blog‐k…

劇場版『セカチュウ』のロケ地 香川県庵治町から、kajioがいろいろ観て感じた事を、携帯で書き殴っております。 皆さま、よろしくお願いします…。

タグ:TAKAみちのく

32fb0371.jpg

【大会名】SUPER BIG SHOW 千葉発見伝!温故千新 〜ファイト!ファイト!千葉!〜 '09

【日程】8月9日(日)

【開場】12:00【試合開始】13:00

【場所】千葉ポートアリーナ・サブアリーナ(〒260-0025 千葉市中央区問屋町1-20)

続きを読む

ガオラ『プロレスKING』KーDOJO編で、先月の後楽園大会の中継を観ました。

608620e4.jpg


666289f9.jpg


※日刊KAIENTAIーDOJOより

※テッド・タナベさんのブログ


続きを読む

【大会名】CLUB-K SUPER“take”

【日程】2009年6月9日(火)

【開場】17:30【試合開始】18:30

【場所】東京・後楽園ホール

2576229c.jpg

続きを読む

『竹内義和!何を言うたんや?竹内義和、頑張れよ!バーニング!』

はい、皆さんこんにちは。kajioでございます。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか?

今回はですね、昨日ネカフェに行った時に拾ったプロレスのネタを二つお送りします…

72847276.jpg


続きを読む

自然消滅したもんだと思われながらも、ドッコイ生きてたガオラ『プロレスKING』KーDOJO編を観ました。

db4d0fd8.jpg


50dd3039.jpg


※A.A.NULLさんによる各試合のリポートはこちら

続きを読む

今は天皇賞(春)は振り返りたくないので、日を改めて書きます(苦笑)

代わりに、プロレスの話を幾つか…

fc6eae95.jpg


続きを読む

今日はいろいろと…

12fe9517.jpg


3eae6434.jpg


続きを読む

今回は、ちょっとした小ネタを幾つか…

ebedc1b7.jpg


f0a0ae8b.jpg


続きを読む

以前に放送された時に録画していた、サムライ初登場のK‐DOJO、その札幌大会の中継を観ました。

今回はその感想を…


f9f77700.jpg


bd6b8c25.jpg


※K‐DOJO PC版公式ホームページ続きを読む

今回は、所属団体を出ていくプロレスラーと、戻ってきたプロレスラーの話を…

c78ef6ed.jpg
続きを読む

ガオラ『プロレスKING』K−DOJO 8月スーパービッグショー編を観ました。


a378311d.jpg


4a5c05d9.jpg
続きを読む

今回は、この方が主役の、ちょっと昔のプロレスの話を…

51d1366a.jpg

続きを読む

◆注意 指定者以外はやらないでください。 いつ回ってくるかの指定バトンなので。

◆ルールはこちら↓

廻してくれた人から貰ったテーマを【 】の中に入れて 答える事。

=======================================================

今回僕がトラストさんから指定されたのは【KAIENTAI−DOJO】です。それでは行ってみましょう。

1999a572.jpg

続きを読む

b048aebe.jpg


☆有馬記念については、25日の朝に書きます。

ただただ今は、メイショウサムソンの1頭軸マルチ・三連単ではなく、

メイショウサムソンかポップロックを切り捨てた上での5頭ボックスの三連単にしとけば良かった、と激しく後悔しています…

901327ea.jpg


☆今日、唐突にTAKA…さんが自らの結婚を発表しました(汗)

http://blog.livedoor.jp/takam69/archives/50831319.html

本人の意向か奥さんの意向かはわかりませんが、年の瀬に実家からご両親を呼んで挨拶をした上で(?)、

クリスマスイブになった瞬間、マスコミリリースよりも先にブログで結婚を発表するなんて、

どんだけ一昔前の月9ドラマに影響を受けたロマンチストやねんって(苦笑)

でもまぁ、真面目な話、おめでたいのは間違いない訳で。

でも、結婚をして、TAKA…さんの魅力の一つである、ハチャメチャな生き方が落ち着くのはご勘弁を(爆)


6981db1f.jpg


とりあえず大晦日は、結婚の御祝儀の意味合いで、プロレスサミット・ガオラ生中継を録画する事にしましょうか。

先日、散々いちゃもんを付けていた様に迷ってはいたんですよね。

たぶん、メインが終了してカウントダウンセレモニー&挨拶が終わったら、

恒例になっている、選手が半ば無理矢理、お客さんに合唱を呼び掛ける歌のコーナーがあると思うんですけど(一昨年はサライ 昨年は一月一日)、

今回は是非TAKA…さんへのどっきりで、結婚のお祝いをやってほしいなぁ。

ベタに、テントウ虫のサンバを歌うだけでも爆笑もんなんですけどね(笑)


0e1e3304.jpg


☆今日はいつもの様にいつもの如く仕事なんですけど、

ゲームセンターCXの生放送スペシャル

明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼント

酔いどれない競馬 07年秋のJpn義蹐泙りスペシャル

の三つの特番を録画して、帰宅してから一つづつゆっくりチェックしていく予定です。

e5714441.jpg


中でもゲームセンターCX。

現状の有野では、助っ人を総動員しなければ全面クリアが困難と思われる『カイの冒険』を相手にして、

どこまでまったりとした、緩い番組になるのか興味深いです。

しかも、この生放送が延長になった時に休止になるのは、よゐことは因縁浅からぬ(大げさ)ジ・アルフィーのライヴと来たもんだ。こりゃ絶対確信犯の編成やな、これは。

今日はこんな感じです。

ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。

『インディーのお仕事』で、先日のアパッチ軍・特別支援興行『Hi69 AID』のダイジェストを観ました。

8de87509.jpg

先日書いた映画『恋歌』よりも、プロレスファンの心に染みる興行だったみたいですね。

須山さんをはじめとして、他の皆さんも言われてますが、

K−DOJO勢やアパッチ勢はもちろんの事、Hi69と直接接点が無い選手や関係者達があれだけ沢山、ノーギャラでも『いざ鎌倉!』の勢いで集まるなんて、素直に感動しました。

しかし、逆に考えれば幾らフットワークが軽い(もしくは各方面の拘束が緩い)インディーの選手達であっても、たとえば

徳田光輝の遺影が展示された『W★ing同窓会inディファ』であるとか、

究極に近いぐらいわかりやすい興行コンセプトだった『インディー東西対抗』であるとか、

昨年大晦日の『インディーサミット』であるとか、

はたまた今回のHi69エイドの様な“正真正銘の大義名分”がなければ、

ここまで鮮やかにスケジュールなどの足並みを揃えて集結する事は、きわめて難しいんやろーなぁ、と思わされました。

7f3b2ed8.jpg


特に、毎回難航しまくる『プロレスサミット』の雇われマッチメーカーを務めるTAKA…さんなんかは『やっぱり現実は厳しい』なんてぼやいてそう(妄想)

続きを読む

ガオラのプロレスKINGで『K−DOJO 後楽園大会』を観ました。


c84829d1.jpg


一応、この日はダイジェスト込みで全試合が放送されたんですけど、振り替えってみるに、メインの真霜vsTAKA…さんの“壮絶さ”が思い切り突出してましたね。

いわゆる四天王スタイル的な、頭から落とす技が乱発された訳ではないし、

田中将斗vs関本の様に終始肉体のハードなぶつかり合いがあった訳でもなく、

試合時間の半分以上は、K−DOJOならではの一点集中攻撃とお互いのフィニッシュムーブの切り返し合戦に費やされたのに、

『物凄かった!』

と思える試合でした。

お客さんの盛り上がり方も、この日は客席がガラガラだったとは思えないぐらい…

そう、どらげ〜の後楽園大会級に熱かったし。

26d52d1d.jpg


ただ、この興行の開催された週末のハウスショーを、二人とも試合中のアクシデントによる負傷で欠場してしまったので、

結果的には“やり過ぎ”だったのかも知れませんが、そこまでやりあうのも仕方ないと思えるぐらいに、

一応の師弟関係である(爆)両者の意地の張り合いは凄かった。

特に、真霜にとっては自らの師匠の記念試合で、よりによって師匠の挑戦を受けて、しかも介錯人を担当するという難しいシチュエーションながらも、よくぞここまで遠慮なくガンガンやり合えたもんや、と感心しました。

553ad9fa.jpg


最近では、火祭りのリーグ戦で大谷に快勝した崔が、優勝戦で田中将斗に返り撃ちにされてしまったり、

先日の三沢vs丸藤のGHC戦が、大方の予想通り三沢のスタミナが先に切れて微妙な試合内容になってしまった(らしい)事を考慮したら、

この一戦は、今の日本のプロレス団体の中では、健介vs中嶋に匹敵する、屈指の師弟対決での名勝負だったのかも知れない。

またしても、今年のベストバウト候補が生まれてしまいましたね…。
続きを読む

31a5a083.jpg


ガオラ・プロレスKING『K−DOJO 8月編』を観ました。

やってる側も観てる側もハッピーになっていた“一夜復活”ゲンヨシタッグや、オメガと妙にウマが合っていた谷やんも良かったけど、

この日はメインのスト−Kトーナメント優勝戦に尽きる!という感じですね…面白かった。


96a3e47b.jpg


ただでさえ豪快さが売りなのに、ヒールターンをする事で、感情の表し方が巧くなった火野には感心。

こいつ、こんなに口が悪かったんですね(苦笑)

(ヨシヤがいなくなるとはいえ)パワーボムを安易にフィニッシュにするあたりは、いわゆるK−DOJOの理想のスタイルとは逆行する気もしますが、

TAKA…さんとの試合でもそれなりに声援を集めていたのだから、こーなったらとことんまで行ってほしいものです。

オメガについては、バンビちゃんにヨシヤまでがフェードアウトしながらも、されどミヤワキの存在感には変化がなさそうなまま(誤爆)勢いを持続しそうなところは大したもんなんですかね。

まぁ、大石に関しては賛否はあるのでしょうが…

しかし、この日の火野の弾けっぷりを観てふと思ったのは、

ブーブーモーモーズ入りしたのはいいけど、ヒールになったら凶器を使わなければいけない・反則をしなければいけない、というイメージを意識し過ぎている様に見えるコジ魔にとっても、現状打破のヒントになるのではないか、と。

ブーブーモーモーズ以外の現在進行形のヒール選手のビデオをもっと沢山観たら、何か閃くかも…一体、両国でのコジ魔はどうだったんですかね?

続きを読む

67d98336.jpg


無我ワールド・6月後楽園大会の、メインを観ました。

高木功については、よーてぃーさんの掲示板や、mixiの某プロレス関係者さんのコメント欄でいろいろ書いてきたので、スルーしときます。

ただ、高木本人はもちろんですが、谷津とヤスカク氏に対しては『ふざけんな』という事で。

ここからは本題。

昨日、論外興行について嬉々として書いた後に書いてもあまり説得力は無いでしょうが(苦笑)、

藤波さんvsTAKA…さんの試合も、固唾を飲んでじっくりと二人の動き見守るという意味で、素晴らしい試合だったと思います。

dc03d7b1.jpg


TAKA…さんってほら、WJの一周年興行で長州とタッグで対戦した時に、長州から絡みをスカされまくって凹んでいた事があったから、それ以降はリビングレジェンドの選手とはやっていないイメージがあったので、

この一戦を前に『ヘッドロックで勝つ!』と自らブログで煽った上で、その通りの試合を組み立て、

試合後には藤波さんから手をあげられたのだから、控室でのあの充実した表情をみたら、こちらも嬉しくなったというか…良かったです。

しかし、当たり前っちゃあ当たり前の話やけど、TAKA…さんが終始真っ向勝負に行ったが故に、公式発表の数字以上に、二人の体格差が大きく見えたのはちょっと淋しかった。

TAKA…さんが仕掛けたグラウンドの攻防でも、藤波さんの腕力に振り回されてる感じだったし。

今回は『しゃーない』と割り切るとして、この無念は、いつの日か弟子であるハンサムJOEに晴らしてもらって…まだ言うか(爆)

bb941bcc.jpg


続きを読む

★ノア札幌きたえ〜る大会のニアライヴを観ました。

試合中、場内に絶望感が漂っていた様に見えた、メインとセミ前は悪い意味でインパクト抜群でしたが、そんなに毎日文句ばっかり言うても仕方ないので、ここでは割愛します(謝)

それで、ネタにするのはセミのGHCジュニアタッグ戦。

年明けからの主要試合でハズレ試合が極めて少ない鼓太郎&マルビンが、今回はあらけん&岩佐を迎え撃った訳ですが、

事前には前哨戦が無い正真正銘の初対決が故に、内容面には期待していなかったんですけど、思ったよりも噛み合っていて、良い試合になってましたねぇ。

3fc99707.jpg


ただ、悲しいかな今回は会場が広すぎた(悲)

ガオラのどらげ〜中継枠でも、あらけん&岩佐の試合は間違いなくダイジェスト扱いされるので、二人の潜在能力をよく知っているお客さんは皆無だったみたいで…

この日に限っては、常に『こいつらは何者なの?』という目で観られてたんじゃないか、と。

例えば、この試合が後楽園ホールで行われていたならば、お客さんが唸る様なムーブが多々観られたので、もったいない気がしました…

というか、ここからは文句なんですけど、もしノアのマッチメーカーさんなり仲田ドラゴン氏なりが、このタイトル戦の前哨戦をテレビ収録がある会場で組んでいて、

札幌のファンやテレビ視聴者が、あらけんの直球勝負と岩佐の変則スタイルの両方の免疫ができていれば、それこそ一月のvsブリスコ兄弟戦の時ぐらいの名勝負になっていた可能性が十分あった気がするんですよね。

とにかくどらげ〜側からすれば、

つい先日どらげ〜の興行とバッティングしていながらも、あらけんを666に貸し出した前歴がある(ラム会長から、お前等はいなくてもいい存在なんだよ!とツッコまれたらしいが 笑)んだから、ノア側からオファーすればあらけん&岩佐を確実に貸し出していた筈。

6360811f.jpg


そーいう意味では、鼓太郎&マルビンがあれだけ頑張っていても、ノア側が“丸藤とKENTAが絡まない”ジュニアタッグ路線をいかに大事に扱っていないか、という点が露呈された感じで、かなり悲しかったです。

ただ、これまでやっていないタイプのどらげ〜勢を受けとめ続けている王者組は、高く評価したい。

まず実現はしないでしょうが、今ならば、前哨戦を設定してあげれたら、日高&ミノルとタイトル戦をやっても年間ベストバウトの候補級の名勝負を見せてくれるかも。

今後の流れに注目…いや、今は期待しない方がいいのかなぁ(誤爆)続きを読む

『突然すいません kajioさんのマイミクのたかみちのくと申します。

千葉でKAIENTAI−DOJOというプロレス団体をやっております!

プロレスに興味がないそこのあなたっ!

興味ないわけではないけど見るきっかけがないあなたっ!

一度だまされたと思って生でKAIENTAIDOJOのプロレス見てみてください!

あなたのプロレスに対するイメージをかえてみせます!損はさせません!

 このメッセージを見て少しでも興味を持ってくれたらkajioさんのマイミクの中から「たかみちのく」を探して直接メッセージをください

ホームページは PC版 http://www.k-dojo.co.jp/  iモード版 http://www.k-dojo.co.jp/i/

 

千葉ブルーフィールドで、ほぼ毎週日曜に試合をやってます!

都内では4月8日(日)昼12時より5周年記念大会 CLUB−K SUPER ev.6 が後楽園ホールであります!』

※上の写真はTAKAみちのく選手・下の写真は、記念大会で防衛戦をおこなうストロンゲストK王者 真霜選手。

 

という訳で皆様、よろしくお願いします。

でも、僕のブログを観に来る方でK−DOJOを知らない人はあまり多くない気はしますが…。


このページのトップヘ