりとりが噛み合わないなら噛み合わないで、選手がそのジレンマを表に出してくれたら緊張感がリングを支配するとかの形で、

観客は普段と違った盛り上がり方ができたのかも知れませんが、

皆、そこそこまともな試合に組み立てれる技量があった事が、この日に関しては裏目に出たというか…

特に、K−DOJOのカズマなんかは、潮崎を終始意識していたので期待をしていた訳ですが、

対する潮崎は、この試合をどれぐらいのモチベーションの高さで臨んだかったのか全く伝わってこなかった。

あれじゃカズマが気の毒ですよ。

大体、前半崔に蹴飛ばされて意識が飛んで大恥をかかされたんだから、

試合の流れを壊すぐらいに崔にやり返しに行ってくれよ!って思いましたもん。歯痒かった。

小橋建太が、この日の潮崎をみたならばどう思うか…

あと、ガッちゃんはヒザの調子が悪かったのがモロに出てしまったし、

HARASHIMAももっと露骨に中嶋をマークしにいくもんだと思っていたらそーでもない。

結局、このメンバーでの6人タッグで名勝負を作り上げるのは、無理があったという事なんかなぁ。残念です。

d6d2820b.jpg

GPWA主催興行・後楽園大会のメインが、潮崎&中嶋&川畑代表推薦選手vs崔&カズマ&HARASHIMAとなる事が、先日発表された訳ですが…

各団体のセム世代が中心になるマッチメークは予想できたし、

メインのメンバーも

『加盟6各団体の代表が、自分の団体の所属選手の中で今回一番ブレイクさせたいと指名した』

6人が集まった様なので、中嶋が徹底マークされる形で熱い攻防が繰り広げられる筈なんですけど…

やっぱり、丸藤と近藤の初遭遇が観たかったなぁ(悲)

さて、今回のメンバーの中で、K−DOJOのカズマは、インディーの若い衆の中では体格がしっかりしていて、今は長期欠場から復帰→復調の途中で、もう一つ何かキッカケがあればなぁ、という状態だったし、

カズマ本人も今回の出撃を自ら志願したぐらいだから、活躍には期待をしてもいいでしょう。

かたやDDTのHARASHIMAの出撃は…アレッ?と思いました。

というのも、DDTの中でのHARASHIMAは、現在進行中のストーリーでは一匹狼的ヒールとしてのポジションは確立しているものの、一匹狼が故に団体外に目を向けていなかったし、本人もブログでそんな感じの事を書いていた。

DDTのファンの中でも、既に次世代のエース的存在として定着しているテンザンKUDO・飯伏・柿本を差し置いてまで、HARASHIMAをプッシュするべき価値があるのかどうか。

人によって、判断は様々だとは思うが、高木三四郎なりの“謎かけ”の結果がどうなるのかは注目したい。

そして、川畑代表推薦選手…エルドラド勢でも闘龍門メキシコからの抜擢でもいいから、早く発表してくれ(怒)

こーいうシチュエーションで後出しジャンケンをやっても、ロクな事がないぞ!という事で(爆)

あと、メインの終了後は菊ちゃんの音頭による

『じー!ぴー!だぶりゅー、えー!!』

の合唱で、気持ち良く締めていただきますか(笑)
d9ba3703.jpg
1188ad8d.jpg

このページのトップヘ